• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

新入社員へのアンケートで浮き彫りになったこと

「ギャップ」を放置すると、社員はすぐに辞めてしまう

2017年9月27日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

どの会社でも新入社員に辞めてほしくないと思っている。にもかかわらず、辞められてしまう要因とは…。(写真:ミラタス/アフロ)

現在まで内定者25名、内定辞退ゼロ

 数カ月前、ある地銀の頭取がわが社を訪れました。なごやかに雑談をしていたところ、話題がふと新卒採用のことに及びました。私はなにげなくいいました。「現時点で25名に内定を出しましたが、いまのところ内定辞退はゼロです」「去年は20名の新卒社員を採用しましたが、今日まで退職した人は一人もいません」。頭取は驚いた顔で私を見ました。そして「そんな会社なんてあり得ない」と。

 頭取いわく、どれほどの知名度があり、またどれほどの厚遇を用意している会社であっても内定辞退は必ずある。そして現在、当行では2名の内定辞退が出ており、入社一年で辞める人が出てくるのも普通にあることだ、と。

 かねてより、わが社の内定者の辞退数が減っていること・新卒社員の定着率が高くなっていることは実感としてはありましたが、頭取からそう指摘されて、改めてわが社は特別な事例ということがわかりました。

 なぜわが社は、内定辞退が少ないのか。あるいは新卒定着率がいいのか。理由は単純で、定期的に内定者に、または新卒社員にアンケートやヒアリングを実施し、彼らがなにを感じなにを考えているのか、どういうことを求めているのかを詳細に把握して、常に(そして細かく)組織や方針を改善しているからです。どの会社も「内定辞退を少なくしよう」「新卒社員の定着率を高めよう」とは考えています。考えているのにそれが実現できないのは、「当事者」(すなわち、内定者・新卒社員)からヒアリングしないからです。

 普通の管理職は、こうすれば新卒社員は居心地がいいんじゃないか、モチベーションが維持できるのではないかと、「頭で」考え、手を打つ。しかし、あなたと当の新卒社員とではもう世代が3つ4つ違うでしょう。ということは仕事に対する価値観、人生観も大きく違っているのです。当然、あなたが善かれと思ってする施策が受け入れられないなんてことは普通にあります。であれば「当事者」である本人たちに直接訊くのが一番いい。なまじ優秀な管理職は、すなわちあなたのような管理職は、こういうことが意外にできません。あなたは是非とも気をつけてください。

コメント5件コメント/レビュー

「本人の資質・能力にふさわしい待遇」 は、昔も今も 仕事をする場として、働く側から
期待されてきたものではないでしょうか? 
昔のような一方的な私滅奉公を押し付けることはもうできない、というところは、電通事件で、すでに、周知のことでしょう。
例えば、男性も家族のこと(家事や教育)に積極的に参加することが家庭の外である職場でも認知・受容されることが普通になれば、 会社だけでなく 日本全体にとって良いことであり、新入社員の定着度(忠誠度)も上がるように思います。(2017/09/30 12:22)

オススメ情報

「小山昇の「こころ豊かで安全な経営とは何か」」のバックナンバー

一覧

「新入社員へのアンケートで浮き彫りになったこと」の著者

小山 昇

小山 昇(こやま・のぼる)

株式会社武蔵野 社長

1948年山梨県生まれ。76年に武蔵野に入社し、89年から現職。赤字続きの同社で経営改革を断行。2000年、2010年に日本経営品質賞を受賞。ダスキンの加盟店業務の傍ら、550社以上に経営を指導。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「本人の資質・能力にふさわしい待遇」 は、昔も今も 仕事をする場として、働く側から
期待されてきたものではないでしょうか? 
昔のような一方的な私滅奉公を押し付けることはもうできない、というところは、電通事件で、すでに、周知のことでしょう。
例えば、男性も家族のこと(家事や教育)に積極的に参加することが家庭の外である職場でも認知・受容されることが普通になれば、 会社だけでなく 日本全体にとって良いことであり、新入社員の定着度(忠誠度)も上がるように思います。(2017/09/30 12:22)

武蔵野でダスキンのモップと契約してる人が言ってたけど、担当者がコロコロ変わるから定着率の低い会社なんだろうな、と思ってたそうよ。
実際には、新人は1年で異動してるから担当が変わるんだろうけど、顧客からしたら印象悪いってさ。
従業員のアンケートも良いけど、顧客の真の声はなかなか分からないんだろうね。

小山昇が自慢してる、ダスキンの一般家庭向けの担当者手書きチラシも、その人は書かされてる感じが強くて痛々しいって言ってた(笑(2017/09/29 06:17)

>>本人の資質・能力にふさわしい待遇を用意しておけば問題はなかった
この時点で他社とはすでに違うんですよね。
入社試験はふるいにかける為であって、入社後も基本は同じ
(羨ましい)(2017/09/27 09:45)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

自分と同じ物の見方をする “ミニ手代木”を育てるつもりはありません。

手代木 功 塩野義製薬社長