• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

サバで地方救え。1億円クラウドファンド始動!

第4回:オバマとサバ―が鯖街道復活のために手を組んだ

2017年3月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

とろさば料理専門店「SABAR(サバ―)」を運営する鯖や(大阪府豊中市)は、これまでクラウドファンディングを巧みに利用して店舗を展開してきた。そして、ついに3月8日(サバの日)に、自身過去最高の1億1380(いいさば)万円の募集を始めた。鯖街道の復活を狙い、起点である福井県小浜市と手を組んだ(前回の記事はこちらをご覧ください)。

 2017年の3月8日のサバの日に、クラウド漁業のためのクラウドファンディングをスタートさせました。ファンド名は「SABAR鯖街道よっぱらいサバプロジェクト」。目標額は、なんと1億1380 万円。イイサバ×10万円です。私たち「鯖や」はこれまでも新店の開店資金などをクラウドファンディングで調達してきましたが、1億円を超える額を目標にするのも、クラウド漁業に踏み出すのも、今回が初めてです(注:実際には2本のファンドに分けて同時募集する形になります。2本目のファンドについてはこちらをご覧ください)。

みぎた・たかのぶ
1974年大阪府生まれ、大阪市立淀商業高等学校卒業後、鮮魚店に勤める。97年、オーストラリアに渡り、回転すし店に就職し、事業拡大に貢献した。2000年に異国し、04年に大阪府内に居酒屋をオープン。そこでの人気メニュー、サバ寿司の拡販し、07年に「鯖や」を設立して、社長に。とろサバ料理専門店「SABAR」を展開するほか、サバの普及や食育にも取り組む(写真:陶山勉)

 クラウド漁業とは、という話をする前に、現在、福井県小浜市が置かれている状況について説明をします。

 アメリカに同じ名前の大統領が誕生したときに大いに盛り上がった小浜市は、実はサバと縁が深い街です。「鯖街道」の起点なのです。鯖街道とは、小浜で上がったサバを、京都まで運ぶのに使われていた街道(一節には、3つの道があったそうです)で、その起源は1300年前とも言われています。

水揚げはわずか1箱だけ

 実際に小浜の港では、かつて、多くのサバが水揚げされており、ピークの1974年には年間3580トン(市内の一部地域のみのデータ)にも達しました。ところが2014年は、年間700キロ。700トンではなく、700キロです。小浜の市場を訪れてみると、サバの入ったトロ箱(発泡スチロールの箱)はわずか1箱だけでした。時には、数尾しか上がらないという日もあるのです。鯖街道の起点でありながらいつの間にか漁獲量が減り、小浜で流通するサバの9割以上がノルウェー産に置き換わっていたのです。

コメント2件コメント/レビュー

鯖街道といえば、坂口良子さんが演じた京都女性記者シリーズ思い出しますねぇ。
この鯖街道と呼ばれていた地域では、お盆の時期に松上げ(花脊、広河原、雲ケ畑とか)が行われていることでも知られていますが一度見に行きたくても足がない・夜間の運転が怖くて断念する高齢者の方も少なくないでしょうし、(サバ―と提携する民宿から送迎バスを出して貰うなど)タイアップすることで地域にもお金が落ちる、サバ―の知名度も上がる相乗効果が期待できるのではないでしょうか。
お金をかける差別化も悪くありませんが、目の前の古くからある貴重な観光資源を活用しない手はないと思いますよ。(2017/03/08 13:12)

オススメ情報

「愛するサバのため、1億円、ファンディングします!」のバックナンバー

一覧

「サバで地方救え。1億円クラウドファンド始動!」の著者

右田 孝宣

右田 孝宣(みぎた・たかのぶ)

とろさば料理専門店「SABAR」経営者

クラウドファンディングで資金を調達し、とろさば料理専門店「SABAR」を開業。新たに、1億1380万円をクラウドファンディングで調達し、サバの蓄養事業を始めることを目指す

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

鯖街道といえば、坂口良子さんが演じた京都女性記者シリーズ思い出しますねぇ。
この鯖街道と呼ばれていた地域では、お盆の時期に松上げ(花脊、広河原、雲ケ畑とか)が行われていることでも知られていますが一度見に行きたくても足がない・夜間の運転が怖くて断念する高齢者の方も少なくないでしょうし、(サバ―と提携する民宿から送迎バスを出して貰うなど)タイアップすることで地域にもお金が落ちる、サバ―の知名度も上がる相乗効果が期待できるのではないでしょうか。
お金をかける差別化も悪くありませんが、目の前の古くからある貴重な観光資源を活用しない手はないと思いますよ。(2017/03/08 13:12)

クラウドファンド自体には興味があるが、夕食時に数回神戸店の前を通っただけの身としては、あの客入りチェーン店への投資価値が見えないので私は出資しない。●
鯖屋さんが鯖にかこつけて色々売り込みたいのは分かる。ただ、そもそもの鯖街道が、鯖を欲しくて(食べたくて)流通経路となったのではないことを知らずに言ってるのなら恥ずかしいし、知ってて避けているのなら、もうどうしようもない。●
冷蔵庫が存在しない時代、生の鯖が運ばれたはずはなく「塩鯖」が運ばれた。そして当時の都、京都市内は海の無い地域であり、塩が不足していた。タンパク質が要らない訳ではないが、魚不足より塩不足の方が生命に関わる。厳密には塩街道だったのだ。だからこそ、同じく海の無い滋賀県の---3つあるルートの一つ---琵琶湖北端付近に塩津なる地名が今も残っている。ちなみに、京都料理のハモが有名な理由も、他の川魚がアテにできない季節に当時の技術でも---冷蔵庫が無い時代に、大阪湾から早くても丸1日かかる京都まで---ハモは生きたまま運べる魚だったからだ。(2017/03/08 09:32)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

影響力がある方々の発信力や突破力につないで実現にこぎ着けるほうが多かった。

保岡 興治 元法相、自民党憲法改正推進本部特別顧問