• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

野茂英雄、空前絶後のノーヒットノーランの夜

1996年9月17日、気温5度のクアーズ・フィールドにて

2017年4月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1968年、大阪で生まれたその男は、89年、ドラフトで史上最多の8球団競合の末、近鉄バファローズに入団、プロ野球選手となった。恵まれた体躯をグイッとひねるトルネード投法は人々の目を釘付けにし、剛速球と鋭いフォークで三振の山を築く圧巻の投球はプロ野球ファンの心を鷲掴みにした。

道なき道を

 ルーキーイヤーに18勝で最多勝、さらに新人王、沢村賞、MVPなど賞を総なめにした後も勝ち星を重ね、入団から5年間で79勝を挙げた。

 しかし94年、退団。そして、メジャーリーグへ。ロサンゼルス・ドジャースとのマイナー契約から始まった挑戦は、全米に「NOMOマニア」を生み、2008年、日米通算201勝で引退するまで続いた。

 NHK-BS「アナザーストーリーズ」プロデューサーの久保健一は振り返る。

 「『大リーグで通用するはずがない』『日本プロ野球を捨てた裏切り者』…野茂さんの大リーグ挑戦に対するバッシングは酷いものでした。僕はそれに猛烈な違和感と怒りを覚えました。道なき道を切り開こうというチャレンジスピリットが、なぜ日本では認められないのか、と。そしてその後、大リーグで大活躍すると、今度は一気の手のひら返し。また、違和感です。さらに言うと、引退までの数年間、なかなか勝ち星が重ねられなくなってからも、野茂さんはいくつもの球団を渡り歩きながらチャレンジを続けました。僕は、その姿に強い共感を覚えましたが、報じられるのは試合結果のみ。もちろん、自分もマスコミの人間ですから、限られた取材リソースをどこに配分するかという理屈は分かっているのですが、3Aで投げている野茂さんの姿こそ、開拓者だ!と何度となく思っていました。その後、何度も野茂さんの番組を企画しながら実現しなかったのですが、ようやく今回『野茂ストーリー』にたどり着くことができました」

 NOMOマニアの一員である久保の記憶には、数々のエピソードが刻まれている。その中から今回、スポットを当てたのは「ノーヒットノーランの夜」だ。

野茂の偉業の舞台となったクアーズ・フィールド。標高1マイル(約1609メートル)という高地に位置するため、気圧が低く空気抵抗が少なく、打球が飛びやすい。ここでの試合は乱打戦が多く、“打者天国”とも呼ばれる

コメント4件コメント/レビュー

 野球は大嫌いだし、ヒーローをただ祭り上げる業界も大嫌い。
 でも、野茂は本当のチャレンジャーとして、我が心に輝いている。
 いまでも野球に関わり続けている姿をみるにつけ、けっして追いつけない背中にまだ引き寄せられる自分自身がいる。
 まけられない、一生が挑戦。(2017/04/05 13:18)

オススメ情報

「時効スクープ ~今だから、聞けた」のバックナンバー

一覧

「野茂英雄、空前絶後のノーヒットノーランの夜」の著者

久保 健一

久保 健一(くぼ・けんいち)

NHK プロデューサー

1972年、千葉生まれ。平成9年NHK入局。「プロジェクトX~挑戦者たち~」「プロフェッショナル仕事の流儀」などの制作に携わる。現在、NHKエデュケーショナルにて「アナザーストーリーズ~運命の分岐点~」や「世界入りにくい居酒屋」などを担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

片瀬 京子

片瀬 京子(かたせ・きょうこ)

フリーライター

1972年生まれ。東京都出身。98年に大学院を修了後、出版社に入社。雑誌編集部に勤務の後、2009年からフリー。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 野球は大嫌いだし、ヒーローをただ祭り上げる業界も大嫌い。
 でも、野茂は本当のチャレンジャーとして、我が心に輝いている。
 いまでも野球に関わり続けている姿をみるにつけ、けっして追いつけない背中にまだ引き寄せられる自分自身がいる。
 まけられない、一生が挑戦。(2017/04/05 13:18)

96年自分が南カリフォルニアに駐在した1年目が、野茂さんのメジャー挑戦1年目でもありドジャースタジアムに観戦に行きました。高い観客席から見下ろしたマウンドにたった一人で奮闘する日本のチャレンジャーを目の当たりにして心を揺さぶられた事を昨日のように憶えています。以降数多の人々日本人がメジャーでプレーしていますが、彼が正真正銘のパイオニアです。(2017/04/04 15:12)

野茂さんの姿が、今でも何か気負いの無い真摯な挑戦者として、脳裏に焼きついています。奢ることなく、また居丈高になることも無く、ひたすら極めようとする姿。『尊敬』と言う言葉は、今や廃れ、軽々しい響きになれ果てても、こう言う人々には本来の意味での『尊敬』の念を抱きます。つまらない自分の至らなさに気づき、常によりよきものを目指すと言う、当たり前だけど困難なことに、真に向き合う勇気を貰っています。世間に悪いニュースや薄っぺらな話題やしゃべくりばかりが、もてはやされ金になる時代に、私もこう言う人間でありたいと常々願い、努力する毎日です。侍などと大声で喧伝するよりも、こう言う生き方がより良き現代の『侍』では無いでしょうか。『現代の侍』に多くの日本人が今も挑戦し続けていることが、よりよき日本の未来を創るような気がします。(2017/04/04 12:36)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官