• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

テスラとパナの命運握る世界最大電池工場が稼働

EV普及の最大の課題だった電池コストを3割以上下げる

2017年1月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2017年1月4日、米テスラ・モーターズはパナソニックと共同で、米ネバダ州で世界最大のリチウムイオン2次電池工場「Gigafactory(ギガファクトリー)」を稼働させた。2014年から建設を進めてきた同工場はこのほど竣工し、リチウムイオン2次電池のセルの生産を始めた。

 工場の開所式には、テスラのイーロン・マスク会長兼CEO(最高経営責任者)とパナソニックの津賀一宏社長が出席。その後、報道関係者向けに共同会見を開いた。

テスラ・モーターズのイーロン・マスクCEO(中央)とパナソニックの津賀一宏社長(右)

 「ギガファクトリーでは世界中のあらゆる工場の中で最大という規模のメリットを追求し、電池を低コスト化する。長距離走行できる電気自動車(EV)を安価にして、みんなの手が届くようにしたい」。マスクCEOはこう語った。

EV半額のカギとなる電池

 同工場で製造する電池は、テスラが2017年半ばにも量産を開始する小型セダン「モデル3」に搭載される予定。モデル3の価格は、テスラの現在の主力車である中型セダン「モデルS」や多目的スポーツ車(SUV)「モデルX」の半額に相当する3万5000ドル(約416万円)。手ごろな値段であることから、EVの普及を加速させるけん引役になる可能性がある。

テスラ・モーターズの小型セダン「モデル3」。従来のテスラ車に比べれば手頃であるため(3万5000ドル)、予約が殺到した

 「電気を貯めてクルマが走る時代が来る。社会を変えるためには電池をいかに有効活用するのかが大事で、だからこそパナソニックはギガファクトリーへの投資を決断した」と津賀社長は強調した。

 ギガファクトリーへの総投資額は約50億ドル(約6000億円)で、そのうちパナソニックの投資額は1500億~2000億円程度になるとみられる。現在は工場全体の約30%が完成した段階で、今後も追加投資して生産能力を順次拡大し、2018年までに年間の生産能力を35GWh(ギガワット時)に引き上げる。この生産規模は「ギガファクトリーを除く全世界で生産されるリチウムイオン2次電池の総量に匹敵する」(テスラ)という。

コメント3件コメント/レビュー

日本には注目度の高い電気自動車を量産する会社がない。日産にしろ三菱にしろそれほど売れているようには思えないので、バッテリーだけ量産する工場の必要性がないのが残念だ。オール・ジャパンのかけ声はあるが実際はそうなってない。電池技術の特許を持ったテスラがその特許を開放(VHSのように)したのでバッテリーの量産がしやすくなった。これからは新興の電気自動車メーカーはテスラ/パナソニックの電池を使うようになると思う。
自動車会社はもっとリスクを取って売れる注目度のある電気自動車の開発をする必要がある。また電池技術を共有して電池の量産ができるようにしないと外国の後塵を拝することになるのではないだろうか。(2017/01/08 08:45)

オススメ情報

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「テスラとパナの命運握る世界最大電池工場が稼働」の著者

山崎 良兵

山崎 良兵(やまざき・りょうへい)

日経ビジネス副編集長

日経ビジネス編集部、ニューヨーク支局、日本経済新聞証券部などを経て、2017年1月から日経ビジネス副編集長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本には注目度の高い電気自動車を量産する会社がない。日産にしろ三菱にしろそれほど売れているようには思えないので、バッテリーだけ量産する工場の必要性がないのが残念だ。オール・ジャパンのかけ声はあるが実際はそうなってない。電池技術の特許を持ったテスラがその特許を開放(VHSのように)したのでバッテリーの量産がしやすくなった。これからは新興の電気自動車メーカーはテスラ/パナソニックの電池を使うようになると思う。
自動車会社はもっとリスクを取って売れる注目度のある電気自動車の開発をする必要がある。また電池技術を共有して電池の量産ができるようにしないと外国の後塵を拝することになるのではないだろうか。(2017/01/08 08:45)

電池コストの低減で,自動車のコストと航続距離が延長されるのは好ましいですが,現状で電池コストが車の何%になっているか?今後のコストダウンのトレンドについて興味があります。(2017/01/06 10:31)

なぜにこういうものを日本で作らずアメリカで工場を作るのだろう?
日本で工場を作らない理由で、需要があるところで作るといって、アメリカで作ったり
コスト云々で中国、ベトナムで作ったり、これじゃ、日本の企業が儲かっても、日本人は
豊かになれんよね。

日本でもトランプみたいな人が出るのも時間の問題になるのではないでしょうか?(2017/01/06 09:43)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長