• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

陸上型イージスの長所は「12人で動かせること」

ロッキード マーティン担当副社長、ヒックス氏に聞く

2018年2月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 安倍政権は2017年末に米軍の陸上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」を導入することを閣議決定した。防衛省は2018年度(平成30年度)の概算要求の中で、「新規アセットの導入(事項要求)」と題して、「新規アセット(イージス・アショアを中心に検討)の整備に着手」との記述を盛り込んでおり、小野寺五典防衛相はイージス・アショアを秋田と山口の両県に一基ずつ配備する考えも明らかにしている。

 緊迫する北朝鮮情勢だけでなく、中国・ロシアに対する防衛力を高める上でも極めて重要なアセットと言える。ただ、最新鋭のレーダーにイージス・アショアを2基配備すると、総額で5000億円近くの費用がかかる。

 今回、私はイージスシステムを開発・製造する米Lockheed Martin(ロッキード マーティン)で、ロータリー&ミッション・システムズ部門で国際戦略・事業開発担当副社長を務める、ブラッド・ヒックス氏にインタビューする機会を得た。そこで、同氏の話を織り交ぜながら、イージス・アショアの実像に迫ってみたい。

ハワイの太平洋ミサイル試験場に設置されている、試験用のイージス・アショア施設。レーダーのアンテナが海に向けて取り付けられている様子がお分かりいただけるだろうか(写真提供:米国防総省ミサイル防衛局)

イージスBMDとイージス・アショアの関係

 「イージス艦」という言葉は、日本でも既に馴染み深いものになっている。観艦式、あるいは一般公開イベントで現物を御覧になったことがある方も多いだろう。

「イージス艦」の外見的な特徴は、艦橋に備えられた八角形のレーダーだ。写真は海上自衛隊の「あたご」型ミサイル護衛艦(写真:井上孝司)

 イージス戦闘システムはもともと、空母や揚陸艦などを対艦ミサイル攻撃から護る目的で開発された。そこで重視されたのは、同時多目標交戦能力である。つまり、多数の対艦ミサイルが飛来したときに能力不足でパニックになってしまうことなく、迎え撃てるようにするシステムを目指していた。

 具体的にはどうするか。まず、飛来する多数のミサイルを同時に捕捉・追尾するとともに、脅威度の高さに応じて優先度をつける。そして、優先度が高い目標から順番に、SM-2艦対空ミサイルを発射して交戦する。イージスより前の艦対空ミサイル・システムでは同時に2~4発の艦対空ミサイルしか発射できなかったが、イージス戦闘システムでは同時に12~16発の艦対空ミサイルを発射して交戦できるといわれている。

 その監視能力と処理能力が買われて、後から弾道ミサイル防衛(BMD : Ballistic Missile Defense)の機能が付け加えられた。いわゆるイージスBMDである。そして、BMDの機能を備えたイージス戦闘システムを陸揚げしたのがイージス・アショアという図式になる。

 具体的にいうと、イージス戦闘システムを構成するコンピュータ、AN/SPY-1D(V)レーダー、Mk.41ミサイル発射器などの機材一式を、陸上に設置する建屋に収納する。

「こんごう」型護衛艦「ちょうかい」の AN/SPY-1D(V)レーダー(写真:井上孝司)

 日本では現在、「あたご」型護衛艦2隻のBMD対応改修が進んでいるほか、新型のイージス護衛艦2隻を建造中だ。イージス・アショアが使用するのは、これら4隻の艦が搭載するものと、基本的に同じシステムである。

 イージス・アショアは陸上に固定設置するものだから、イージス艦のように自由に動き回ることはできない。しかし、日米で共同開発を進めている弾道弾迎撃ミサイル・SM-3ブロックIIAは広い覆域を持っており、2カ所に配備すれば日本全土をカバーできるとされる。だから、SM-3ブロックIIAとイージス・アショアの組み合わせを日本国内の東西2ヶ所に配備すれば、理屈の上では日本全土をカバーできることになる。

コメント5件コメント/レビュー

これほどイニシャルコスト&ランニングコストの掛かる設備(!)に対して
運転員の多少は、あまり関係ないかと。当直12人以外に保全/メンテ対応者は何倍も要るし
だいたい3直3班しかいなかったら、休みが取れません(!)月月火水木金金で
年末年始もお盆もGWも無しになって、どんなブラック企業かと・・・(2018/02/26 22:54)

オススメ情報

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「陸上型イージスの長所は「12人で動かせること」」の著者

井上 孝司

井上 孝司(いのうえ・こうじ)

テクニカルライター、軍事研究家

日本マイクロソフトを退職後、1999年にテクニカルライターとして独立。主に技術解説記事を手掛け、IT分野から鉄道・航空・軍事まで幅広くカバーしている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

これほどイニシャルコスト&ランニングコストの掛かる設備(!)に対して
運転員の多少は、あまり関係ないかと。当直12人以外に保全/メンテ対応者は何倍も要るし
だいたい3直3班しかいなかったら、休みが取れません(!)月月火水木金金で
年末年始もお盆もGWも無しになって、どんなブラック企業かと・・・(2018/02/26 22:54)

陸上イージスは作業人員数が減った、と言う事は好い。
つまり、人員の関与が減る方向性は好い。
理由は、安倍首相が中近東への自衛隊派遣時、「日本人の血は一滴も流させない」と言ったが、その説明の方向を目指すべきだから。
「人の血は一滴も流させない」と言う方向での戦闘のあり方を、究極的な在り方として、研究が各方面でされたら好い。(2018/02/26 13:24)

いつも的確な記事ありがとうございます。視野を広げる充電の効果 とても大きいです。(2018/02/26 09:40)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

自分と同じ物の見方をする “ミニ手代木”を育てるつもりはありません。

手代木 功 塩野義製薬社長