• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

トヨタの答え「次はPHV」

炭素繊維に太陽光パネル、新型プリウスPHVに新技術てんこ盛りのワケ

2017年2月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ハイブリッドカーの次は何かと問われれば、それはPHV。これがトヨタの答えだ」

 2017年2月15日、トヨタ自動車が日本科学未来館(東京江東区)で開いた新型「プリウスPHV」の発表会で、内山田竹志会長は力強くこう言い放った。この日発売した新型プリウスPHVは、2012年1月に発売した「プリウスPHV」のモデルチェンジ(改良)版だ。だがトヨタにとって今回の新型車は、通常の改良版とは意味合いが違う。次世代環境車の主軸として世界に売り込む戦略車だからだ。

2017年2月15日に発売した新型「プリウスPHV」。トヨタが次世代環境車の主軸にしようともくろむ戦略車だ

 トヨタがこれまで次世代環境車としてアピールしてきたのは、PHVではなくFCV(燃料電池車)だ。2014年12月にFCV「MIRAI」を発売したものの、2016年12月までの国内での累計販売台数は約1370台。「水素ステーションの整備などが進まず課題も抱えている」(内山田会長)ため、ほとんど普及していないのが実情だ。

 一方、ハイブリッド車の開発でトヨタに遅れを取ってきた競合他社は、新型車の開発の主軸を、ハイブリッド車を飛び越えて一気にEV(電気自動車)へシフトさせた。米テスラや日産自動車のEVが販売台数を伸ばしていることもあり、充電インフラも国内外で整い始めている。

 そんな中、トヨタが出した答えが「PHV」だった。

プリウスでは福山雅治さんだったテレビCMでの起用タレントもプリウスPHVでは石原さとみさんに

「プリウスとの違い」にこだわる

 プリウスはプリウスでも、トヨタのこれからを支える戦略車。新型プリウスPHVでは、通常のハイブリッドである「新型プリウス」との違いをあえて強調している。プリウスのイメージキャラクターは俳優の福山雅治さんだったが、PHVでは刷新して女優の石原さとみさんを据えた。外観イメージもプリウスとは大きく異なる。折り紙を折ったような直線的なボディーラインを変更し、MIRAIに近い丸みを帯びたデザインを採用した。

 プリウスではなかった新技術もPHVには数多く搭載している。発表会で特に強調していたのが、バックドアに採用した「ダブルバブルウインドゥ」と呼ぶ新形状だ。

コメント18件コメント/レビュー

海外メーカーが政府の後押しも含めてEVへ雪崩を打つ中で本当にこの程度のメリットにこの価格で勝算があるのだろうか。

iPhoneが出た当初自分たちにはドコモのiモードの実績があるから脅威はないと侮ったものの数年後にその間違いに気が付いた時にもう打つ手がなくなっていた日本の携帯産業みたいにならないことを祈る。自動車でそれが起こったら日本は終わりだし。(2017/02/18 16:21)

オススメ情報

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「トヨタの答え「次はPHV」」の著者

池松 由香

池松 由香(いけまつ・ゆか)

日経ビジネス記者

北米毎日新聞社(米国サンフランシスコ)で5年間、記者を務めた後、帰国。日経E-BIZ、日経ベンチャー(現・日経トップリーダー)、日経ものづくりの記者を経て、2014年10月から日経ビジネス記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

海外メーカーが政府の後押しも含めてEVへ雪崩を打つ中で本当にこの程度のメリットにこの価格で勝算があるのだろうか。

iPhoneが出た当初自分たちにはドコモのiモードの実績があるから脅威はないと侮ったものの数年後にその間違いに気が付いた時にもう打つ手がなくなっていた日本の携帯産業みたいにならないことを祈る。自動車でそれが起こったら日本は終わりだし。(2017/02/18 16:21)

申し訳ないが随分とお粗末な記事ですね。
太陽電池は先代のプリウスに設定がありましたし、昔のマツダ車(センティア)にもありました。ただしこれらは換気の電源としてのみ使用していたので、太陽電池の電力を走行エネルギーと使用するのは初めてということだと思いますが、その記述が抜けています。
 
また、HVに出遅れたメーカーがHVを飛び越してEV云々は10年以上前によく見られた記述です。この前提はEVの方が先進的であるということですが、EVというのは過去に何度もブームがあり、90年代にも加州ZEV対策としてトヨタ、日産、GMなどがEVを出しましたが物になりませんでした。当時の電池では航続距離や信頼性が不十分だったためで、初代プリウスの開発もEVの失敗が背景にあります。HVの要素技術(モータ、インバータ、電池制御、走行制御)は全てEVと共通であり、EVの方が先進的であるとは言えません。エンジン効率の向上もあり、最近のHVのエネルギー効率はEVと遜色ありません。特に現在の日本では火力で発電した電力で充電しているのでCO2削減効果は無いと言えます(2017/02/17 01:47)

この程度の内容なら、1年早くても良かったと思う。PHVの位置づけに、確信が持てていないと思う。充電スタンドの普及、充電スピードの高速化など課題はあっても、欧州メーカーの焦りに負けないスピード感が不足している様に思います。(2017/02/16 17:32)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

70年なんてまだひよっこ。100年、200年続く会社にしないといけない

森 雅彦 DMG森精機社長