• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ボルボ、東京に「クルマなし販売店」

新投入の「S90」はウェブ予約限定、販売デジタル化へ布石

2017年2月23日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「『S90』はオンラインでの予約販売限定となります」

 2月22日、スウェーデンの自動車大手ボルボ・カーの日本法人は高級セダン「S90」や高級ワゴン「V90」など3車種を同時に国内発売した。発表会見での木村隆之社長の何気ない一言に、同社の戦略が隠されていた。

ボルボが22日に発売した「S90」。木村隆之社長は「3車種で2500台を売る」と意気込む

 同社の90シリーズは、新プラットフォーム「SPA」を初採用した高級ライン。第一弾のSUV(多目的スポーツ車)「XC90」は2016年に国内発売し、予想の倍に当たる1000台が売れた。より顧客層の広いセダン「S90」とワゴン「V90」「V90クロスカントリー」の3車種を同時発売し、ボルボは国内で前年1500台増となる1万6000台の販売を狙う。

 ボルボの強みは安全へのこだわりだ。本社のあるスウェーデン・イエテボリに自前の事故調査隊を常駐させ、半径100km以内で事故があれば地元警察と連携して事故の原因分析に当たる。どの角度からでも衝突実験できる本社横の「セーフティセンター」は、ボルボの象徴ともいうべき場所だ。

 安全へのこだわりは新発売した90シリーズにも現れている。ボルボの事故調査隊によれば、スウェーデンにおける重傷者発生事故の要因のトップは、路肩などに転落する「道路逸脱事故」だった。

 90シリーズでは、世界で初めて逸脱回避機能を搭載した。車載カメラと赤外線レーダーが車線や縁石などを認識して、逸脱が差し迫っている場合には自動でステアリングとブレーキを操作する。

世界初となる逸脱防止機能をS90などに搭載した

 ボルボは近年、自動運転で米ウーバーテクノロジーズといち早く提携するなど独自路線を走ってきた。欧州では2014年にウェブでの限定予約を開始。S90をウェブ限定発売するのも、この独自路線に沿ったものだ。

 同社の木村社長が日経ビジネスの取材に応じ、クルマのデジタル販売について狙いを語った。意外にも、その狙いは「中国生産」を見据えたものだった。

コメント6件コメント/レビュー

このニュースで最も驚いたことは、ウェブを活用した販売方法では無く、一番利益率が高いV90の製造を本国から中国に移転し集約させて世界の市場に輸出すると言っていること。

今、工業分野の地産地消が重視されるているが、それでは全く逆行していないか。
トランプ大統領が本当に中国製品に関税をかけたらどうなる?
どうしてV40ではないのか?
中国資本の傘下に入り、他に選択肢が無かったのだろうと想像するが。(2017/02/23 15:43)

オススメ情報

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「ボルボ、東京に「クルマなし販売店」」の著者

島津 翔

島津 翔(しまづ・しょう)

日経ビジネス記者

2008年東京大学大学院工学系研究科修了、日経BP社に入社。建設系専門誌である日経コンストラクション、日経アーキテクチュアを経て、2014年12月から日経ビジネス記者。担当分野は自動車、自動車部品。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

このニュースで最も驚いたことは、ウェブを活用した販売方法では無く、一番利益率が高いV90の製造を本国から中国に移転し集約させて世界の市場に輸出すると言っていること。

今、工業分野の地産地消が重視されるているが、それでは全く逆行していないか。
トランプ大統領が本当に中国製品に関税をかけたらどうなる?
どうしてV40ではないのか?
中国資本の傘下に入り、他に選択肢が無かったのだろうと想像するが。(2017/02/23 15:43)

社長さんの発言に関して2点、気になりました。
・「700万円のクルマを『ポチ』は無理」と仰っていますが、現実にテスラは販売店を殆ど持たずにオンライン受注で500台を優に超える台数を販売しています。(私も実際に1000万円をポチしました。)テスラは顧客が納得するなら注文から納車まで、販売担当者に一切会わず実車も見ずにオンラインと郵便だけで済ませることが可能ですし、実際にそうしている方もいます。ボルボには今まで積み上げてきたやり方やイメージ(良くも悪くも)があって同じ事をすぐには出来ないかもしれませんが、社長さんが「無理」と決めつけるのは如何なものかと思います。
・ECは基本的にクーリングオフ制度の対象外だと思うのですが、違うのでしょうか?

「青山にデジタルと融合した実店舗を作る」という構想もテスラが既にやっていることですし、この社長さんが斬新な取り組みだと思っていることは「ボルボにとって新しい」だけのような気が…
テスラ車にも不満なところは多々ありますし、ボルボもドイツ車もそれぞれ魅力があって好きですが、Webベースでの販売という点ではテスラが何歩も先を行っていることは否めないと思います。(2017/02/23 11:34)

内容が中途半端。色やオプションはWEBで決めても良いが、肝心の乗り心地の確認を変更するのか、しないのかが判らない。エンジンやサスペンションで乗り心地は大きく異なるので、S90はエンジンは一種類なのだろうか?500台だけ売れれば良いのなら、まぁ好きにすれば良いんでしょうが。(2017/02/23 11:24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本という国は、もっと資本主義的になってほしいのです。

ゴー・ハップジン 日本ペイントホールディングス会長