• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

上海モーターショー、「奇抜」で済まない中国車

確実に増す存在感

  • 松浦 龍夫

バックナンバー

[1/2ページ]

2018年3月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 4月19日、上海国際自動車ショーが開幕した。世界大手はEVをはじめとするエコカーを中心に据えたが、中国車の存在感も確実に増していた。奇抜なデザインだけが理由ではない。底流には中国の消費者の意識変化もある。

(日経ビジネス2017年5月1日号より転載)

雲度のガルウイング搭載車X-π(上)やカーシェアを前提とするLYNK&COの03コンセプト(左下)、シャンパンを冷蔵できる正道のH600(右下)

 4月19日、メディア向けに先行公開された上海国際自動車ショー(上海モーターショー)。トヨタ自動車や独フォルクスワーゲン(VW)など世界大手がEV(電気自動車)やHV(ハイブリッド車)など自慢のエコカーの性能や品質をアピールするなかで、中国車メーカーのブースは異彩を放っていた。

 ひときわ目を引いたのが「雲度(YUDO)」。「X-π」と名づけたEVでは一見すると、中国市場で人気のSUV(多目的スポーツ車)のような外観だ。だが、左右のドアが開く瞬間、会場内からはどよめきが起きた。鳥が翼を広げるかのように上部に大きく開いたからだ。いわゆるガルウイングと呼ばれるものだ。

「走る居間」がコンセプト

 国有自動車中堅の福建省汽車工業集団などが立ち上げた雲度。欧州のスポーツカーのようなガルウイングの狙いは「乗りやすいようにするため」(担当者)なのだという。「走る居間」というコンセプトとあって、車内の配置も大胆だ。まず運転席と助手席がクルリと180度反対に回転し、後部座席と向かい合えるような形になる。その間には大きなテーブルも置ける。さらにドアを閉めた側面の窓はディスプレーになっており、「車内で映像や情報を楽しむことができる」と担当者は話す。

 車内空間を楽しむことを意識した展示車両は他にもあった。例えば「正道」という会社が発表した「H600」のドアは観音開き。後部座席で冷えたシャンパンボトルを取り出せるスペースも設けるという。窓柱がない設計では安全性にも難がありそうだが、とにかく、くつろぎや豪華さを意識した設計であることは間違いない。

 こうした中国車を単に「客寄せ」のための奇抜なデザインと言うのはたやすい。ただ、展示会場で担当者の話を聞いていると、彼らはどうやら本気でこうしたクルマが中国で必要になると感じているようにも思えた。

 クルマに対する消費者の意識の変化がその背景にありそうだ。少し前までは、クルマは自らの成功を表す「ステータスシンボル」だったが、今はくつろぎや生活を楽しむための「ツール」になりつつある。

 その証左が「カーシェア」を前提としたコンセプトカーだろう。民営自動車大手の吉利汽車が発表した新ブランド「LYNK&CO」のスポーツセダン型のコンセプト車「03コンセプト」。スマートフォンのアプリをキー代わりにして、複数の人で1台のクルマをシェア(共有)できる。

 「使わないときは他の人に簡単に貸し出せる」。発表会でプレゼンしたアレイン・ビッサー上級副社長は、こともなげにこう話したが、「所有」を前提としないクルマが中国のモーターショーで紹介されること自体、この国の市場ニーズの変化を示している。

 この03コンセプトはインターネットに常時接続できる機能もあり、「車内の端末を操作すれば、高級なレストランやホテルの予約だってできる」(ビッサー上級副社長)という。このコンセプトカーが本当に市場投入されれば、中国でのこれからのクルマの使い方を推し量るバロメーターになるかもしれない。

オススメ情報

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

創業者からの事業継承ほど 難しいものはないですね。

桜田 厚 モスフードサービス会長