• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

世界一へ、見えてきたゴーン氏の戦略

明かされたグーグル提携の狙い

2018年10月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「我々がグーグルと組むのは世界中の多くの人がすでにスマートフォン(スマホ)で活用しているアンドロイドと同じ環境をクルマでも提供したいから。アンドロイドを使えば、アンドロイド向けのアプリケーション(アプリ)をカスタマー(顧客)が自由に選べるようになる。我々の狙いはそこだ」

 10月19日、仏ルノー、日産自動車、三菱自動車の3社連合でコネクテッドカー(インターネットにつながるクルマ)戦略を担当するアライアンス・グローバル・バイスプレジデントのカル・モス氏は、横浜市の日産でラウンドテーブルを開き、こう強調した。3社連合が車載情報システムで米グーグルと提携すると発表したちょうど1カ月後だった。

カル・モス氏。エジプト生まれだが東京大学で学び、日本人と結婚もしている。GMやダイムラーなどでの勤務経験もある

 この日の会見では3社連合が思い描くコネクテッドカー戦略がより具体的に見えてきた。モス氏の発言で注目すべきは、「アプリをカスタマーが自由に選べるようになる」という部分。この発言から、現在、世界販売台数2位の3社連合の「世界一」に向けた道筋が読み取れる。

 現時点でのクルマは、カーナビゲーションや音楽再生といった情報システムを搭載してはいるものの、顧客が自由にどのメーカーのどんなサービスを使うかは選べない。クルマを選んだ時点で、どの地図メーカーのどういった渋滞予測やナビゲーションのサービスを使うかなどが決まってしまうのだ。

オススメ情報

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「世界一へ、見えてきたゴーン氏の戦略」の著者

池松 由香

池松 由香(いけまつ・ゆか)

日経ビジネス記者

北米毎日新聞社(米国サンフランシスコ)で5年間、記者を務めた後、帰国。日経E-BIZ、日経ベンチャー(現・日経トップリーダー)、日経ものづくりの記者を経て、2014年10月から日経ビジネス記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

やることなすことうまくいって会社が楽しくなりました。

前澤 友作 ZOZO社長