• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

17年度予算案、「景気配慮と財政再建」の細い道

さらに鮮明になる「社会保障の見直しから逃げられない」現実

2016年12月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 政府が2017年度予算案を決定した。一般会計の歳出総額は5年連続で過去最高を更新した。景気に配慮する一方、新規国債発行を2016年度より抑えるなどやり繰りの末に「経済再生と財政再建の両立」への体裁を整えた格好だ。小手先の調整では膨れあがる社会保障費に対応しきれない現実が一段と鮮明になってきたと言える。

 一般会計の歳出総額は2016年度当初予算より0.8%増の97兆4547億円となった。歳出総額が膨れあがったのは、全体の3割超を占める社会保障費が32兆4735億円と2016年度に比べて4997億円増えたことが最大の要因だ。

 高齢化の進行に伴い、医療が11兆5010億円、年金も11兆4831億円と、それぞれ2.0%、1.5%も伸びる。

麻生太郎財務相は12月22日に閣議決定した2017年度予算案について、消費税増税の再延期にともなう厳しい予算編成だったことを述べた上で、「全体のバランスとしてそこそこできている」と語り、経済の再生と財政健全化の両立を図れたとの認識を示した。(写真:Bloomberg/Getty/Images)

「高齢者の負担増」へ一歩

 政府は財政再建に向け、2016~18年度の3年間の社会保障費の伸びを自然増の範囲の1.5兆円程度に抑える目標を掲げている。

 高齢者の急増が確実視される中、社会保障費の膨張を放置すれば社会保障制度そのものが立ちゆかなくなる恐れがある。また、ほかの政策に充てる予算の捻出に一層苦慮しかねないからだ。

 最低限の基準であるこの目標をクリアするには、今夏の概算要求段階で6400億円だった自然増分を1400億円圧縮する必要があった。政府・与党の調整の末、医療で950億円、介護で450億円抑えることで折り合った。

 見直しに当たり、政府・与党は「年齢に関わらず経済力に応じた負担」を方針に据えた。

 焦点となった医療費の自己負担に上限を設ける「高額療養費制度」の見直しでは、住民税を払う一定以上の所得がある人を引き上げの対象にする。

 具体的には、年収370万円以上で現役並みの所得がある70歳以上の高齢者について、外来医療費の上限を現行の月4万4400円から2017年8月に5万7600円に引き上げる。

 年収370万円未満で住民税が課される高齢者の上限についても、1万2000円から1万4000円にする。2018年8月からは上げ幅を拡大する。

 75歳以上が加入する「後期高齢者医療制度」にも手を付けた。74歳まで夫や子どもらに扶養されていた高齢者は現在、所得に関係なく保険料を9割軽減している。これを2017年4月から段階的に縮小することにした。

コメント3件コメント/レビュー

緊縮的財政をやったからデフレになった部分が非常に大きい。医療費増大は誰が首相になっても付いて回る問題。安倍政権とリンクさせるのはちょっとおかしい。政策の優先順位も語らずに懸念事項をられるしても意味がないのと違いますか?老人の医療費負担増反対と言うだけで得票数を上げようとする政治家が今まで余りにも多すぎた。格差拡大というけれど、これまでは悪い格差拡大であった。これからは景気を善くして、成果を上げる機会を増やしていこうとしているのではないですか?成功しているものから取れるだけ取れというのは、全体が地盤沈下するのと同じ。しかし、余りにも優遇されてきた高齢者に負担を増やしてもらうのは当然でしょう。今の高齢者の多くは終戦頃に生まれた世代。実際に戦禍をくぐったかというとそうでもなく、高度成長時の恩恵をフルに受けた世代。彼らの負担が上がっても誰が文句を言うでしょう?(2016/12/29 08:01)

オススメ情報

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「17年度予算案、「景気配慮と財政再建」の細い道」の著者

安藤 毅

安藤 毅(あんどう・たけし)

日経ビジネス編集委員

日本経済新聞社で経済部、政治部などを経て2010年4月から日経ビジネス記者。2012年4月から現職。政治、経済政策を中心に執筆している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

緊縮的財政をやったからデフレになった部分が非常に大きい。医療費増大は誰が首相になっても付いて回る問題。安倍政権とリンクさせるのはちょっとおかしい。政策の優先順位も語らずに懸念事項をられるしても意味がないのと違いますか?老人の医療費負担増反対と言うだけで得票数を上げようとする政治家が今まで余りにも多すぎた。格差拡大というけれど、これまでは悪い格差拡大であった。これからは景気を善くして、成果を上げる機会を増やしていこうとしているのではないですか?成功しているものから取れるだけ取れというのは、全体が地盤沈下するのと同じ。しかし、余りにも優遇されてきた高齢者に負担を増やしてもらうのは当然でしょう。今の高齢者の多くは終戦頃に生まれた世代。実際に戦禍をくぐったかというとそうでもなく、高度成長時の恩恵をフルに受けた世代。彼らの負担が上がっても誰が文句を言うでしょう?(2016/12/29 08:01)

資本主義の行き詰まりなんだと思うけど。格差拡大もそのひとつ。それによる政治の不安定化もあり。配分がよくないから、生産が上手く回らないということなんじゃないの。税金も外郭団体に流して天下り先の退職金をためるなどいう使い方を見直さないと。(2016/12/27 16:47)

「衆参両院で安定した議席を有する強い政権の間に、日本の構造的な問題の解決に取り組んでほしい」の通りです。今やらずしていつできるの?今の安定政権時にしかできません。安倍政権前は不安定な政権で抽象的上っ面の議論に終始し、結局、喫緊の選挙対策や野党批判に晒されるため先送りの連続。変化しない事が一番のリスクである事になぜ気付かないのでしょう。この国はぬるま湯に浸かりながら地盤沈下し崩壊していきます。(2016/12/27 12:00)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トレンドの移り変わりが早い日本での経験は、海外にも応用できる。

桝村 聡 高砂香料工業社長