• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

[新春放談]安倍政権は既得権益をぶっ壊せ

経済同友会の小林代表幹事VSアジア成長研究所の八田所長(後編)

  • 日経ビジネス編集部

バックナンバー

[1/5ページ]

2018年1月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 経済が好調に推移すると見込まれる2018年。この好調期こそ、日本に蔓延している通念(常識・観念・俗論)を打破して、新しい挑戦に取り組まなければならない──経済同友会の小林喜光代表幹事とアジア成長研究所の八田達夫所長(大阪大学名誉教授)は、共通した問題意識を持つ。

 対談の前編では、人口減少が進んだとしても、考え方を変えれば日本はまだまだ成長できるという点で意見が一致した。後編では、定期採用の見直しや移民の受け入れなど、痛みの伴う労働市場の改革についても議論が及んだ(司会は日本経済研究センターの斎藤史郎参与が務めた)。

経済同友会の小林喜光代表幹事(左)とアジア成長研究所の八田達夫所長(右)。写真は的野 弘路(以下同)

カギ握る労働市場改革

斎藤史郎氏(=司会、 以下斎藤):世界経済の拡大にも恵まれ、景気には明るさが広がっています。日本経済がダイナミズムのある経済成長を続けるには労働市場改革が必要との指摘が少なくありません。

小林喜光氏(以下、小林):そう、そこがカギですね。

八田達夫氏(以下、八田):私も、そこがカギだと思います。

小林:世界は一流の選手をそろえてプロフェッショナルの戦いを挑んでくるのに、日本だけが、プロも、一般人も、その分野の適性がない人も、みんな均一の条件で戦うというのは、いわば社会主義国のようなものです。

小林喜光(こばやし・よしみつ)氏
三菱ケミカルホールディングス会長。1946年生まれ。東京大学大学院理学系研究科修了後、イスラエルのヘブライ大学、イタリアのピサ大学に留学。74年三菱化成工業(現:三菱ケミカル)に入社。2007年三菱ケミカルホールディングス社長に就任、15年4月より同会長に就任(現職)。このほか、経済同友会代表幹事や未来投資会議構造改革徹底推進会合会長、東芝の社外取締役なども兼ねる

 会社は新陳代謝をしており、しなければ生きていけません。ところが、新陳代謝をした暁に、社内失業者のような人がたくさん出てしまう。これはその人にとっても、会社にとっても不幸です。そういう人にも自分に合った仕事が見つかるミスマッチのないような労働市場をつくる。そんな仕掛けが必要です。多様な人たちが、それぞれ多様な方向で生きていく。

 やたら働く人もいるし、ほとんど働かずに暢気にやっている人もいる。それぞれ受容しながら、最終的なところでみんなある程度、エンジョイできる社会にすることが大切だと思います。

八田:労働市場の流動性を高めることができれば、どんどん新しい体制に移っていけると思います。ところが、今は、例えば仮に本当に優秀な人材がいて、中途採用したくても、年功序列でポジションが空いていないからできない。これでは何もできません。

 もちろん、解雇されないという条件で雇われた人を解雇してはまずいですが、高い給料を得る代わりに解雇されてもいいんだ、というような条件で人を雇うこともなかなかできないというのは問題だと思います。日本では法律上、解雇が非常に制約されています。

コメント3件コメント/レビュー

体力が溢れ部下もいない20台の独身若手にハングリー精神を求めるならまだわからなくもありませんが、同じ長時間働くのでも、家庭を持ち上からの指示命令を受けて責任もある部下の面倒も見なければならない雇われ管理職と、自分の好きなように働ける創業者とでは、受けるストレスの大きさがあまりにも異なり、同一次元で議論することは意味がありませんね。
しょうもない研究も、長年死蔵していた研究が数十年後に華を開くこともあるわけで、その分別が難しい。
総理の暴走はモリカケ問題を抜きにしてもかなり酷いです。プレミアムフライデーのようなぽしゃってもあまり被害を受けないレベルならまだ可愛いもので、国民の目の届かない所でよくわからないチームを作って勝手に議論を行っている。で、既存の審議会や部会が減らされたかというとそうでもない。
保育園はまだしも幼稚園を無償化して得をするのは誰ですか? それよりも待機児童問題の解消のほうがどう見ても優先順位は高いでしょう。岩盤規制破壊より身内の無駄をなくして欲しいですし、国民がチェックできる所で議論して欲しいです。(2018/01/10 11:05)

オススメ情報

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

体力が溢れ部下もいない20台の独身若手にハングリー精神を求めるならまだわからなくもありませんが、同じ長時間働くのでも、家庭を持ち上からの指示命令を受けて責任もある部下の面倒も見なければならない雇われ管理職と、自分の好きなように働ける創業者とでは、受けるストレスの大きさがあまりにも異なり、同一次元で議論することは意味がありませんね。
しょうもない研究も、長年死蔵していた研究が数十年後に華を開くこともあるわけで、その分別が難しい。
総理の暴走はモリカケ問題を抜きにしてもかなり酷いです。プレミアムフライデーのようなぽしゃってもあまり被害を受けないレベルならまだ可愛いもので、国民の目の届かない所でよくわからないチームを作って勝手に議論を行っている。で、既存の審議会や部会が減らされたかというとそうでもない。
保育園はまだしも幼稚園を無償化して得をするのは誰ですか? それよりも待機児童問題の解消のほうがどう見ても優先順位は高いでしょう。岩盤規制破壊より身内の無駄をなくして欲しいですし、国民がチェックできる所で議論して欲しいです。(2018/01/10 11:05)

取っ掛かりとして、「移民受入れ推進」を唱える知識人層を先ず「移民」に置き換えて、「移民」に其の仕事を譲り渡した日本人の知識人層を単純な肉体労働を担う労働者として働かせるのが良いと思いました。(2018/01/10 10:18)

綺麗な言葉の裹を読むと、怠け者経営者の都合を押し付ける話ばかり。

・安価な賃金で良く働く労働者が欲しい(外人でもいい)
・安価な賃金で育てる手間のいらない労働者が欲しい(老人でもいい)
・でも、安定雇用みたいな長期コストは背負いたくない(新人を上手く育てられなかったらボイしたい)
・でも、自分たちオッサン経営者世代は安定雇用を頼りに入社したし、自分もいきなりクビはカンベン(それはこれからの世代でやろうよ)

駄々っ子か!?(2018/01/10 08:38)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

目に見えない部分、 普段は気付かれない部分に 象印の強さがある。

市川 典男 象印マホービン社長