• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

『宝くじで1億円当たった人の末路』がドラマ化

  • 日経ビジネス編集部

バックナンバー

[1/1ページ]

2018年2月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経BP社(本社:東京都港区、社長:新実 傑)のビジネス書『宝くじで1億円当たった人の末路』(鈴木信行=日経ビジネス副編集長著)がドラマ化されることが決定しました。

 本書は、2017年3月の発売以来、累計14万部を超えるベストセラーとなっています。表題にある「宝くじで1億円当たった人」をはじめ、「事故物件を借りちゃった人」「キラキラネームの人」「『友達ゼロ』の人」「賃貸派」など、多くの人が気になるであろう人の末路を、著者が取材。どんな末路が待ち受けているのかを専門家とともに導き出し、同時にビジネスパーソンとしての“心構え”なども解説しています。

 人生の選択肢が多様に広がる現代において、自分が「選んだ人生」が果たして正しかったのか、また「選ばなかった人生」の先に何が待ち受けるのか、多くの人が不安を抱きながら生きています。本書では様々な末路を通して、読者に「もっと自由に生きていい」というメッセージを伝えています。

 発売以降、雑誌、新聞、ラジオなどでの紹介が続くなか、ついに本書を原案としたドラマの放映が決まりました。

 『宝くじで1億円当たった人の末路』の原案同様、ドラマでも「人生の選択とその末路」が描かれます。ぜひ、原案と連続ドラマを一緒にご覧ください。

ドラマ概要
日本テレビ 深夜ドラマ「シンドラ」第4弾『○○な人の末路』

【放送予定】 2018年4月23日(月)からスタート

【放送時間】 月曜深夜24時59分スタート

【主演】 大人気グループ“Kis-My-Ft2”からこの4人!
・横尾 渉 「仮想通貨で思わず大金を手に入れちゃった人の末路」
・宮田俊哉 「日本一顧客思いのクリーニング店を経営する人の末路」
・二階堂高嗣 「疲れた。田舎でのんびり暮らしたいと思った人の末路」
・千賀健永 「事故物件を借りちゃった人の末路」

【プロデューサー】 徳永清孝 長谷松太郎 松山雅則

【演出】 狩山俊輔 ほか

【制作協力】 トータルメディアコミュニケーション

【制作著作】 日本テレビ ジェイ・ストーム

【番組公式ホームページ】
http://www.ntv.co.jp/matsuro

【原案】 鈴木信行『宝くじで1億円当たった人の末路』(日経BP社刊)

商品情報

書名: 宝くじで1億円当たった人の末路
著者: 鈴木信行
発売: 2017年3月28日
定価: 本体1400円+税
ISBN: 978-4-8222-3692-2
発行: 日経BP社
発売: 日経BPマーケティング
判型: 四六判・並製・360ページ

内容: 「宝くじで1億円当たったら……」。こんな淡い期待を胸に、宝くじ売り場につい並んでしまうビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。果たして、「宝くじで1億円当てた」後に待ち受ける末路とはどんなものなのでしょうか。
 私たちの人生の選択肢は、飛躍的に広がりました。誰もがその気になれば、大抵の挑戦はできる。そんな時代に私たちは生きています。でもその割には、「いろいろ挑戦して人生を楽しんでいる人」って少ないと思いませんか?みんな実は、人生で一つの「選択」をした後、どんな「末路」が待ち受けているかよく分からなくて、不安なのだと思います。
 だったら、気になる様々な人生の「末路」を専門家や経験者に取材してしまえばどうか。
 いろいろな「末路」を知れば、きっとあなたの心は解き放たれます。

公式サイト

日経BPブックナビ

このリリースの内容に関するお問い合わせは、日経BP社 日経ビジネス編集部(電話
03-6811-8101)、取材については日経BP社 経営企画室・広報(電話03-6811-8556)にお願いいたします。

オススメ情報

「編集部よりお知らせ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

メーカーの役割は 感動するレベルの商品を作ることです。

小路 明善 アサヒグループホールディングス社長兼CEO