• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アマゾンGOの無人レジに秘められたKPI革命

世界最先端のマーケティング(2)

2018年3月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 前回は、我々の著書『世界最先端のマーケティング』のタイトル決定までの裏話に走ってしまったので、今回は少しアカデミックな話から始めたい。何の話かというと、「オムニチャネル」と「顧客とのつながり」に関する論説である。

 フィリップ・コトラーは『コトラーのマーケティング4.0』の中で次のように述べている。

 「新しいタイプの顧客の特性は、マーケティングの未来がカスタマー・ジャーニー全体にわたってオンライン経験とオフライン経験のシームレスな融合になることを、はっきり示している」

 この指摘はどういう意味を持つのか、簡単に解説しよう。

変化したのは「店舗」ではなく「顧客管理」

 マーケティングにおけるチャネル論では、小売業におけるチャネル形態の変遷を以下のように捉えている。

 シングルチャネル→マルチチャネル→クロスチャネル→オムニチャネル

■チャネル形態の変遷
NRF MOBILE RETAIL INITIATIVE, 「Mobile Retailing Blueprint V2.0.0」より引用、筆者加筆

 ここではそれぞれの説明を省略するが、シングルチャネルからクロスチャネルに至る過程と、クロスチャネルからオムニチャネルへの過程では大きな違いがある。

コメント1件コメント/レビュー

メーカーで良く言われるところの「プロダクト・アウトでなくマーケット・イン」の思想の流通版というところでしょうね。(2018/03/27 09:36)

オススメ情報

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

「アマゾンGOの無人レジに秘められたKPI革命」の著者

奥谷 孝司

奥谷 孝司(おくたに・たかし)

オイシックスドット大地COCO

1997年良品計画入社。2005年「足なり直角靴下」を開発してヒット商品に育てる。その後「MUJI passport」をプロデュース。2015年オイシックス(現オイシックスドット大地)に入社し、現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

岩井 琢磨

岩井 琢磨(いわい・たくま)

大広 プロジェクト・マネージャー

1993年大広入社。インストア・プランナー、クリエイティブ・ディレクター、ブランド・コンサルタントなどを経て現職。早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了(MBA)。著書に『物語戦略』(共著)など。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

メーカーで良く言われるところの「プロダクト・アウトでなくマーケット・イン」の思想の流通版というところでしょうね。(2018/03/27 09:36)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

右肩上がりの経済が終わった社会では 「継続性」が問われます。

宮本 洋一 清水建設会長