スマートイヤホンで買い物も可能に

同時通訳の実現も間近

イヤホンが音楽を聴くための道具から、超小型コンピューターに進化し始めた。複数のセンサーを駆使してスマホを操り、装着している人物を認証して決済にも使う。同時通訳の実現も間近。イヤホン無しでは生きられない世界も現実味を帯びてきた。

(日経ビジネス2018年3月26日号より転載)

スマートイヤホンが実現するサービス
●各社のスマートイヤホンが搭載する機能
(写真=スタジオキャスパー)

 「この曲はもう飽きたな。次の曲にしよう」。スマートフォンで音楽を聴きながら、首を右にさっと振る。すると、要望通り次の曲が再生された──。ソニーモバイルコミュニケーションズのイヤホン「Xperia Ear(エクスペリア イヤー)」を装着すれば、「声」と「首の動き」を使ってスマホを操作できるようになる。

 指で簡単に操れることでスマホは爆発的に普及した。だが「手が塞がる」「視野が狭くなる」といったデメリットもあり、「歩きスマホ」は社会問題となった。そこで脚光を浴びているのが、様々なセンサーを内蔵した「スマートイヤホン」だ。

 Xperia Earのイメージは、耳に入れて持ち歩ける「AIスピーカー」だ。価格は約2万円と、一般的なイヤホンと比べてかなり高いが、これまでにない機能を数多く備えている。

 イヤホンを耳に装着すると、スマホと連動して最新ニュースや天気を読み上げる。ショートメッセージやLINEの読み上げにも対応し、声で文面を入力してそのまま返信することもできる。「渋谷駅まで行きたい」と音声で指示すれば、スマホがルートを探して、音声で行き方を案内してくれる。

 こうした一連の操作で、スマホの画面を見たり指でさわったりする必要はほとんどない。米アマゾン・ドット・コムや米グーグルが投入したAIスピーカーの機能を、スマホと連携しながら耳元で実現している。

バックナンバー

著者プロフィール

白井 咲貴

白井 咲貴

日経ビジネス記者

2017年3月大学卒業、大学では国際政治学を専攻。同年4月、日経BP社に入社。日経ビジネス編集部に配属され、旅行・レジャー・ホテル業界、家具・雑貨専門店を担当している。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

66%

まあ参考になった
 

22%

参考にならなかった
 

11%

ぜひ読むべき
 

22%

読んだほうがよい
 

66%

どちらでもよい
 

11%

いただいたコメントコメント0件

コメントを書く