• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

酒は百薬の長、ではなかった。それでも飲むなら

飲むべきか、飲まざるべきか、それが問題(3)

2018年6月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

お酒を飲む人にとって他人事ではないけれども実態はよくわからない「アルコール依存症」。世の酒好きのなかには、「酒は百薬の長」という言葉が示す、飲酒の健康効果を信じたい人も多い。でもそれは医学的に正しいのか? 「元アル中」コラムニストで『上を向いてアルコール』の著者・小田嶋隆さん、酒ジャーナリストで『酒好き医師が教える最高の飲み方』の著者・葉石かおりさん、同書の監修者である肝臓専門医の浅部伸一さんが語り合います。

依存症のせいで、立ち食いそば屋を出禁になった

葉石かおり(以下、葉石):2013年の厚生労働省の調査によると、アルコール依存者数は109万人で、その下には多量飲酒者、つまりアルコール依存のハイリスク群(予備群)が980万人もいる、と推計されています。

2013年の厚生労働省研究班の調査による推計。アルコール依存症者数は「ICD-10」の診断基準によるもの。ハイリスク群の多量飲酒者は、飲酒する日には純アルコール換算で60g以上飲酒している人。

浅部伸一(以下、浅部):小田嶋さんは、かつてこのピラミッドのトップにいたことがあるわけですが……。私も実は、自分が普段飲んでいる量から考えると、ハイリスク群ではあるので、頂点にのぼりつめないためにはどうすればいいのか、ということには興味があります。

とはいえ、好き勝手に飲みまくってもアルコール依存にならないですむような、特効薬のようなものは存在しません。葉石さんの本『酒好き医師が教える最高の飲み方』にもありますが、基本的には飲酒量を抑えるしかないんですよね。

小田嶋隆(おだじま・たかし)
1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、小学校事務員見習い、ラジオ局ADなどを経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。(写真:鈴木愛子、以下同)

葉石:結局は、そこに行き着くんですよね。

浅部:量を抑えるためには、前後不覚にならないよう、ゆっくり酔うようにする、また飲む時間を制限してダラダラ飲まない、といったことに気をつけるしかないと思います。

葉石:大酒飲みの人って、飲み始めるとあまり食べなくなりますよね。私は食事とお酒を一緒に楽しみたいタイプなので、それが不思議なんですけど……。

小田嶋隆(以下、小田嶋):ちゃんと理由があります。依存症になるような人がなぜ食べないかというと、食べ物が入ると酒が入る量が減っちゃうから。お腹の容量を空けておきたいんです。胃にものが入っていると、スムーズに酔えないんですよね。

浅部:血中アルコール濃度をできるだけ速く上げたい、と(笑)。本当は食べ物だけでなく、水も飲んだほうがいいんですよ。それはアルコールを飲むことによる脱水を防ぐのと、お腹を膨らませて飲酒量を減らすという効果があります。

小田嶋:ああ、依存症者にとっては、ゆっくり飲むことも、途中で水をのむことも、何なら会話することも、全部酒をまずくする要因なんですよね。

(一同笑い)

コメント12件コメント/レビュー

飲めなかった伴侶を晩酌の友にして30数年。いまや、師に増さる酒量となりました。せめて休肝日をと思いますが、主婦の仕事に休みはないとのことで、お酒も休みません。しゃべりで勝ったことはありませんが、何かうまい窘めかたはないもんですかな。(2018/09/13 12:36)

オススメ情報

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

「酒は百薬の長、ではなかった。それでも飲むなら」の著者

崎谷 実穂

崎谷 実穂(さきや・みほ)

ライター/編集者

北海道札幌市生まれ。人材ベンチャーでコピーライティングを経験後、広告制作会社で新聞広告を担当、100名近くの著名人などに取材。2012年に独立。ビジネス系の記事、書籍のライティング・編集を中心に活動。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

飲めなかった伴侶を晩酌の友にして30数年。いまや、師に増さる酒量となりました。せめて休肝日をと思いますが、主婦の仕事に休みはないとのことで、お酒も休みません。しゃべりで勝ったことはありませんが、何かうまい窘めかたはないもんですかな。(2018/09/13 12:36)

ギャル曽根は大食漢ですが、普通の人が同じ勢いで同じくらいくらい食べたら救急車でしょう。
同じように、どれだけ飲んでも病院の世話にならない、依存症と無縁の人もいるのですね。
(一番最初のコメントの方)

普通の人は病院送りです。
自分がギャル曽根レベルと思う人は飲むもよし、でも違ったときは地獄を見ます。
私はそこまでレベル高くないので飲みません。が
酒を避けても、甘いものや買い物やネット依存も待ち構えています。(2018/06/20 21:08)

タバコは強烈に規制されているのに、酒については甘々ですよね。
少量でも健康を害するのに、なぜ、こんなに大量消費されているのでしょう?
酒は麻薬等の薬物と同じ扱いでいいと思います。
ちなみに、私はアルコールは一滴も飲みません(笑)。(2018/06/20 15:07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

特徴が伝わり、ついでにクスッと笑える名前がいい。

包行 均 キャニコム会長