• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

北のミサイル攻撃、3段階ある空の「盾」

弾道ミサイル防衛システムを元航空自衛官が解説

  • 上村 康太

バックナンバー

[4/5ページ]

2017年7月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント13件コメント/レビュー

迎撃率を公表されることはないだろうけど、20~30%位じゃない?
核ミサイルなら日本は壊滅的な打撃を受けることは間違いない。

迎撃システムでは日本の安全保障は確立できないと思うけどね。(2017/07/14 14:47)

オススメ情報

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

迎撃率を公表されることはないだろうけど、20~30%位じゃない?
核ミサイルなら日本は壊滅的な打撃を受けることは間違いない。

迎撃システムでは日本の安全保障は確立できないと思うけどね。(2017/07/14 14:47)

ミサイル防衛に「万全」は無いことを理解した。また,SM-3やPAC-3で撃ち落とせたとしても,高速の落下物が都心周辺に落下することは回避できないのではないか。また,弾頭の攻撃力を本当に無力化できるのか。着弾点が変わっても,水爆が首都圏で爆発すれば被害は甚大だ。その辺の防衛戦略はどうなっているのか。最高機密だろうがどうなのかを知りたい。(2017/07/14 14:22)

こういう風に撃墜することになっている、という話はよく見聞きしますが、本当にそんな風に想定通りに撃墜できる物なのでしょうか。
北朝鮮が試験的に発射したミサイルを一度撃ち落としてみてはいけないのでしょうか?日本の領海上に落ちてきたり、日本の上空を通過していくものは撃ち落としていいんじゃないかと思うのですが。(2017/07/14 13:03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長