• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

還暦の男、ドイツまで昭和28年製ポルシェで走る

走行距離1万5463kmのひとり旅

2018年9月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2018年6月8日、ドイツ・シュトゥットガルト、ツッフェンハウゼンにあるポルシェミュージアムで、ポルシェのスポーツカー誕生 70 周年を記念したイベントが盛大に行われた。1948 年6月8日に初めて“ポルシェ”の名を冠したスポーツカー「356“No.1”ロードスター」が登録されてからちょうど70年の歳月が流れたというわけだ。

ポルシェミュージアムではスポーツカー生誕70周年を記念し、「356“No.1”ロードスター」が展示されている

 このタイミングに合わせ、日本からドイツ・シュトゥットガルトの本社まで、自身が所有する1953年式 356(通称プリA)で、のべ53日間で8カ国をまたぎ、1万5463kmを走破した日本人がいる。ポルシェ本社公認の356オーナーズクラブ「ポルシェ 356 クラブ・オブ・ジャパン」の会長である鈴木利行さんだ。

日本からドイツのポルシェ本社まで1万5463kmを、1953年式のポルシェ356で完走した「ポルシェ 356 クラブ・オブ・ジャパン」会長の鈴木利行さん

 偶然にもそのゴールの場に居合わせることができたのだが、ゴール地点のポルシェミュージアム前にはいつの間にか大きな人だかりができていた。まるでハリウッドスターでもやってきたかのような、現地の人たちの鈴木さんへの熱狂的な歓待ぶりにとにかく驚いた。

老若男女、次から次へといろんな人たちが鈴木さんに「ファンタスティック ジョブ!」と声をかけ、記念撮影を始めるのだ。日本じゃなかなかこうはならない

 なぜこんな挑戦をしてみようと思ったのか、なぜそれほどまでにポルシェに魅せられたのか、ご本人に話を聞いてみた。

乗り継いだポルシェは21台

大変な偉業ですね。鈴木さんが初めてポルシェに乗られたのはいつのことですか?

鈴木さん(以下敬称略):22歳のときだから、約38年前かな。

20代でいきなりポルシェ。

鈴木:それまでクルマにはまったく興味なかったのよ。356を持っていた知人の助手席に乗って山道を下って家の方面まで送ってもらったことがあって。じゃあここでってクルマを降りて走り去っていくのを見て、「あれは一体なんだっ!」て。もう完璧に虜になった。

それでは、最初から356に?

鈴木:いや、さすがに356は高くて。でもその2週間後には911を買ってた。67年式の2リッターのS。中古車で160万円くらいで、もちろん安くはないけど、当時はまだ無理をすれば買えたんだよね。

そこからポルシェ歴が始まって、何台乗り継いでこられたんですか?

鈴木:このあいだ嫁さんがマカンを買って、その時に数えてみたらこれまで我が家に嫁いできたポルシェは21台だった。

ニ、ニジュウイチ台ですか……。この356はいつから?

鈴木:この356を手に入れたのは15年前くらい。かなり傷んでいて自分でレストアした。レストアが趣味なんですよ。板金塗装とかエンジンのオーバーホール以外は全部、自分でやってしまうんです。

でも、なぜドイツまで走ろうと思われたんですか?

ポルシェ社は当時ドイツ・シュトゥットガルトから戦火を逃れてオーストリアのグミュントに疎開しており、そこで356の試作1号車が誕生した。鈴木さんのクルマは1950~1955年にかけて生産された、のちのA型になる以前という意味で“プリA”と呼ばれる希少車

コメント15件コメント/レビュー

ウラジオストック経由でのドイツ、ポイントとディストリビューターでの配電、燃料ポンプ交換、古いポルシェで全行程自走、但しGPSとタブレットの助けは借りて・・こんなワクワクする記事を届けて貰って感謝です。
学生時代にポンコツの国産車で始めた車いじりもフルトラとインジェクションに代わっていく過程ですっかり足が遠のいてしまいました。オイル交換もディーラー任せで、エンジンカバーさえ外さなくなった自分を反省しています。腕は棚にあげて、調整次第で走ってくれる車にはノスタルジー以上の思い入れを持ちますね。過走行のマカンを休ませながら、先先代のジムニーを手に入れていじり倒したいという気持ちがまたまた湧き上がってきました。(2018/09/14 14:03)

オススメ情報

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

「還暦の男、ドイツまで昭和28年製ポルシェで走る」の著者

藤野 太一

藤野 太一(ふじの・たいち)

フリーランスエディター/ライター

大学卒業後、自動車誌カーセンサー、カーセンサーエッジの編集デスクを経てフリーの編集者兼ライターに。日経ビジネスオンラインでは、連載開始時より2017年まで「走りながら考える」のアドバイザーを務めていた。自動車関連の分野をはじめとしビジネスマンを取材する機会も多く日経トップリーダー、日経デジタルマーケティングなどにも寄稿する。JMS(日本モータースポーツ記者会)所属

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ウラジオストック経由でのドイツ、ポイントとディストリビューターでの配電、燃料ポンプ交換、古いポルシェで全行程自走、但しGPSとタブレットの助けは借りて・・こんなワクワクする記事を届けて貰って感謝です。
学生時代にポンコツの国産車で始めた車いじりもフルトラとインジェクションに代わっていく過程ですっかり足が遠のいてしまいました。オイル交換もディーラー任せで、エンジンカバーさえ外さなくなった自分を反省しています。腕は棚にあげて、調整次第で走ってくれる車にはノスタルジー以上の思い入れを持ちますね。過走行のマカンを休ませながら、先先代のジムニーを手に入れていじり倒したいという気持ちがまたまた湧き上がってきました。(2018/09/14 14:03)

この火曜日に3週間のヨーロッパ旅行から帰ってきたばかりなのですが、ロマンチック街道をレンタカーでドライブする旅の途中、、シュツットガルトのポルシェ博物館に立ち寄りました。
見学を終えてカフェテリアでサンドイッチなどを食べていた時、展示されている日本から来た苦闘の跡が見える古い356に気が付きました。
記念に、展示パネルやガラス越しの車の写真を撮ったのですが、今回、
背景のストーリーを伺う事が出来て、大変うれしく、また驚きました。
(ここには、写真の添付などはできないのですよね)
パネルを見たときは、その大変さに気が付きませんでしたが、記事を読んで、
一人旅の孤独や不安などいろいろあった事でしょうが、何とかなると言うおおらかな精神が
この大事業を完遂させたのだと思いました。
別件ですが、旅行中、日本では台風や地震などネットで確認していましたが、あまりピンと来ていませんでしたが、帰りの飛行機のラウンジで見た新聞の写真でようやく深刻さに気が付きました。
ネットサマリーニュースは、衝撃を相当和らげますね。(2018/09/13 11:05)

とても自分でやってみる勇気はありませんが、これぞ男のロマンという感じで素晴らしいです。出来ればこのサイトで出発から到着までの旅程を写真交じりで紹介(連載)して頂きたい。(2018/09/12 22:51)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

やることなすことうまくいって会社が楽しくなりました。

前澤 友作 ZOZO社長