• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

避けられない老眼、対策は3通り

水晶体の硬化は10代から始まっている

2016年12月19日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 40代半ばともなると、小さい字が読みにくくなってくる。これが老眼。医学的には「完全矯正下で40cm視力が0.4未満」と定義されている。つまり、裸眼や近視用の眼鏡をかけた状態で、目から40cm先のものが見えにくくなることだ。

 「原因は水晶体の硬化。進行度合いに個人差はあるが、全ての人に起こる現象」と、南青山アイクリニック(東京都港区)の戸田郁子院長は説明する。

老眼の原因は水晶体の硬化
●水晶体が柔軟に変形してピントを調節する
●水晶体の硬化は10代から始まっている
出所:『医療従事者のための眼科学』(医学書院)

 眼球においてレンズの役割を担う水晶体はもともと柔軟な器官だ。周囲についている毛様体筋という筋肉の動きで、近くを見るときは水晶体が厚くなってピントが合う。ところが年を取ると水晶体が硬くなり、変形しにくくなる。実は、水晶体の硬化は10代のうちから始まっている。40代になると40cm先にピントが合いにくくなり、読書に支障を来すようになるわけだ。

 老眼は放っておいても進行が早まるわけではないが、ピントが合わないものを無理に見ようとする負担は大きく、「頭痛や肩こりの原因にもなる」と戸田院長。早めに手を打った方がいい。

 対策は眼鏡(老眼鏡)、コンタクトレンズ、手術に分けられる。

オススメ情報

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

「避けられない老眼、対策は3通り」の著者

伊藤 和弘

伊藤 和弘(いとう・かずひろ)

ライター

フリーライター。1967年生まれ。新潟大学法学部卒業。医療・健康分野、文芸・マンガ関係の記事を中心に執筆。著書に『少年マガジン伝説』(電子書籍)がある。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

旅行業だけを追いかけて大きな成長が 見込める時代ではなくなりました。

高橋 広行 JTB社長