• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

平昌で「米日VS南北」の戦いが始まる

軍事演習廃止を要求する北朝鮮、それを支える韓国

2018年1月30日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

平昌五輪で韓国と北朝鮮は女子アイスホッケーの合同チームを編成。「平和ムード」を演出するが…(写真提供:大韓体育会/Lee Jae-Won/アフロ)

 (前回から読む)

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪を期に、韓国と北朝鮮が共闘体制に入った。敵は米国だ。

演習は永遠にやめよ

平昌五輪を前に平和ムードが盛り上がっています。

鈴置:表面的には「平和ムード」ですが、実態は韓国と北朝鮮による「米国追い出し作戦」です。米韓合同軍事演習の再延期、あるいは完全な廃止に向け、南北は手を携えて動いています。

 まず北朝鮮が「演習を永遠にやめよ」と言い出しました。朝鮮中央通信の「朝鮮政府・政党・団体連合会議」(1月24日付、日本語版)という見出しの記事から引用します。

  • 最高指導者金正恩委員長が今年の新年の辞で提示した祖国統一課題の貫徹のための朝鮮政府・政党・団体連合会議が24日、平壌で行われた。
  • (報告者と各討論者は)南朝鮮当局が米国との戦争演習を永遠に中断し、南朝鮮に米国の核戦略資産と侵略武力を引き込む一切の行為を中止すべきだと強調した。

 「戦争演習を永遠に中断せよ」――延期した米韓合同軍事演習を実施に移さず完全にとりやめよ、と北朝鮮は要求したのです。

 合同演習は例年、3月上旬から約2カ月間実施されます。しかし、今年は1月1日の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の平昌五輪への参加表明を受け、米韓が急きょ延期しました(「『五輪休戦』で金正恩の窮地を救う文在寅」参照)。

偽装平和攻勢に反撃した米国

北朝鮮の要求に対し、米国はどう反応しましたか。

鈴置:直ちに反撃に出ました。朝鮮日報の「米『北に変化はない……軍事パレードは国際社会への挑戦』」(1月27日、韓国語版)が、米国の反撃ぶりをまとめています。

  • ネラー(Robert Neller)海兵隊総司令官は1月25日にワシントンのCSIS(戦略国際問題研究所)の講演会で「(朝鮮半島での演習は)相手に『我々は準備を終えた。我々と争わない方がいいぞ』と理解させるためのものだ」と述べた。合同演習を中断する考えはないということだ。
  • マティス(James Mattis)国防長官も1月25日、「1953年以降、軍事オプションは残っており、今も存在している」と述べた。北朝鮮との対峙の状況に変化はない、という意味だ。
  • 米国防総省と韓国の合同参謀本部が1月25日、同時に五輪後に直ちに合同演習を再開すると発表したのも、五輪を利用した北朝鮮の偽装平和攻勢を事前に食い止める目的と見られる。
  • 1月26日、ナッパー(Marc Knapper)駐韓米大使代理は「(北朝鮮による合同演習の永久中断の要求は)話にならない。とても受け入れることはできない」「演習は五輪終了後に必ず再開する」と述べた。

助太刀に出た韓国

一斉射撃ですね。

鈴置:すると、韓国が北朝鮮の援護射撃に出たのです。1月26日、趙明均(チョ・ミョンギョン)統一部長官がソウル市内で講演し、合同演習が平和の邪魔物であるかのように語りました。

 朝鮮日報の「統一部長官『韓米訓練再開で昨年に逆戻り』『北、2月8日に脅威与える軍事パレードを準備中』」(1月26日、韓国語版)から、その発言を拾います。

  • 韓米合同軍事演習を再開すれば、北朝鮮は当然、猛烈な強度で反発するだろう。北朝鮮が挑発に出る可能性が高い。
  • すると再び北朝鮮に対する追加制裁を科すという悪循環に陥り、昨年と一昨年のような(緊張)状況に急速に戻る可能性が高いというのが現実的な見通しだ。

合同演習を厄介者扱いしましたね。

鈴置朝鮮日報の記事も触れていますが、米韓の軍当局はパラリンピック(3月9日―18日)終了後、直ちに合同演習を実施すると宣言しました。何と言われようと、やめるつもりはありません。

 ブルームバーグの「U.S. Military Drills With South Korean Planned After Olympics」(1月25日)が以下のように報じています。

  • 韓国国防部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官は1月25日、米韓合同軍事演習は平昌五輪・パラリンピックの後、3月末に“普通”(“normal” )に実施されると会見で明かした。
  • 米国防総省もそれに声を合わせた。マッケンジー(Kenneth McKenzie)中将は記者らに「五輪期間中に一時中断したものであり、演習は五輪が終われば直ちに実施する」と語った。

 「普通」(normal)に――とは、演習の規模や期間は縮小せずに、との意味でしょう。開始時期は3月25日ごろと見られています。

コメント71件コメント/レビュー

(2018/02/01 14:04)
>南は構造的に米国を必要とする。米国と対立などできないのである。せいぜい、大好きな北に秋波を送ることができるくらいだ。

すでに、答えを書いていますね。

>これからの五輪、そして五輪以後、日米首脳が驚くほど韓国に優しい側面を見せるであろうことを

にもかかわらず、この結論。
何が言いたいんですか?
一時的に甘い顔見せたがために、こんな行動(アメリカに有害な)を取る半島を・・・
国内の一部議員が認めても、アメリカが容認するという根拠はなんですかね?
もしかして中国市場とか言い出すかもしれないので一応釘刺しておきますが
たかが、中国の新興市場(中国共産党の一言でガラリと変わるのに)のために
本土の危機を見逃すほど、アメリカは甘くないですよ。(2018/02/03 18:40)

オススメ情報

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「平昌で「米日VS南北」の戦いが始まる」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

韓国観察者

元日本経済新聞記者。1995~96年ハーバード大学日米関係プログラム研究員、2006年イースト・ウエスト・センター(ハワイ)ジェファーソン・プログラム・フェロー。02年度ボーン・上田記念国際記者賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

(2018/02/01 14:04)
>南は構造的に米国を必要とする。米国と対立などできないのである。せいぜい、大好きな北に秋波を送ることができるくらいだ。

すでに、答えを書いていますね。

>これからの五輪、そして五輪以後、日米首脳が驚くほど韓国に優しい側面を見せるであろうことを

にもかかわらず、この結論。
何が言いたいんですか?
一時的に甘い顔見せたがために、こんな行動(アメリカに有害な)を取る半島を・・・
国内の一部議員が認めても、アメリカが容認するという根拠はなんですかね?
もしかして中国市場とか言い出すかもしれないので一応釘刺しておきますが
たかが、中国の新興市場(中国共産党の一言でガラリと変わるのに)のために
本土の危機を見逃すほど、アメリカは甘くないですよ。(2018/02/03 18:40)

なりふりかまわず、南北統一で強行突破ということですね。感情で動く朝鮮民族ですから、オリンピックでの高揚感で一直線となりそうです。
民族の核と南の経済力で、中国にもやっとものが言えるようになり、なんといっても日本を脅すことが出来るから、多少のことはどうでもよく、突き進んでいくのでしょうか。

何か、安部さんも韓国に行っても悪役にされるだけなので、行くことには反対です。釘をさそうとしても、聞く耳持たないユーフォリアとなっているところに行っても、意味がありません。

米国も、韓国が北シンパに完全にコントロールされているのが確認できたとしても、もう後の祭りかな。
こうなると、北が頭に乗って、ますます日米に言いたい放題ですか。

しかしながら、こうなると米国はオリンピック後、北の暴発を誘って、爆撃する理由作りとなりすね。
不人気のトランプさんは、人気回復をはかるのならば、もっともらしい理由が出てくるチャンスを待つのでしょう。
というか、作りにいくのでしょうね。(2018/02/03 10:34)

>南(韓国)が北に飲み込まれたくないと考えているのなら、南は構造的に米国を必要とする。

ムンちゃんとその取り巻きは北に飲み込まれても良いと考えてんだが・・・。

>これからの五輪、そして五輪以後、日米首脳が驚くほど韓国に優しい側面を見せるであろうことを、本コラムの読者はきっとこれから痛感することだろう。

ビクター・チャ氏の駐韓大使への就任が取り消しになったみたいだね。

http://japanese.joins.com/article/091/238091.html

取り消しになった理由は・・・。

>WPによると、チャ氏はいわゆる「bloody nose(鼻血)戦略」として知られている、北朝鮮に対する制限的な攻撃に対して懸念を提起し、トランプ政府が韓米自由貿易協定(FTA)を廃棄すると圧力をかけることにも反対した。

からだそうな。
なお、相手国側に承認された大使の就任が取り消しになるのはレアケースなのだとか。

>これに先立ち、米政府はチャ氏を駐韓米国大使に内定し、昨年12月には韓国政府にアグレマン、すなわち任命同意を要請して韓国政府は直ちに承認手続きを完了していたことが分かっている。アグレマンまで受けた大使内定者を指名しないのは非常に珍しい。

これもコメリカ様の優しさの表れなんですかねー?(2018/02/03 03:08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本には、まだ中国が決して勝てないものがある。それは、優れた「中間層」の人材だ。

丹羽 宇一郎 伊藤忠商事元会長