• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

米朝首脳会談は本当に開かれるのか

「シリア空爆」で脅し「リビア式解決」を目指すトランプ

2018年4月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

軍事攻撃を受けたシリアの首都ダマスカス上空で14日に確認されたミサイルの光(写真:AP/アフロ)

前回から読む)

 米朝首脳会談が開かれるのか、怪しくなってきた。

存亡の危機に立つ金正恩体制

鈴置:4月9日、トランプ(Donald Trump)大統領は「5月か6月初めに米朝首脳会談を開く」と語りました。でも、金正恩(キム・ジョンウン)委員長がそれに応じるのか、疑問符が付いています。

 米朝首脳会談でトランプ大統領が「直ちに核を放棄するか、しないのか」と厳しく問い詰めるのは確実です。

 金正恩委員長がへ理屈をこねて時間稼ぎに出ようものなら、米国は「これだけ手を尽くしても外交的には解決できなかった」と宣言し、軍事攻撃に乗り出す可能性が高い。

 米朝首脳会談を開けば、北朝鮮は空爆されるか、核を即時に廃棄するかの2択に直面するわけです。どちらに転んでも金正恩体制は存亡の危機に立ちます。

 4月14日未明(現地時間)のシリア空爆で「明日は我が身」と北朝鮮の指導部は肝を冷やしたことでしょう。そんな墓穴を掘る会談に金正恩氏が応じるのか――。米国や日本の朝鮮半島問題の専門家の間では、米朝首脳会談の「不発説」が広がっています。

コメント87件コメント/レビュー

(2018/04/23 20:15)

>中露韓の制裁は武力衝突を避けつつ核問題解決を図る手段だよ。中露韓にアメリカの軍事攻撃に協力する意思はない。

 鈴置氏は、すでに“米中は手を組んでいる”と次回の「しょせんは米中の掌で踊る南北朝鮮」の中で語り、中国は米国の攻撃を容認する事で話はついていると言っています。貴方の言っている事とは正反対です。ぜひ議論の場をそちらに移して、鈴置氏に対する反論をきちんとしていただきたい。楽しみにしています。

>中露が38度線の南側にいる「国連軍」に安保理常任理事国として自国兵力を参加させたら、もしかしたら協力しているとみなしてもいいかもしれないけど、

 なにそれ?。米中露韓連合軍が揃って北朝鮮に進撃しないと「中露韓の協力が得られ」た状態にはならない、というのがあなたの定義なんですか?。そんな無茶苦茶な話、私は他では全く聞いた事が無いんですけど。次回のあなたの文章には、ぜひその無茶苦茶な定義についてもきちんと記しておいてください。そうでないと私の様に、「米軍の行動を黙認」程度で中国の協力が得られたと勘違いしちゃう人が出てくるかもしれないんで。そりゃ、あなたと議論なんて、噛み合うわけないわ。

>鈴置さんのコラム以外も読むといいよ。鈴置さんは嫌韓バイアスが半端ないから見方が偏ってしまう。

 つまりあなたが前回言っていた他の誰かのコラムには、<<米中ロ韓連合軍が揃って北朝鮮に進撃しないと「中露韓の協力が得られ」た状態にはならない>>と書いてあると考えて宜しいのでしょうか?。ぜひそれが誰のコラムなのか後学の為に教えて貰えませんか?。

>トランプ大統領は北朝鮮を交渉の席につかせたことを自分の功績とみているから、是非とも成功させたいだろう。北朝鮮とのディールをまとめればまさにノーベル平和賞級の功績だ。

 そんなことないよ。もしトランプ大統領が「北朝鮮の核保有容認」で交渉をまとめたら、絶対にノーベル平和賞なんて貰えないし、中間選挙でも絶対に負けるってば。あなた、そんなお花畑な事考えていたから私に対して「トランプ大統領自身がどう思っているかも考えてみたら? 」とか気楽に言えちゃったんですね。私はあなたが何のことを言っているのか、全く判りませんでしたよ。(2018/04/25 01:19)

オススメ情報

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「米朝首脳会談は本当に開かれるのか」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

韓国観察者

元日本経済新聞記者。1995~96年ハーバード大学日米関係プログラム研究員、2006年イースト・ウエスト・センター(ハワイ)ジェファーソン・プログラム・フェロー。02年度ボーン・上田記念国際記者賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

(2018/04/23 20:15)

>中露韓の制裁は武力衝突を避けつつ核問題解決を図る手段だよ。中露韓にアメリカの軍事攻撃に協力する意思はない。

 鈴置氏は、すでに“米中は手を組んでいる”と次回の「しょせんは米中の掌で踊る南北朝鮮」の中で語り、中国は米国の攻撃を容認する事で話はついていると言っています。貴方の言っている事とは正反対です。ぜひ議論の場をそちらに移して、鈴置氏に対する反論をきちんとしていただきたい。楽しみにしています。

>中露が38度線の南側にいる「国連軍」に安保理常任理事国として自国兵力を参加させたら、もしかしたら協力しているとみなしてもいいかもしれないけど、

 なにそれ?。米中露韓連合軍が揃って北朝鮮に進撃しないと「中露韓の協力が得られ」た状態にはならない、というのがあなたの定義なんですか?。そんな無茶苦茶な話、私は他では全く聞いた事が無いんですけど。次回のあなたの文章には、ぜひその無茶苦茶な定義についてもきちんと記しておいてください。そうでないと私の様に、「米軍の行動を黙認」程度で中国の協力が得られたと勘違いしちゃう人が出てくるかもしれないんで。そりゃ、あなたと議論なんて、噛み合うわけないわ。

>鈴置さんのコラム以外も読むといいよ。鈴置さんは嫌韓バイアスが半端ないから見方が偏ってしまう。

 つまりあなたが前回言っていた他の誰かのコラムには、<<米中ロ韓連合軍が揃って北朝鮮に進撃しないと「中露韓の協力が得られ」た状態にはならない>>と書いてあると考えて宜しいのでしょうか?。ぜひそれが誰のコラムなのか後学の為に教えて貰えませんか?。

>トランプ大統領は北朝鮮を交渉の席につかせたことを自分の功績とみているから、是非とも成功させたいだろう。北朝鮮とのディールをまとめればまさにノーベル平和賞級の功績だ。

 そんなことないよ。もしトランプ大統領が「北朝鮮の核保有容認」で交渉をまとめたら、絶対にノーベル平和賞なんて貰えないし、中間選挙でも絶対に負けるってば。あなた、そんなお花畑な事考えていたから私に対して「トランプ大統領自身がどう思っているかも考えてみたら? 」とか気楽に言えちゃったんですね。私はあなたが何のことを言っているのか、全く判りませんでしたよ。(2018/04/25 01:19)

完全に
朝鮮半島が米中の思惑通りにカタが付けば

散々、韓国と北朝鮮の手足となって動いてきた
日本のマスコミ各社も
只で済むとは思えないんですけどね

何の責任もとらず意地汚く逃げ切ろうとして
どんな醜態を我々に見せてくれるのでしょうか(2018/04/24 11:25)

>関西弁のコメントとそれへの反応で、以前より読み飛ばす労力が増えた。編集部さん、掲載権限をお持ちなのだから、ノイズの除去はしっかりお願いしますよ。

完全に同意します
関西弁は無条件に削除で問題なし(2018/04/23 21:28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

創業者からの事業継承ほど 難しいものはないですね。

桜田 厚 モスフードサービス会長