• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「米韓同盟廃棄」カードを切ったトランプ

「完全非核化」と交換、メディア通じさりげなく伝達

2018年5月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

テレビを通じ合意を確認

「新たな対案」とは?

鈴置:具体的には報じていませんが、トランプ会見から見て「半島全てを非核化する」――北朝鮮が核を完全放棄したら米韓同盟を廃棄する、との提案でしょう。

 一連の動きをまとめると、こうです。まず、ポンペオ長官が金正恩委員長に口頭で「米韓同盟破棄」の対案を伝えた。すると、朝鮮中央テレビを通じ、金正恩委員長が「それなら非核化に応じる」と答えた。

 それを確認したトランプ大統領がアンドリュース基地での会見を通じ「米朝首脳会談はその線で進めよう」と金正恩委員長に通告した――のです。

 北朝鮮側が金正恩委員長の応諾を伝える際、朝鮮通信など活字メディアを使わなかったのは、トランプ大統領のメッセージが口頭だったことに対応したものと思われます。

 両者が「米韓同盟の廃棄」とはっきり言わなかったのはもちろん、世界にパニックを引き起こさないためでしょう。

 その甲斐あって「半島全てを非核化する」との、よく読めば目をむく発言はさほど注目されませんでした。

 世界のメディアは北朝鮮から解放された3人の韓国系米国人に焦点を当てました。さらにそのニュースの約8時間後にはトランプ大統領が米朝会談の日時と場所をツイッターで明かしました(「米朝首脳会談、6月12日にシンガポールで開催」参照)。「半島全てを非核化」発言はますます関心の外に置かれたのです。

韓国紙も見落とした

韓国メディアもこの大ニュースを見落としたのですか?

鈴置:見落としました。翌5月11日の朝刊では、私の見た限りですが、朝鮮日報で外交を担当する金真明(キム・ジンミョン)記者だけが「半島全ての非核化」に注目しました。

 「トランプと金正恩は体制を保証し『2020大統領選挙前のCVID』で握ったか」(韓国語版)です。

 韓国では珍しい、原典に当たる記者です。ただ、金真明記者は米朝首脳会談が抽象的なメッセージの交換に終わる可能性の傍証として「半島全ての非核化」発言をとらえました。「米韓同盟廃棄」を呼ぶ重大な発言とは考えなかったのでしょう。

 韓国の保守系大手3紙が「半島全ての非核化」に言及する社説を掲載したのは5月12日でした。朝鮮日報の社説「北に『非核化』の対価として何を渡すのか、説明の時が来た」(韓国語版)の関連部分を訳します。

・もしこれ(半島全ての非核化)が、トランプ大統領が韓米同盟や在韓米軍を北朝鮮に差し出すカードとして使うのなら深刻な話だ。
・米国が将来、在韓米軍の撤収、位置付けの変化、米軍引き上げの口実になるような言質を北側に与えないかを確認せねばならない。

 東亜日報の社説「シンガポール米朝会談、完全な非核化で『68年敵対』終了を」(日本語版)の危機感はやや薄かった。

・米国が韓米合同軍事演習での核戦略資産の韓半島展開中止などに同意した可能性がある。「韓半島全体の非核化」が核の傘の範囲から韓半島を除く極端なレベルにまで拡大する懸念はないのか、韓国政府は綿密にチェックしなければならない。

コメント86件コメント/レビュー

私が不思議に思うのは現在の朝鮮時局を語ってその後のことを語らぬ日本の報道機関の大局観のなさである。北朝鮮が中国の支配下に入れば日本は海峡ひとつ隔てて核保有国、軍事大国、さらに昔の中華帝国の再来をねらう中国という大国と向き合うのである。そのときに向けて日本政府ではどの様な準備を整えているのであろうか。日本国家の独立を保つにはお座なりな国際世論などというものがどれほど役に立たぬものであることは今から国民に教えこんでおく必要があるであろう。トランプの出現によって平和協定なぞいつでも一方的に破棄されるものであることを我我は知った。日本の知性はこれらを踏まえて五十年、百年後の日本国家の存続させうるべき教育を提起し、実施してゆかねばならぬとおもう。(2018/05/22 08:11)

オススメ情報

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「米韓同盟廃棄」カードを切ったトランプ」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

韓国観察者

元日本経済新聞記者。1995~96年ハーバード大学日米関係プログラム研究員、2006年イースト・ウエスト・センター(ハワイ)ジェファーソン・プログラム・フェロー。02年度ボーン・上田記念国際記者賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私が不思議に思うのは現在の朝鮮時局を語ってその後のことを語らぬ日本の報道機関の大局観のなさである。北朝鮮が中国の支配下に入れば日本は海峡ひとつ隔てて核保有国、軍事大国、さらに昔の中華帝国の再来をねらう中国という大国と向き合うのである。そのときに向けて日本政府ではどの様な準備を整えているのであろうか。日本国家の独立を保つにはお座なりな国際世論などというものがどれほど役に立たぬものであることは今から国民に教えこんでおく必要があるであろう。トランプの出現によって平和協定なぞいつでも一方的に破棄されるものであることを我我は知った。日本の知性はこれらを踏まえて五十年、百年後の日本国家の存続させうるべき教育を提起し、実施してゆかねばならぬとおもう。(2018/05/22 08:11)

>日本と韓国は、冷戦時代の資本主義ショールームとして"おいしい思い"をしてきた国。

我が国はともかく、韓国が世界的に知られるようになったのは冷戦末期、ソウル五輪が開催された1980年代末以降だよ。
それ以前、1980年代であっても我が国の地理の教科書には重工業国である北朝鮮に対して韓国は後進的な軽工業国なんて記載がまかり通っていたぐらいでさ。
加えて、当時韓国からもたらされる報道のほとんどが軍事政権が学生運動(民主化運動)を弾圧する映像。
当時を知るものからすると、韓国が「資本主義のショールーム」とか何の冗談なのかなと思う。(2018/05/20 05:49)

金正恩の体型がスリムになるまで経済制裁を強化すればいいのではないか?まだまだ大丈夫そうなんだから。(2018/05/19 18:59)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長