• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「韓国の鳩山」に悲鳴をあげる保守系紙

韓国人が選ぶのは「同盟堅持」か「自主外交か」

2017年6月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

6月24日、THAAD配備反対派がソウルに集結。デモ隊の「米国大使館包囲」を裁判所が認可したのは初めて(写真:AP/アフロ)

前回から読む)

 米国との同盟を維持するのか、北朝鮮と手を握るのか――。北朝鮮の核問題が煮詰まる中、韓国が岐路に立つ。

中朝に屈する米韓

鈴置:韓国の保守系紙が悲鳴をあげています。文在寅(ムン・ジェイン)政権が米国と激しく対立し始めたからです(「『米韓合同演習』を北に差し出した韓国」参照)。

 最大手紙の朝鮮日報が先頭に立ちました。同社顧問で保守の大御所、金大中(キム・デジュン)氏が「北の核・ミサイルに韓米は膝を屈するのか?」(6月5日、韓国語版)を載せました。以下が書き出しです。

  • THAAD(地上配備型ミサイル迎撃システム)を巡る韓国・米国・中国の間の葛藤がこのまま続けば、最後は在韓米軍の撤収と韓米同盟の瓦解にまでつながる可能性が大きい。
  • 結局、米国のアジアの防衛線は日本列島を境界とする「アチソンライン」に後退し、朝鮮半島は中国大陸圏に編入される状況も起こり得る。
  • 世界からの非難と制裁にもかかわらず核とミサイル開発にかけた北朝鮮の戦略と、中国の二重プレーの前に韓米が膝を屈する格好だ。

同盟を売り渡す

朝鮮日報の金大中顧問はしばしば「アチソンライン」を例えに「米国から見放される」と警告しますね。

鈴置:大統領選挙の前にも「左派政権ができたら、米国は再びアチソンラインに後退する」と書きました(「文在寅が大統領になったら移民する」参照)。

 ただ、今回はその時以上に必死です。まず、文在寅政権が反米の「本性」をあらわして、在韓米軍へのTHAAD配備を邪魔し始めたからです(「『THAAD封鎖』でいよいよ米国を怒らせた韓国」参照)。

 もう1つの理由は、米国の外交専門家が「米韓同盟を中国に売り渡す案」を真剣に語り始めたからです。金大中顧問が注目したのはニューヨーク・タイムズ(New York Times)への寄稿でした。

 ハーバード大学ケネディスクールのアリソン(Graham Allison)教授が書いた「Thinking the Unthinkable With North Korea」(5月30日、英語)です。

 金大中顧問はこの寄稿の「同盟売り渡し」部分を引用しながら論を進めました。

  • 4月の米中首脳会談で習近平主席が「北朝鮮がミサイル発射を中断する見返りに、米国は韓国内の軍事活動(たぶんTHAAD配備など)を凍結するよう」提案したとアリソン教授は言う。
  • 「もし中国が金正恩(キム・ジョンウン)政権を取り除き、非核化を達成するとの責任を果たせば、米国も基地を撤収し韓米軍事同盟を破棄したらどうか」との提案だったということだ。
  • これが事実なら(日米がフィリピンと韓国の支配権を相互に認め合った)「桂―タフト密約」である。

コメント71件コメント/レビュー

もし本当の戦争になったらミサイルは日本にだけ飛んでいくのはあながち間違えていない。
北朝鮮だって自分の陣営の国を攻撃したりはしない。
日本は近いうちにアジア冷戦の最前線になる。核の脅威を傘に恫喝されたらどう対応する気なのか。
自衛のために特化した核兵器を装備するべきだ。(2018/07/02 11:23)

オススメ情報

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「韓国の鳩山」に悲鳴をあげる保守系紙」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

韓国観察者

元日本経済新聞記者。1995~96年ハーバード大学日米関係プログラム研究員、2006年イースト・ウエスト・センター(ハワイ)ジェファーソン・プログラム・フェロー。02年度ボーン・上田記念国際記者賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

もし本当の戦争になったらミサイルは日本にだけ飛んでいくのはあながち間違えていない。
北朝鮮だって自分の陣営の国を攻撃したりはしない。
日本は近いうちにアジア冷戦の最前線になる。核の脅威を傘に恫喝されたらどう対応する気なのか。
自衛のために特化した核兵器を装備するべきだ。(2018/07/02 11:23)

北朝鮮のミサイルの技術進歩は中国のサポートによるものでしょうが、今回のミサイル成功が中国が言う「100日猶予」の意味だったんでしょう。

今回のミサイル発射を見ても、北朝鮮の戦闘準備は着実に進んでおり、いよいよリミットが近付いてきました。

韓国の人たちは、北朝鮮の問題を先送りにすればするほど、開戦したときの半島の被害が甚大になることを理解しているのでしょうか。

「韓国はすでに中国側だから、北朝鮮に攻撃されない」というのであれば、日米と直接戦闘するわけです。結局、韓国は最前線になり、壊滅的被害は避けられないでしょう。

韓国のコウモリ外交が成功している雰囲気で事が進んでいますが、アメリカはダマされた振りをしているだけで、カードを切るタイミングをみているだけのように思えます。
そのカードを切る相手は誰か、そこが問題ですが。(2017/07/07 02:01)

「日本円で1.4兆円の誤記であることを誰も指摘しない、やはりここのコメントの人達は、同日の日経新聞の見出しすら目を通していない。」
そうなんや。でも、打ち上げ花火でしょうし、その場しのぎの話ばかりだし、信用できない国だし、実現される可能性は極低いですよね。自分の思い通りにならなければ、平気で漸減を翻し、1400億円程度で終わるんじゃないですか。(2017/07/05 13:24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ディズニーと一緒にいいものが作れるのなら、ロボットの導入もあり得るかもしれません。

上西 京一郎 オリエンタルランド社長兼COO(最高執行責任者)