• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

米中貿易戦争のゴングに乗じた北朝鮮の「強気」

北朝鮮は誰の核の傘に入るのか

2018年7月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

7月8日に会談したポンペオ米国務長官と河野太郎外相、康京和韓国外相。北の攻勢に押される米国に、日本、韓国は果たして……。(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

前回から読む)

 北朝鮮は「誰の核」に守られるのか。非核化交渉の本質はここにある。

あいまいな「安全の保証」

鈴置:北朝鮮の非核化を話し合いで解決するというトランプ(Donald Trump)大統領。交渉役のポンペオ(Mike Pompeo)国務長官とともに「核を手放せば経済発展を全面的にバックアップする」とニンジンを見せています。

 しかし、北朝鮮にとってそのニンジンだけではとても足りません。肝心の安全が確保できるのか、確信が持てないからです。

シンガポールで結んだ米朝合意で米国は「北朝鮮の安全を保証する」と約束しました。

鈴置:確かに米朝共同声明で、非核化の見返りに「トランプ大統領は北朝鮮の安全を保証する」と謳いました。以下です。

  • President Trump committed to provide security guarantees to the DPRK, and Chairman Kim Jong Un reaffirmed his firm and unwavering commitment to complete denuclearization of the Korean Peninsula.

 でも、これではあまりに抽象的です。「どうやって安全を保証するのか」がはっきりしないのです。共同声明では4項目の合意を明文化しています。

 米朝は1番目の項目で両国の関係改善を、2番目の項目で「永続的で安定的な朝鮮半島の平和体制」を約束しています。いずれも「安全の保証」に関わる約束ですが、これらも具体性を欠いた表現に留まっています。

  1. The United States and the DPRK commit to establish new U.S.─DPRK relations in accordance with the desire of the peoples of the two countries for peace and prosperity.
  2. The United States and the DPRK will join their efforts to build a lasting and stable peace regime on the Korean Peninsula.
  3. Reaffirming the April 27, 2018 Panmunjom Declaration, the DPRK commits to work toward complete denuclearization of the Korean Peninsula.
  4. The United States and the DPRK commit to recovering POW/MIA remains, including the immediate repatriation of those already identified.

 非核化の手順と同様、「安全の保証」に関しても米朝は全く詰めていない。シンガポールでの首脳会談は周辺の期待とは裏腹に、何の前進もなかったのです(「から騒ぎに終わった米朝首脳会談」)。

コメント38件コメント/レビュー

トランプは非核化に期限を設けない方針らしい。

まだアメリカによる北朝鮮の軍事攻撃を期待している輩がいるが、そもそも軍事攻撃など不可能だ(周辺同盟国は、北朝鮮の反撃を物理的に防ぎきれない。甚大な被害が出る)。ずっと以前から同じ書き込みをしているが。

北朝鮮もブラフだともうわかっているだろう。北朝鮮が困っているのは経済制裁だけで、それは非核化をちらつかせて緩和させたい。トランプも中間選挙に向けて手柄を立てたい。米朝首脳会談は、この点で両者の思惑が一致しただけの茶番だった。

シナリオⅠ~Ⅳのどれも実現しない可能性が高い。このまま北朝鮮が米国まで届くICBMを持つ可能性が高い。その結果、ソ連みたいになって、米国と冷戦状態に入る。そしてそのうち内部瓦解するだろう。(2018/07/18 11:50)

オススメ情報

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「米中貿易戦争のゴングに乗じた北朝鮮の「強気」」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

韓国観察者

元日本経済新聞記者。1995~96年ハーバード大学日米関係プログラム研究員、2006年イースト・ウエスト・センター(ハワイ)ジェファーソン・プログラム・フェロー。02年度ボーン・上田記念国際記者賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

トランプは非核化に期限を設けない方針らしい。

まだアメリカによる北朝鮮の軍事攻撃を期待している輩がいるが、そもそも軍事攻撃など不可能だ(周辺同盟国は、北朝鮮の反撃を物理的に防ぎきれない。甚大な被害が出る)。ずっと以前から同じ書き込みをしているが。

北朝鮮もブラフだともうわかっているだろう。北朝鮮が困っているのは経済制裁だけで、それは非核化をちらつかせて緩和させたい。トランプも中間選挙に向けて手柄を立てたい。米朝首脳会談は、この点で両者の思惑が一致しただけの茶番だった。

シナリオⅠ~Ⅳのどれも実現しない可能性が高い。このまま北朝鮮が米国まで届くICBMを持つ可能性が高い。その結果、ソ連みたいになって、米国と冷戦状態に入る。そしてそのうち内部瓦解するだろう。(2018/07/18 11:50)

シナリオⅢが本道。著者はⅣを上げているが朝鮮半島以外の状況を見切れていない気がする。
たとえば米国がⅣを飲むような口ぶりだが、日米同盟に決定的な亀裂が入らないとも限らない。
また海洋国家としての米国にとっても、ユーラシア大陸東縁部の権益を失うことにつながる。

北朝鮮としても本当に朝鮮半島だけで、日本でさえできない自主防衛ができるのか。
日本が対抗して核武装すれば最弱者になるのは朝鮮半島だ。

今北朝鮮が強気になっているのは著者の見立てとは逆に、米朝貿易戦争が始まったからだと見る。
つまり、"事大"まではいかないまでも、どちらの陣営に寄るほうが有利になるかを見極めたい。
つまり、シナリオⅠ、Ⅱは無いにしても、間違った側に寄ってしまえば後で大変なことになる。

結局、シナリオⅢしか残らないと思う。(2018/07/16 03:53)

去年の4月からずっと北朝鮮ネタばかりだったので、そろそろ昔みたいな対談や韓国の現状を書いて欲しい。
韓国人の本音というのがよく分からない。このままじゃ中国に飲み込まれてしまうし、鈴置さんも韓国人はそれを望んでいる、と述べてるが本当にそうなのだろうか?(2018/07/12 22:27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

命令や恫喝では人は動かせません。

関家 一馬 ディスコ社長兼CEO