• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

早読み 深読み 朝鮮半島 米中貿易戦争のゴングに乗じた北朝鮮の「強気」

レビュー

とても参考になった
 

87%

まあ参考になった
 

9%

参考にならなかった
 

3%

ぜひ読むべき
 

85%

読んだほうがよい
 

8%

どちらでもよい
 

5%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

トランプは非核化に期限を設けない方針らしい。

まだアメリカによる北朝鮮の軍事攻撃を期待している輩がいるが、そもそも軍事攻撃など不可能だ(周辺同盟国は、北朝鮮の反撃を物理的に防ぎきれない。甚大な被害が出る)。ずっと以前から同じ書き込みをしているが。

北朝鮮もブラフだともうわかっているだろう。北朝鮮が困っているのは経済制裁だけで、それは非核化をちらつかせて緩和させたい。トランプも中間選挙に向けて手柄を立てたい。米朝首脳会談は、この点で両者の思惑が一致しただけの茶番だった。

シナリオⅠ~Ⅳのどれも実現しない可能性が高い。このまま北朝鮮が米国まで届くICBMを持つ可能性が高い。その結果、ソ連みたいになって、米国と冷戦状態に入る。そしてそのうち内部瓦解するだろう。(2018/07/18 11:50)

シナリオⅢが本道。著者はⅣを上げているが朝鮮半島以外の状況を見切れていない気がする。
たとえば米国がⅣを飲むような口ぶりだが、日米同盟に決定的な亀裂が入らないとも限らない。
また海洋国家としての米国にとっても、ユーラシア大陸東縁部の権益を失うことにつながる。

北朝鮮としても本当に朝鮮半島だけで、日本でさえできない自主防衛ができるのか。
日本が対抗して核武装すれば最弱者になるのは朝鮮半島だ。

今北朝鮮が強気になっているのは著者の見立てとは逆に、米朝貿易戦争が始まったからだと見る。
つまり、"事大"まではいかないまでも、どちらの陣営に寄るほうが有利になるかを見極めたい。
つまり、シナリオⅠ、Ⅱは無いにしても、間違った側に寄ってしまえば後で大変なことになる。

結局、シナリオⅢしか残らないと思う。(2018/07/16 03:53)

去年の4月からずっと北朝鮮ネタばかりだったので、そろそろ昔みたいな対談や韓国の現状を書いて欲しい。
韓国人の本音というのがよく分からない。このままじゃ中国に飲み込まれてしまうし、鈴置さんも韓国人はそれを望んでいる、と述べてるが本当にそうなのだろうか?(2018/07/12 22:27)

シナリオⅣならば、憲法・非核3原則・もろもろの周辺法整備含めて
日本も大きな決断を迫られる時が来そうだ。

北が日本を射程に入れる核兵器を所持したままなら
もちろん日本も不本意ながら前述のことについて大きく方針転換を迫られる

でも、そんな状態に陥るのは中国・ロシアあるいは半島2国(今はだけど)が
簡単に見逃すことはしない。いろいろと国内の親勢力に情報・資金ひっくるめて浸食を図るだろう。
もちろんアメリカの保守本道勢力も100%認めるわけもない。

【力(武力)のない国】の意見をまともに取り上げる勢力は。。

この地球上にどこにもない!!という状況・事実を正面から見据えて
考え行動する時が来たと思う。(2018/07/12 22:21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長