• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中国との冷戦を宣言したペンス副大統領

米国世論も操る「悪の帝国」と戦え

2018年10月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ペンス米副大統領は10月4日、対中国政策に関してハドソン研究所で講演した(写真:AFP/アフロ)

前回から読む)

 米国のペンス(Mike Pence)副大統領が「邪悪な中国共産党」との戦いを国民に呼びかけた。

善きサマリア人

鈴置:ペンス副大統領が10月4日、ワシントンのハドソン(Hudson Institute)研究所でトランプ(Donald Trump)政権の対中政策に関し講演しました。40分以上に及ぶ本格的な演説で、動画でも視聴できます。

 副大統領は中国を「米国に挑戦する国」と決めつけたうえ、「大統領と米国人は後ろに引かない」と国民に訴えました。中国とはともに天をいただかないと言い切ったのです。

 NYT(ニューヨーク・タイムズ)は「新冷戦への号砲」と評しました。米中関係が暗くて長いトンネルに入るとの認識が広がりました。

 ペンス副大統領はまず、中国が困っていた時代に米国がいかに助けたかを強調しました。その部分を要約しつつ翻訳します。

  • (19世紀から20世紀にかけて)中国が西欧や日本の半植民地の境遇に陥った際、米国だけがその主権を尊重した。伝道師を送って中国に最高の大学(清華大学)を設立しもした。
  • (21世紀には)中国をWTO(世界貿易機関)に招き入れ、米国市場への参入も許した。中国は米国の投資で急成長にも成功した。

 米国らしい自画像です。米国人は自らを聖書に出てくる「善きサマリア人」と見なしがちです。この演説では、盗賊に襲われた瀕死の旅人は中国。「善きサマリア人」である米国に助けられてきたというわけです。

コメント84件コメント/レビュー

>常々不思議でならないのは、米中対立という構図と、アメリカが米韓同盟を解消して朝鮮半島を中国にプレゼントするという話に矛盾を感じない戦略観。

韓国には米国にとって無価値であり、そんなところに兵力を置いておくなら別のところに回した方がマシってお話さ。
なので、在韓米軍撤退とか冷戦下のカーター政権でも検討されたぐらいで。

https://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=86212

昭和の御代から「いらない子」なのよ、韓国って。(2018/10/16 04:13)

オススメ情報

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「中国との冷戦を宣言したペンス副大統領」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

韓国観察者

元日本経済新聞記者。1995~96年ハーバード大学日米関係プログラム研究員、2006年イースト・ウエスト・センター(ハワイ)ジェファーソン・プログラム・フェロー。02年度ボーン・上田記念国際記者賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>常々不思議でならないのは、米中対立という構図と、アメリカが米韓同盟を解消して朝鮮半島を中国にプレゼントするという話に矛盾を感じない戦略観。

韓国には米国にとって無価値であり、そんなところに兵力を置いておくなら別のところに回した方がマシってお話さ。
なので、在韓米軍撤退とか冷戦下のカーター政権でも検討されたぐらいで。

https://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=86212

昭和の御代から「いらない子」なのよ、韓国って。(2018/10/16 04:13)

先端技術を奪えるだけ奪い、シンパ国家を作れるだけ作り、
ある日突然、サイバーテロを置き土産にして閉鎖的経済圏に立てこもり、
自由主義国家とガチンコの冷戦状態になる、と思ってます。

そしてそれが2025年。(2018/10/15 18:11)

ペンス副大統領の講演にも、対中冷戦にも直接関連しませんが。

従前ささやかれて来た、マティス国防長官の離任の可能性に、大統領が言及しましたね。(国防長官は民主党員のような物言いをすると)

大統領府内で、ポンペイオ氏とマティス氏らの路線対立があると聞きかじって居たのですが。(やはり、軍歴を背景とする国防長官は、旧来のエリート政治の延長である政策を維持しがちだと、大統領にとってはお気に召さない点が出てきたと言う事なのでしょうか。)

いずれにせよ、続報待ちなのでしょうが、半島情勢に動きが出る可能性が窺える事象なのかと。(中間選挙後の米朝協議で何が語られるのか。その準備に際して軍部・国務省などと、大統領の思惑の差が歴然としているのかも知れませんね)

ポンペイオ氏はと言うと、CIAよりの方ですので、本来なら、半島情勢に関しては、軍部以上に韓国重視の筈なのでしょうが。(それとも、南との関係を切って、北に傾注すると言う事なのでしょうか。)

だとすると、日本の政界などにも少なからず影響が出るようにも思えるのですが。(これまでのツケで文句も言えない・言わせない、日本政府相手に貿易交渉で最大限要求を呑ませて、中間選挙の呼び水にし、選挙後は北との交渉に集中すると。確かに貿易交渉で対日要求を呑ませれば、日韓の分割統治の足場が出来る訳で、これまでのように、日本・韓国のイザコザなど眼中に入れる必要も無くなりますからね。)

さてさてどーなる事やら。(対中冷戦シリーズが終わったら、本筋として、この辺り御教示頂けると幸いです。)(2018/10/15 15:35)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

欧米主導の議論に対して、「No, But Yes」と斜に構えてばかりでは取り残されます。

末吉 竹二郎 国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)特別顧問