• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「米韓同盟消滅」にようやく気づいた韓国人

文在寅は米国に「縁切り」を言わせたい

2018年12月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせ、11月30日に開催された米韓首脳会談は「非公式」に格下げされた(写真:White House/ZUMA Press/アフロ)

前回から読む)

 駐韓米国大使が「米韓同盟はいつまであるか分からない」と語った。

米大使が警告

鈴置:韓国に駐在するハリス(Harry Harris Jr.)米国大使が「米韓同盟がいつまでもあると思うな」と韓国に警告しました。文在寅(ムン・ジェイン)政権が制裁緩和を唱えるばかりで、北朝鮮の非核化に不熱心――はっきり言えば非核化を妨害しているからです。

 ハリス大使は「2018年統一貢献大賞」を受賞。11月26日にソウル市内で開いた授賞式での発言でした。

 朝鮮日報社の発行する月刊朝鮮が独自ダネ「ハリー・ハリス駐韓米大使、『米韓同盟を当然視してはいけない』」(韓国語、11月27日)で報じました。大使の発言を記事から拾います。式の参加者が同誌に伝えたものです。

  • (米朝首脳会談により)北朝鮮に肯定的な変化が生まれる可能性が無限にあると考えている。しかしこれは金正恩(キム・ジョンウン)委員長が非核化に関する自身の約束を守る時にのみ可能になる。
  • 北朝鮮が非核化に関する具体的な措置をとるまで、現在の制裁が維持されるということだ。文大統領が語ったように、南北対話は非核化の進展と必ず連携されることだろう。

 「南北対話は非核化の進展と必ず連携される」とは外交的な修辞です。「北朝鮮が非核化しない限り、米国は制裁緩和を認めない」と韓国にクギを刺したのです。

金正恩の使い走り

 9月下旬に訪米した際、文在寅大統領はあちこちで「北朝鮮は平和に向け動き出した」「金正恩委員長は信頼できる」などと強調しました。

 このため米メディアが「文在寅は金正恩の首席報道官」と揶揄するなど「韓国は北朝鮮の別働隊」との見方が広がったのです(「『北朝鮮の使い走り』と米国で見切られた文在寅」参照)。

 10月10日、トランプ(Donald Trump)大統領はホワイトハウスで「韓国は米国の承認なしに何もできない」と3度も繰り返し語りました。韓国が対北援助の再開に動くことに関し、記者から聞かれての答えです。

 もちろん「勝手に動くな」と叱責したのです(「『言うことを聞け』と文在寅を叱ったトランプ」参照)。

 それでも文在寅政権はめげませんでした。10月中旬の欧州歴訪では、仏、英、独の首脳と会談し対北制裁をやめさせようと画策しました。

 ローマ法王まで利用する徹底ぶりでした。欧州を味方に付け、米国を孤立させようとしたのです。もちろん、そんな試みは失敗しました(「北朝鮮と心中する韓国」参照)。

コメント80件コメント/レビュー

ホントに韓国が米国のくびきから逃れたいなら、北朝鮮の完全な核ミサイル放棄と朝鮮半島中立(=駐韓米軍撤退と中国の北朝鮮への影響排除)をバーターすべく死に物狂いで頑張るべき。それが出来たら韓国は北の通常兵器に直接晒されるけど、そこは外交と通常兵力拡充で頑張るんでしょう。もっとも、これをクレディブルに達成するのはほとんど不可能かもしれないけど。

核を持った親中北朝鮮が今のまま健在なら、在韓米軍撤退の可能性はきわめて低い。文政権が北朝鮮に融和的になって、今の北朝鮮の延命に協力すればするほど、逆説的に在韓米軍の存在意義が高まる。文政権はそれを良く理解している。米国駐韓大使の発言は足下を見られている。

日本と違い、韓国で親米政権は人気が無い。文政権は反日、反米は支持率向上の良い手段と見切っている。また、韓国が何を言おうが米軍の存続撤退は米国が自分の都合で決める。反米にポジションを取っておけば、万々が一米軍が撤退する場合も政権の成果にできるが、親米、親日だと米国に棄てられたときにどうしようもなくなる。文大統領は嫌なヤツだけど、頭は良いし、行動は一貫している。(2018/12/12 20:17)

オススメ情報

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「米韓同盟消滅」にようやく気づいた韓国人」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

韓国観察者

元日本経済新聞記者。1995~96年ハーバード大学日米関係プログラム研究員、2006年イースト・ウエスト・センター(ハワイ)ジェファーソン・プログラム・フェロー。02年度ボーン・上田記念国際記者賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ホントに韓国が米国のくびきから逃れたいなら、北朝鮮の完全な核ミサイル放棄と朝鮮半島中立(=駐韓米軍撤退と中国の北朝鮮への影響排除)をバーターすべく死に物狂いで頑張るべき。それが出来たら韓国は北の通常兵器に直接晒されるけど、そこは外交と通常兵力拡充で頑張るんでしょう。もっとも、これをクレディブルに達成するのはほとんど不可能かもしれないけど。

核を持った親中北朝鮮が今のまま健在なら、在韓米軍撤退の可能性はきわめて低い。文政権が北朝鮮に融和的になって、今の北朝鮮の延命に協力すればするほど、逆説的に在韓米軍の存在意義が高まる。文政権はそれを良く理解している。米国駐韓大使の発言は足下を見られている。

日本と違い、韓国で親米政権は人気が無い。文政権は反日、反米は支持率向上の良い手段と見切っている。また、韓国が何を言おうが米軍の存続撤退は米国が自分の都合で決める。反米にポジションを取っておけば、万々が一米軍が撤退する場合も政権の成果にできるが、親米、親日だと米国に棄てられたときにどうしようもなくなる。文大統領は嫌なヤツだけど、頭は良いし、行動は一貫している。(2018/12/12 20:17)

ムンさんは米韓安保破棄したいのでしょうね、日本とは断交したいと。出来たら相手にしてほしいわけで、日本もそうだしアメリカもね、いやアメリカならさっさと破棄するかもしれませんよ、そうすれば日本も遠慮なく断交ですね。(2018/12/12 14:50)

(2018/12/10 22:37)さん

そのような揚げ足を取るような言い方をする一方、ご自分は書き込みの内容を理解せずに「反日革命扇動分子」などと人のことを決めつける投稿には説得力もありませんし、知性も感じません。何事も決めつけは誤りの元だと思うのですが。(2018/12/12 02:18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トレンドの移り変わりが早い日本での経験は、海外にも応用できる。

桝村 聡 高砂香料工業社長