• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「米韓同盟消滅」にようやく気づいた韓国人

文在寅は米国に「縁切り」を言わせたい

2018年12月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせ、11月30日に開催された米韓首脳会談は「非公式」に格下げされた(写真:White House/ZUMA Press/アフロ)

前回から読む)

 駐韓米国大使が「米韓同盟はいつまであるか分からない」と語った。

米大使が警告

鈴置:韓国に駐在するハリス(Harry Harris Jr.)米国大使が「米韓同盟がいつまでもあると思うな」と韓国に警告しました。文在寅(ムン・ジェイン)政権が制裁緩和を唱えるばかりで、北朝鮮の非核化に不熱心――はっきり言えば非核化を妨害しているからです。

 ハリス大使は「2018年統一貢献大賞」を受賞。11月26日にソウル市内で開いた授賞式での発言でした。

 朝鮮日報社の発行する月刊朝鮮が独自ダネ「ハリー・ハリス駐韓米大使、『米韓同盟を当然視してはいけない』」(韓国語、11月27日)で報じました。大使の発言を記事から拾います。式の参加者が同誌に伝えたものです。

  • (米朝首脳会談により)北朝鮮に肯定的な変化が生まれる可能性が無限にあると考えている。しかしこれは金正恩(キム・ジョンウン)委員長が非核化に関する自身の約束を守る時にのみ可能になる。
  • 北朝鮮が非核化に関する具体的な措置をとるまで、現在の制裁が維持されるということだ。文大統領が語ったように、南北対話は非核化の進展と必ず連携されることだろう。

 「南北対話は非核化の進展と必ず連携される」とは外交的な修辞です。「北朝鮮が非核化しない限り、米国は制裁緩和を認めない」と韓国にクギを刺したのです。

金正恩の使い走り

 9月下旬に訪米した際、文在寅大統領はあちこちで「北朝鮮は平和に向け動き出した」「金正恩委員長は信頼できる」などと強調しました。

 このため米メディアが「文在寅は金正恩の首席報道官」と揶揄するなど「韓国は北朝鮮の別働隊」との見方が広がったのです(「『北朝鮮の使い走り』と米国で見切られた文在寅」参照)。

 10月10日、トランプ(Donald Trump)大統領はホワイトハウスで「韓国は米国の承認なしに何もできない」と3度も繰り返し語りました。韓国が対北援助の再開に動くことに関し、記者から聞かれての答えです。

 もちろん「勝手に動くな」と叱責したのです(「『言うことを聞け』と文在寅を叱ったトランプ」参照)。

 それでも文在寅政権はめげませんでした。10月中旬の欧州歴訪では、仏、英、独の首脳と会談し対北制裁をやめさせようと画策しました。

 ローマ法王まで利用する徹底ぶりでした。欧州を味方に付け、米国を孤立させようとしたのです。もちろん、そんな試みは失敗しました(「北朝鮮と心中する韓国」参照)。

コメント84件コメント/レビュー

韓国のムンジェインは馬鹿なのかと思っていましたが、アメリカと日本に「さようなら」を言わせるために一連の行動をしているというのは目から鱗でした。日米韓同盟を捨てて北との国家統一を果たし、北の核で武装して、中国にけつ持ちしてもらうという…。バリバリの左派であるムンなら考えそうなことです。

アメリカと中国という新二大大国の争いを軸に世界の新秩序が形成されていくんでしょうかね。
日本は日米同盟を大切にしつつ中国とも地道に交渉を続けなくてはいけませんね。対韓国についてはやっかいな隣国、かつて仲良くしようとしたけどついに分かり合えなかった国ということで仕方ないような気がします。(2018/12/18 11:54)

オススメ情報

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「米韓同盟消滅」にようやく気づいた韓国人」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

韓国観察者

元日本経済新聞記者。1995~96年ハーバード大学日米関係プログラム研究員、2006年イースト・ウエスト・センター(ハワイ)ジェファーソン・プログラム・フェロー。02年度ボーン・上田記念国際記者賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

韓国のムンジェインは馬鹿なのかと思っていましたが、アメリカと日本に「さようなら」を言わせるために一連の行動をしているというのは目から鱗でした。日米韓同盟を捨てて北との国家統一を果たし、北の核で武装して、中国にけつ持ちしてもらうという…。バリバリの左派であるムンなら考えそうなことです。

アメリカと中国という新二大大国の争いを軸に世界の新秩序が形成されていくんでしょうかね。
日本は日米同盟を大切にしつつ中国とも地道に交渉を続けなくてはいけませんね。対韓国についてはやっかいな隣国、かつて仲良くしようとしたけどついに分かり合えなかった国ということで仕方ないような気がします。(2018/12/18 11:54)

韓国駐在米軍は、日本の防衛のために駐在している(かなりの米兵がそのように言うそうだ)以上、米軍撤退は、日本を米国が見捨てることを意味するから、韓国は、絶対に米軍撤退はないと読み切っている。米軍と北との戦争になっても韓国同胞を攻撃しないでほしいというしかないため、懇願する韓国に、北はそれでは北の走狗となれと言われ、動き回っている忠犬韓国は北は可愛いと思ているかもしれない。自立国家としての歴史が浅い韓国など、国家として扱うから面倒なので、到底国家と呼べない国家を議論しても始まらない。とにかく、朝鮮半島が北、中国、ロシアの完全属国になった場合、日本の防衛をどうするかが問題の本質だ。対馬の軍島化、空母の多戦艦化、中距離ミサイルの迎撃の力を高めた基地の日本海側建設以外に道はない。(2018/12/17 13:05)

>韓国海軍による、対島、沖縄侵攻が先だとは思いますね

対馬(対島じゃないよ)には第一空挺団や水陸機動団(旧西部方面普通科連隊)にならぶ陸上自衛隊の最精鋭部隊である対馬警備隊が駐屯しているわけだが。
対馬にちょっかいだしたら韓国軍は「応永の外寇」以上の損害を受けるのではないかな?
沖縄?
大型揚陸艦が「竹島」艦一隻しかない韓国軍が沖縄侵攻って・・・。(2018/12/15 01:38)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

縦割りでスキルを磨くだけでは足りなくなるはずです。

永田 高士 デロイトトーマツグループCEO(最高経営責任者)