• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

平昌五輪「選手団派遣は未定」と言い出した米国

「五輪休戦」訴える文在寅、「決意」固めるトランプ

2017年12月11日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

サンダース米大統領報道官は平昌五輪への選手団派遣を明言しなかった(写真:AP/アフロ)

前回から読む)

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪が開催できるのか、怪しくなってきた。

ロシアに続き、米国も不参加?

鈴置:韓国の平昌五輪が予定通りに開催されるのか、疑問符が付きました。米政府が選手団の派遣に関し、口を濁し始めたからです。

 開催時期は2018年2月9日から25日まで。パラリンピックは3月9-18日です。ちょうどそのころ米国が北朝鮮を攻撃する可能性があります(「『北に先制核攻撃も辞さず』と言明した米国務省」参照)。

 第2次朝鮮戦争の「戦地」となる韓国に、選手など派遣できません。米国が不参加を決めれば、多くの国がならうでしょう。

 すでにロシアの選手団がドーピング問題で締め出されています。そんな五輪を開催すべきなのか、首を傾げる人も増えると思います。

 11月29日に北朝鮮がICBM(大陸間弾道弾)を試射しました。これにより北朝鮮が米本土まで核攻撃できる能力を持ったか、近く持つと見なされました(「じり貧の北朝鮮、『核武装の総仕上げ』急ぐ」)。

 米国は北朝鮮への先制攻撃を露骨に匂わせ始めました(「『北に先制核攻撃も辞さず』と言明した米国務省」参照)。

 国務省報道官が「核を使う先制攻撃も辞さない」と語ったほか、トランプ(Donald Trump)大統領に近い上院議員が「在韓米軍の家族を韓国から呼び戻せ」と主張しました。

 トランプ政権こぞって「戦争間近」の空気を醸し出したのです。もちろん北朝鮮を徹底的に脅し、核を放棄させるためです。

コメント69件コメント/レビュー

死を覚悟した死にかけの兵士くらいしか襲ってこないのなら、防護服を着て戦闘してもよさそうですね。(2017/12/27 13:28)

オススメ情報

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「平昌五輪「選手団派遣は未定」と言い出した米国」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

韓国観察者

元日本経済新聞記者。1995~96年ハーバード大学日米関係プログラム研究員、2006年イースト・ウエスト・センター(ハワイ)ジェファーソン・プログラム・フェロー。02年度ボーン・上田記念国際記者賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

死を覚悟した死にかけの兵士くらいしか襲ってこないのなら、防護服を着て戦闘してもよさそうですね。(2017/12/27 13:28)

>まあ、ドンパチに抱いているイメージが違うことがわかったんで、それで十分。この話はおしまい。

イメージも何も知識不足が露呈して逃亡ということだわな。単に願望を元に知ったかしてだけ。(2017/12/20 23:05)

>防護服を着ないと行動できないような場所で襲い掛かってくる敵って、どんな敵なんだろう。

故郷に核を打ち込まれ、家族を殺されて激怒している兵士。
内部被ばくや放射線障害に関する知識がないか、あったとしても
死ぬ前に一人でも多く敵を道連れにしてから死ぬと覚悟を決めている兵士。
原爆投下1週間後に広島に米軍が上陸して、日本軍が迎え撃つイメージかな。

まあ、ドンパチに抱いているイメージが違うことがわかったんで、それで十分。この話はおしまい。(2017/12/19 17:36)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長