• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

博学多才な鳥類学者は、どのように誕生したのか

森林総合研究所 鳥類学 川上和人(4)

2018年4月14日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

鳥の研究に魅せられて、無人島で過酷な調査を行い、鳥の進化の妙に思いをはせ、ベストセラーをものす。そんなマルチな活躍を続ける注目の鳥類学者、川上和人さんの研究室に行ってみた!

(文=川端裕人、写真=内海裕之)

 小笠原の島々で、海鳥が生態系のパーツとしてどのような機能を持ってきたのか。

 川上さんの近年の研究のひとつの軸はそのあたりにあって、その成果が島の生態系保全に役立つ。そんな流れを見てきた。

 でも、川上さんと話していると、なにかこういったまとめ方が一面的じゃないかと思うことしきりだ。飄々としてクールな語り口の中に、時々、研究がおもしろくてたまらないという熱がほとばしる瞬間がある。ぼくが感じた範囲では、そんな時の川上さんは、保全の基礎となる実学としての研究をはみ出して、単純に、この世界の背後にあることわりを理解したいという強い欲求にもとづいて語っている。それは魂の深いところから発露する情熱の形だ。

鳥類学者の川上和人さん。語り口はクールだが、研究が好きでたまらないという顔をのぞかせる。

 ということは、川上さんは、おそらく、子どもの頃から生き物好きで、野山を駆け回っていたのだろう。そのように思う人が多いだろうが、しかし、違う。そもそも、虫が嫌いだし、偶然、大学の生物サークルに入るまで、「鳥」もちゃんと見たことがなかった。こういったことは、ベストセラーになった抱腹絶倒の科学エッセー『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』に書かれているので、ここでは軽く触れるだけに留める。

 ぼくが直接うかがった中で、印象深かったのは、川上さんが生物サークルでバードウォッチングをするようになった後から研究者になる過程で起きた変化だ。最初は「スタンプラリーをするように」「ポケモンカードを集めるみたいに」、見た鳥のリストを伸ばしていくことに楽しみを見出していた時期があったものの、その後、卒論のために絶滅危惧種メグロの研究を小笠原の母島で始めて以来、視野ががらりとかわったという話だ。

 まずその経緯は──

小笠原の固有種メグロ。「鳥類学者川上和人」の出発点となった鳥だ。(写真提供:川上和人)

コメント1件コメント/レビュー

とてもユニークな視点と研究で、目が見開かされる気がします。
最近ネットでは「池のかいぼり」番組のバッシングが盛んです。曰く、外来種を駆逐する目的でかいぼりをしても、適切な運用がされていないがために、在来種も犠牲になる等々。日本古来の生態系維持という錦の御旗ですが、そもそも人間が住み着いただけで既存生態系が乱れる島嶼域の様子を見るに、自然のダイナミズムと寛容性はそんな単純なものではないのかもしれない、と思わされます。続きがとっても楽しみです!(2018/04/16 16:02)

オススメ情報

「研究室に行ってみた」のバックナンバー

一覧

「博学多才な鳥類学者は、どのように誕生したのか」の著者

川端 裕人

川端 裕人(かわばた・ひろと)

文筆家

1964年、兵庫県明石市生まれの千葉育ち。日本テレビの記者を経て作家に。『夏のロケット』が第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞、「SFマガジン」で「青い海の宇宙港」を連載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

とてもユニークな視点と研究で、目が見開かされる気がします。
最近ネットでは「池のかいぼり」番組のバッシングが盛んです。曰く、外来種を駆逐する目的でかいぼりをしても、適切な運用がされていないがために、在来種も犠牲になる等々。日本古来の生態系維持という錦の御旗ですが、そもそも人間が住み着いただけで既存生態系が乱れる島嶼域の様子を見るに、自然のダイナミズムと寛容性はそんな単純なものではないのかもしれない、と思わされます。続きがとっても楽しみです!(2018/04/16 16:02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長