• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「日本でもレジ袋の規制に踏み出すべき時」

東京農工大学 マイクロプラスチック汚染 高田秀重(5)

2018年7月14日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

21世紀に入り、生産量が激増しているプラスチック。便利さの一方で、大量のプラスチックが海に流出し続け、近年は5mm以下の「マイクロプラスチック」にも大きな注目が集まっている。そこで、マイクロプラスチック汚染について早くから研究を続けてきた高田秀重先生の研究室に行ってみた!

(文=川端裕人、写真=内海裕之)

 マイクロプラスチックによる海洋汚染が、人間の健康に影響するのかしないのか。

 決定的な証拠はないものの、かなり怪しいと考えられていることを前回見た。だから、今、国際社会は予防原則に則った行動を取ろうとしている。

 ただし、確実な証拠がない状態で、なにからなにまで「予防」しようとすると人間の生活そのものがまわらなくなる可能性すらあるように思う。では、どんな場合、「予防原則を適用!」ということになるのだろう。前から気になっていたことでもあって、この点を尋ねた。

プラスチック汚染問題に詳しい高田秀重さん。

「実験的に有害性が確認されて、環境中にその物質があって、確実に残留している場合。さらに、何も手を打たなければそのレベルが上がってくると予測される場合に予防原則を適用することになります。マイクロプラスチックは、ひとたび細かくなって海に出てしまうともうすくって取り除くことすらできませんし、海の表面では数十年ぐらい、海底に沈んだものも含めて考えると、それこそ100年、数百年残り続けるかもしれない。ですので、出す前に止めるようにしなければということで、予防的な動きが始まっているんです。この点について、行政的な対応としてはもう国際的なコンセンサスになっています」

 前にも述べた通り、高田さんは2017年6月の国連海洋会議の分科会で基調講演を行った。その背景にあるのが、まさにこういう文脈なのだ。

「持続可能な開発目標の中の14番目の目標『持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する』を促進するために開かれるのが、国連海洋会議です。ニューヨークの国連本部で行われています。今では、マイクロプラスチック、海洋プラスチック汚染が海洋の持続的利用を阻害する大きな要因だと認識されていて、マイクロプラスチック対策を実行すべきであると呼びかけています。対策としては3R、リデュース、リユース、リサイクルが重要だと強調されていて、僕が基調講演で強調したのは、特にリデュース、削減が大事だということでした」

コメント11件コメント/レビュー

多くの人々は、出来心でポイ捨てしたプラゴミがここまで深刻な問題になっているとは想像できていない。社会の仕組み云々もそうだが、先ずは小学校でプラスチックについてしっかり学ばせることが重要と思う。(2018/07/19 17:09)

オススメ情報

「研究室に行ってみた」のバックナンバー

一覧

「「日本でもレジ袋の規制に踏み出すべき時」」の著者

川端 裕人

川端 裕人(かわばた・ひろと)

文筆家

1964年、兵庫県明石市生まれの千葉育ち。日本テレビの記者を経て作家に。『夏のロケット』が第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞、「SFマガジン」で「青い海の宇宙港」を連載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

多くの人々は、出来心でポイ捨てしたプラゴミがここまで深刻な問題になっているとは想像できていない。社会の仕組み云々もそうだが、先ずは小学校でプラスチックについてしっかり学ばせることが重要と思う。(2018/07/19 17:09)

ゴミは少ないに越した事はありませんが、便利なものを無くすのは
簡単なことではないでしょう。
法規制などでやれないことは無いでしょうが
学問を生業にしている人の意見としては単純すぎないか?
時代の流れに沿っていない進歩の無い意見だ。
誰も損をしないような意見を求めているわけでもないし、現在も
ゴミ出しにレジ袋よりはるかにデカイ分別用の袋を有料で買わされている。
まぁ人間が減ればゴミも減りますが。(2018/07/18 19:06)

プラスチックによる海洋汚染はもう随分昔から問題になっています。そのために1990年代から生分解性プラスチックが脚光を浴びてきましたが、なぜか今はぱっとしません。
バイオマスから製造したバイオマスプラスチックと生分解性プラスチックは概念が異なります。バイオマスから作っても生分解するプラスチック(ポリ乳酸、ポリヒドロキシ酪酸など)と生分解しないプラスチック(バイオポリエチレン、ポリアミド11など)がありますし、石油から作っても生分解するプラスチック(ポリカプロラクトン、ポルブチレンサクシネートなど)もあります。詳しくは「日本バイオプラスチック協会」(http://www.jbpaweb.net/)を参照。
一般的に生分解性プラスチックは石油由来プラスチックに比較して価格が高く、性能がやや劣るといわれていますが、レジ袋や使い捨て容器も製造されていました。2005年の愛知万博でポリ乳酸の実証試験も行われました。マイクロプラスチックの問題を解決するにはやはり生分解性プラスチックの活用しかないように思えます。技術はできているので、あとはコストダウンと社会への普及策です。そして国民の使用マナーです。(2018/07/18 12:21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本という国は、もっと資本主義的になってほしいのです。

ゴー・ハップジン 日本ペイントホールディングス会長