キャノーラ油の起源と、もしかしたらすごい貢献度

ケンブリッジ大学 栄養疫学 今村文昭(2)

「健康によい食事」や「体に悪い食べ物」など、健康情報のなかでも人気の「食」の話。だがそれだけに、極端だったり矛盾したりする話も多く、何を信用していいのか分かりにくいのも確かだ。そこで、食と健康にまつわる根拠(エビデンス)を提供する栄養疫学の専門家として、世界的に活躍する今村文昭さんの研究室に行ってみた!

(文・写真=川端裕人)

 ケンブリッジ大学MRC疫学ユニットの今村文昭さんは、所属の名前の通り疫学者だ。栄養疫学というサブジャンルで博士号を取得し、キャリアを積み上げてきた。

 まずは栄養疫学とはどんな分野なのだろう。

「その名の通り、栄養学と疫学との学際領域です。食事ですとか、それに関連する生活習慣や環境が健康とどう関係しているのか研究します。そして、臨床や予防政策に生かせる知見を生むのが大きな目標です。糖尿病の予防よりも前から、心臓の病気やがんの予防をターゲットにしてきたこともあって、メジャーな疫学領域の一つだとは思いますね」

英国ケンブリッジ大学医学部MRC疫学ユニット、上級研究員の今村文昭さん。

 よく「がんの予防にこんな食べ物」というような健康情報が流れることがあるが、ああいったものは基本的には栄養疫学に基づいている。基づいていない場合は、かなり怪しい情報ということになる。

 ちなみに、教科書に書かれているような栄養疫学の歴史の中で、その力を示す典型的な研究成果を一つ挙げるとすればどんなものだろうと聞いてみた。

 今村さんは少し考えてから、「暗いところで視力が極端に落ちる夜盲症や子どもの感染症をビタミンAの投与で防ぐことができるという研究ですかね」と答えた。

「1980年代に、ジョンズ・ホプキンス大学の公衆衛生大学院が行ったもので、本当に疫学的に話を組み立てて、ターゲットを絞って研究を行った優れた事例です。ビタミンAが必須栄養素として重要という話はもちろん第二次大戦前くらいからあったわけですが、ビタミンAが不足している人に投与して失明や感染などを予防できることを厳格な介入試験できちっと示しました。歴史を辿れば、英国海軍のビタミンCと壊血病、日本の高木兼寛によるビタミンB1と脚気(かっけ)の予防の話なども似たところがあるかもしれません。一方でこちらは、貧しい国々での疫学研究を経て、動物実験でも知見を積んで、仮説を組み立てて、その上できっちりと介入試験をしました。しかもアメリカの公衆衛生学の第一人者が、1980年代、自分が小さい頃にアジアでこうした研究を行っていたということもあって、強い印象が残っています」

バックナンバー

著者プロフィール

川端 裕人

川端 裕人

文筆家

1964年、兵庫県明石市生まれの千葉育ち。日本テレビの記者を経て作家に。『夏のロケット』が第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞、「SFマガジン」で「青い海の宇宙港」を連載中。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

94%

まあ参考になった
 

0%

参考にならなかった
 

5%

ぜひ読むべき
 

88%

読んだほうがよい
 

5%

どちらでもよい
 

5%

いただいたコメントコメント3件

エルカ酸の危険度を告発するならともかく、中には、「アメリカやカナダが遺伝子組み換え菜種油を広めるために、伝統的な菜種油が駆逐したのだ」と主張しているサイトまでありますね。

自分も含めて、消費者は「質の良い」情報を見極めて自衛する努力をしなければならないようです。(2018/11/13 16:58)

「質が酷く考慮に値するものではない」情報に丁寧に反論しないから、そういう情報がはびこるんですよね…。
まぁ、研究者の責任分野ではないようにも思うので、消費者庁とか厚生労働省とかに頑張ってもらうしかないんでしょうけど。

各種ワクチンへの反対運動なんて最たるものですね。騙される方が悪いと言ってられない。(2018/11/12 13:21)

冒頭5行くらいで結論をまとめておいてくれると助かります。
結論を読んでからだと難しい話も読みやすいです。(2018/11/10 09:17)

コメント(3件)を読む/書く