• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

トランプ流は外交の教科書に失敗事例として載る

「この会談はやらないほうがよかった」

2018年6月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 元外交官で外交交渉に精通している宮家邦彦氏(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)は、米朝首脳会談における米国の交渉術を「稚拙」と評価する。例えば「切り札を最初に切る」「決定権のない者と交渉する」という具合だ。今後は、戦争ではないものの平和でもない“新常態”に北東アジアは突入すると展望する。

(聞き手 森 永輔)

一見したところ会談を主導したトランプ米大統領(右)。果たして交渉上手はいずれだったのか(写真:AFP/アフロ)

今回の米朝首脳会談で最も注目したのはどんな点でしょう。

宮家:一つは、交渉の進め方。「ディール・メーカー」「交渉の達人」を自賛するドナルド・トランプ米大統領の外交交渉が自滅したことです。それも北朝鮮のような小国にすら通用しなかった。セオリーを軽視し、無手勝流を通したつけが回ったのです。将来、外交の教科書に失敗事例として載るのではないでしょうか。

宮家邦彦(みやけ・くにひこ)キヤノングローバル戦略研究所研究主幹。1978年外務省入省後、外相秘書官、中東第一課長、日米安保条約課長、在中国/イラク大使館公使、中東アフリカ局参事官等を経て、2005年に退職。その後、2006~7年、安倍晋三内閣で総理公邸連絡調整官。現在、外交政策研究所代表、立命館大学客員教授も務める。近著に『語られざる中国の結末』(撮影:陶山 勉 以下、同)

セオリーに則っていないとは、どんな行動を指しますか。

宮家:例えば、切り札を最初に切ってしまいました。首脳会談は本来、最後に切るカードです。実務者が協議して内容を詰めた末にやる。まして今回のケースでは、北朝鮮側が切望している会談ですから。

 さらに、首脳による1対1の協議を冒頭に持ってきました。安倍晋三首相のように何度も会っている相手なら、それでもかまいません。しかし、金正恩(キム・ジョンウン)委員長とは初対面です。まずはみんなで会って、どのような人物かを見極めるべきです。

 二つ目は共同声明の内容について。北朝鮮は非核化について、従来からの主張を守り通し、一切譲ることがありませんでした。「これはすごい。まして米国相手に」と思いました。まあ、攻める米国があまりに稚拙だったので、救われた部分もありましたが。

 三つ目は、北朝鮮が自らを普通の国に変えようとしているようにも見えることです。例えば、以前より情報を公開するようになりました。これが本当なら金委員長は冷戦を終了に導いたソ連のゴルバチョフのような存在になるかもしれません(関連記事「金正恩がゴルバチョフになる可能性を読む」)。この点は、たまたま道下さんと同意見です。しかし、それゆえ北朝鮮の政治体制がかえって危なくなる可能性があります。

 米国は、米朝首脳会談がもたらすこうした効果を計算に入れているのかもしれません。ただし、入れていないかもしれない。

コメント27件コメント/レビュー

戦争にはできないと判断する以上は、こうならざるえないのかと。交渉は結果が出たのではなく、始まったばかりで、今回の米朝首脳会談も可逆的な合意をしたに過ぎず交渉は続く。そうしている間に、制裁が緩み、北朝鮮の核ミサイルの完成に近づいたりするのでしょうが、交渉が意味をもつ限界時点は、CIAが必死に探っているものと信じたい。(2018/06/18 17:27)

オススメ情報

「混迷する朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「トランプ流は外交の教科書に失敗事例として載る」の著者

森 永輔

森 永輔(もり・えいすけ)

日経ビジネス副編集長

早稲田大学を卒業し、日経BP社に入社。コンピュータ雑誌で記者を務める。2008年から米国に留学し安全保障を学ぶ。国際政策の修士。帰国後、日経ビジネス副編集長。外交と安全保障の分野をカバー。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

戦争にはできないと判断する以上は、こうならざるえないのかと。交渉は結果が出たのではなく、始まったばかりで、今回の米朝首脳会談も可逆的な合意をしたに過ぎず交渉は続く。そうしている間に、制裁が緩み、北朝鮮の核ミサイルの完成に近づいたりするのでしょうが、交渉が意味をもつ限界時点は、CIAが必死に探っているものと信じたい。(2018/06/18 17:27)

実戦としての戦争を知らない人にとっては、対話のきっかけとなる大きな意味を持つ裏の意図を理解していない。戦力を保持していない日本が、何を言っても無力で、約束すら守られないのは当然で、最終的に戦争という手段を持つ国家はある意味で独立している。
トランプの言動には、約束を守らなければ、即時戦争突入という強い意志が読み取れた。当事者国の北朝鮮も日本と違って戦争になる事を感じ取っている対応が伺えるが、多くのマスコミは、戦争にはならないという日本的な発想から抜け出せていない。戦争によって失った犠牲は、戦争によって奪い返すしかないという根本的な自然律を理解していない国家は、衰退するしかないと思われる。(2018/06/18 09:57)

劇場型外交の時代に、移行したんでしょうね。国際世論の操作に成功したモノの決定が、最終決定になります。活字や条約文の内容ではなく。世界の世論が国境を越えて、先に動いてしまう。後で各国政府が巻き戻せないところまで。もはや米国民を、開戦寸前の危機意識にまで、引き戻すことは出来ませんよ。経済制裁は続けるとしても。在韓米軍の駐留継続も、非常に困難になった。(2018/06/17 23:28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

目に見えない部分、 普段は気付かれない部分に 象印の強さがある。

市川 典男 象印マホービン社長