• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「7年連騰」のカギを握る「生産性向上」

安倍内閣の本気度を測るバロメーター

2018年1月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

安倍晋三首相にとっても2018年は勝負の年になる(写真:日刊現代/アフロ)

可処分所得の増加がカギに

 2018年も株高は続くのか。2017年の日経平均株価は、6年連続で前年末の水準を上回る「陽線」となった。前年をギリギリで上回った2016年とは違い、2017年の終値は2万2764円94銭と、1年前に比べて3650円57銭も上昇した。2018年の経済情勢の好調さを先取りする形で株価が大きく上昇したとみていいだろう。

 安倍晋三首相が掲げる「経済好循環」をいよいよ実感できる年になりそうだ。企業業績の好調が賃上げによって家計を潤し、それが消費へと結びついてさらに企業業績を押し上げる。ポイントは、これまで実感が無かったビジネスマン層などが賃金の上昇を感じるほど、実際に使えるお金が増えるかどうか。つまり、可処分所得の増加がカギを握る。

 企業業績の好調さや、安倍首相の財界への呼びかけもあって、2018年の春闘は5年連続でのベースアップが確実な情勢だ。首相は、定期昇給と合わせた「3%の賃上げ」を求めており、これが実現するかどうかが最大の焦点になる。大幅な賃上げが「流れ」になれば、経済好循環の歯車が回り始める。この循環を続けるには、職場の「生産性向上」が欠かせない。

 デフレ経済が続いてきた中で、「生産性」というと、いかに1人当たりの賃金を抑えるか、経費を削減して利益を確保するか、という点に関心が向いてきた。結局、売り値を下げる以上にコストを抑えることに躍起になり、そのしわ寄せはほとんど従業員の「給与」や「働き方」に及んでいた。給与が増えない中で消費にもお金が回らず、経済規模が縮小していく、いわゆるデフレ・スパイラルが生活を圧迫することになっていた。

 だが、デフレから脱却しつつある中での「生産性向上」は全く意味が違う。賃金上昇を前提に、それを吸収できるだけの売り上げを追求して利益を確保していく。労働時間を短くしても、むしろ生み出す付加価値は増える、という本当の意味での「生産性」向上が不可欠になる。そのためには、生産性が低い儲からない仕事を止め、より収益性の高い仕事へと従業員をシフトしていく、本当の意味での「経営」が必要だ。

 そうした経営改革に取り組めるかどうかが企業が生き残れるかどうかの決め手になる。というのも2018年は人手不足が一段と深刻になるからだ。放っておいても人件費の相場は上昇していく。さらに安倍内閣は「長時間労働の是正」を掲げ、残業の上限を定める労働基準法の改正を行う方針だ。

コメント10件コメント/レビュー

割増率を増やしても、今現時点でサービス残業をしている人にとっては無意味っぽく。。。
先日、戦後日本では雇用を守る為に企業を守ったが、北欧のスウェーデン?フィンランド?では企業を守らず労働者を守る事で雇用を守った事を取り上げたコラムがあり、とても強く印象に残っています。(2018/01/08 18:00)

オススメ情報

「磯山友幸の「政策ウラ読み」」のバックナンバー

一覧

「「7年連騰」のカギを握る「生産性向上」」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

割増率を増やしても、今現時点でサービス残業をしている人にとっては無意味っぽく。。。
先日、戦後日本では雇用を守る為に企業を守ったが、北欧のスウェーデン?フィンランド?では企業を守らず労働者を守る事で雇用を守った事を取り上げたコラムがあり、とても強く印象に残っています。(2018/01/08 18:00)

>日本の場合、割増率は「25%以上」で、1カ月で60時間を超える時間外労働については「50%以上」とすることが労働基準法で定められている。2010年の法改正で施行されたものだが、影響が大きいとして、中小企業については適用が猶予されている。

中小企業を含めて時間外労働の割増率を50%に出来たら全体の賃上げ効果がありますね(2018/01/08 16:06)

連投失礼します。

代案を出せるわけでもないのに、文句だけは達者なタイプ嫌いなのですが、
先ほど、代案を書き忘れました。
失礼しました。

今、この国が生産性向上のために取り組まなければならない課題は、
既得権の是正と考えます。

たとえば、尊厳死を認めること。
これには、医療利権と、親の年金にパラサイトして暮らしているフリーライダーが猛反発すると思いますが、
増長する利権団体と、増加するフリーライダーを養う余裕など、今の日本には、もうないはずです。

アイディアは他にもいろいろありますが、すべてに共通するのは、利権団体と既得権層の抵抗が確実だということです。
安倍さんも最初は既得権にドリルを、なんて言っていましたが、ちっとも歯が立たないようです。

だからといって、歯が立たないままでは、アベノミクスと日本の崩壊は時間の問題ですので。(2018/01/07 14:26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長