• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

海外投資家を日本株に呼び戻す「3つの改革」

ガバナンス改革、働き方改革、資本市場改革

2017年1月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「トランプ相場」受け、日本株にも海外投資家の買いが入った

 日本の株式相場の行方を大きく左右する海外投資家は、今年どんな動きをするのだろうか。米大統領選挙でのドナルド・トランプ氏の当選をきっかけに、日米の株式市場は大幅に上昇、日本株にも海外投資家の買いが入った。10-12月だけで2兆5000億円を買い越したが、果たして今後もこの流れは続くのだろうか。続くとすれば、そのための条件は何か。政府や企業がどんな取り組みを加速すれば、日本株に海外投資家を呼び戻すことができるのか。

 2016年の年間を通すと海外投資家は大幅な「売り越し」に終わった。東京証券取引所が発表した年間の投資部門別売買状況によると、3兆6887億円の「売り越し」で、2509億円の「売り越し」だった2015年に続いて2年連続の「売り越し」となった。

 海外投資家は日本株を2009年から2014年まで6年連続で買い越していた。特にアベノミクスが大きな話題になった2013年には15兆円余りも買い越した。売買状況だけをみれば、アベノミクスへの期待はひとまず一服という状態になっている。

トランプ氏の当選以来、海外投資家の買いが入ったこともあり、株式市場はおおむね上昇トレンドが続いた。今後もこの勢いを維持するために必要な条件とは何か。(写真:PIXTA)

株主の高齢化が微妙に影を落とす

 基調として海外投資家の日本を見る目は今も厳しいが、日本の先行きに対する見方が厳しいのは海外投資家だけではない。個人投資家は2012年以降5年連続の売り越しとなった。その額、3兆1623億円あまり。この5年で22兆円も売り越している。日経平均株価は安倍首相就任時の1万円から、昨年末には1万9114円まで上昇したが、その戻り局面で個人投資家はせっせと株を売り続けてきたわけだ。長年塩漬けになっていた株式をヤレヤレで手放したものもあったろう。また、株価が上昇したことで、保有株の一部を売却して、消費に回すケースもあったに違いない。いずれにしても高齢化が微妙に影を落としている。

コメント1件コメント/レビュー

コーポレートガバナンスとスチュワードシップコード。英語で耳に響きは良いが、それらの精神はどこにあるのでしょうか?取締役は株主総会で一人一人が個別に承認されるが、外部株主はそれぞれの取締役の年度目標も年度業績も会社側から知らされない。これで如何に株主は各取締役を個別に承認できるのでしょうか?企業側と株主(特に大株主)との馴れ合いでしょう。一人一人の取締役の業務責任と業績目標と業績と報酬を開示しないと、ガバナンスもスチュワードシップも言語明瞭意味不明のアリバイ作りに等しい。このような開示が出来るようになれば、外国人投資家ばかりではなくより多くの日本国民が株式投資に前向きなるだろう。そして、上場企業の社員持ち株会参加率も上昇するでしょう。外国人に如何に魅力的に見せる方法論ではなく、真の優良企業を目指す為に責任の所在を明らかにするという精神が大事なのではないですか?裏読みするより、正面から物事の本質を捉える為の記事を書いてください。(2017/01/23 08:00)

オススメ情報

「磯山友幸の「政策ウラ読み」」のバックナンバー

一覧

「海外投資家を日本株に呼び戻す「3つの改革」」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コーポレートガバナンスとスチュワードシップコード。英語で耳に響きは良いが、それらの精神はどこにあるのでしょうか?取締役は株主総会で一人一人が個別に承認されるが、外部株主はそれぞれの取締役の年度目標も年度業績も会社側から知らされない。これで如何に株主は各取締役を個別に承認できるのでしょうか?企業側と株主(特に大株主)との馴れ合いでしょう。一人一人の取締役の業務責任と業績目標と業績と報酬を開示しないと、ガバナンスもスチュワードシップも言語明瞭意味不明のアリバイ作りに等しい。このような開示が出来るようになれば、外国人投資家ばかりではなくより多くの日本国民が株式投資に前向きなるだろう。そして、上場企業の社員持ち株会参加率も上昇するでしょう。外国人に如何に魅力的に見せる方法論ではなく、真の優良企業を目指す為に責任の所在を明らかにするという精神が大事なのではないですか?裏読みするより、正面から物事の本質を捉える為の記事を書いてください。(2017/01/23 08:00)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トレンドの移り変わりが早い日本での経験は、海外にも応用できる。

桝村 聡 高砂香料工業社長