• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本経済を支える「対中政策」の変化

「安倍外交」の総仕上げへ

2018年2月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2017年、ベトナムで会談した日中首脳(写真:新華社/アフロ)

 安倍晋三内閣の対中政策に変化の兆しが見えている。第2次安倍内閣が発足した2012年末以降、中国とはやや距離を保ってきたが、ここへ来て中国が主導する「一帯一路」構想への協力姿勢を示すなど、融和姿勢を打ち出し始めた。今後、日中関係は再び蜜月に向かうのだろうか。

 「あそこまで中国に融和的な姿勢を見せるとは予想外だった」と日中関係を見続けてきた外務省OBは語る。昨年末から安倍首相はしきりに現代版シルクロード構想である「一帯一路」に対して「大いに協力できる」といった発言を繰り返していたが、それが国会での施政方針演説に明確に盛り込まれたのだ。

 1月22日の施政方針演説ではこう述べた。

 「この大きな方向性の下で、中国とも協力して、増大するアジアのインフラ需要に応えていきます。日本と中国は、地域の平和と繁栄に大きな責任を持つ、切っても切れない関係にあります。大局的な観点から、安定的に友好関係を発展させることで、国際社会の期待に応えてまいります」

 そのうえで首脳の相互訪問などを具体的に提示した。

 「早期に日中韓サミットを開催し、李克強首相を日本にお迎えします。そして、私が適切な時期に訪中し、習近平国家主席にもできるだけ早期に日本を訪問していただく。ハイレベルな往来を深めることで、日中関係を新たな段階へと押し上げてまいります」

 2018年は日中平和友好条約締結40周年に当たる節目の年だということもある。だが一方で、安倍内閣が進めてきた外交戦略が最終段階に入ったことを示していると言える。

 どういうことか。

 中国との友好関係の発展の前提となる「大きな方向性」がほぼ完成してきたということだ。

コメント3件コメント/レビュー

中共による一党独裁体制が維持される限り、中共が地域及び世界覇権を諦める事はない。
従って対日融和は一時的な引きに過ぎない。そこを踏まえた上で、乗っかるなら考えよ、
ということでしょう。
もう一度、繰り返すけど、中共はアジアの盟主は自分だと思っている。
日本を自分達の序列へ組み込むまでは決して諦めない。心しておくことだ。(2018/02/16 15:17)

オススメ情報

「磯山友幸の「政策ウラ読み」」のバックナンバー

一覧

「日本経済を支える「対中政策」の変化」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

中共による一党独裁体制が維持される限り、中共が地域及び世界覇権を諦める事はない。
従って対日融和は一時的な引きに過ぎない。そこを踏まえた上で、乗っかるなら考えよ、
ということでしょう。
もう一度、繰り返すけど、中共はアジアの盟主は自分だと思っている。
日本を自分達の序列へ組み込むまでは決して諦めない。心しておくことだ。(2018/02/16 15:17)

ちょっと見通しが甘すぎるような。最後の「中国が、開かれた太平洋・インド洋という大きな方向性を受け入れ」というくだりは、それこそ夢物語と思う。(2018/02/16 10:02)

 最後に「中国が「大きな方向性」に理解を示し、「自由で開かれたインド太平洋」という概念を受け入れ、さらに「自由、民主主義、人権、法の支配といった基本的価値を共有する国」へと変わっていくならば、間違いなく日中関係は改善し、アジアの経済はさらに成長を加速させるに違いない。」と書いているのを読んで、アカン!この人肝心なことがゼンゼン分かってないわ、と思ったが、そう思わない人はどのぐらいいるのだろうか?それが心配だ。(2018/02/16 02:45)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官