• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

公務員の「劣化」が蝕む民主主義の根幹

再発防止に向け「公務員制度改革」が急務だ

2018年3月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

森友文書改ざん問題で国会審議が空転している(写真:つのだよしお/アフロ)

森友学園問題は「組織ぐるみの不正」

 森友学園への国有地売却問題は、財務省の指示による決裁文書の書き換えが明らかになるという驚愕の展開となった。多くの現役官僚や官僚OBは公文書改ざんについて、異口同音に「考えられない」「あり得ない話」と語る。まさに「一線を越えた不正」である。

 財務省は佐川宣寿理財局長(当時)個人の不正に矮小化しようとしているように見える。だが、改ざん実行までには複数の幹部が関与しているのは明らかで、局長の指示を受けたからといって疑問を挟まずに不正の実行を部下に命令するのは明らかに「組織ぐるみの不正」だ。歴史的に大きな権力を持ち続けてきた財務省、そして財務官僚の目を覆わんばかりの「劣化」である。

 もちろん、背景に政治家の指示があったとか、政治家への「忖度」があったという「理由」があるのかもしれない。だが、それとこれとは別問題。政治家に言われれば、官僚はどんな不正でも行うのか。そんなことはあり得ない。

 組織的な公文書の改ざんは、民主主義の根幹を揺るがす。都合が悪くなったら過去の文書を書き換え、国会で嘘の答弁をする。そんなことを許すわけにはいかない。では、どうやって再発を防ぐか。

 不正を働けば官僚個人も官僚機構も大きな損害を被るのだ、という事を全霞が関に理解させる必要がある。徹底的に問題を追及し、関与した幹部官僚は免職、天下りも許さない。財務省には解体的な出直しを求める。そして何より必要なのが「公務員制度改革」に再び本腰を入れて取り組むことだろう。

 「安倍内閣は役人に優しい内閣ですから」。この問題が発覚する直前、民主党政権で大臣を務めた野党の幹部がこう笑っていた。

 民主党は「脱官僚依存」を公約の1つに掲げ、官僚主導から政治主導へと大きく舵を切ろうとした。ところがやり方が稚拙で、政務三役(大臣、副大臣、大臣政務官)の会議から官僚を「排除」するなど、「脱依存」の意味を履き違えた。結果、霞が関も猛烈に反発、官僚機構が「非協力」を決め込んだ。民主党政権の瓦解は、霞が関の消極的反乱が一因だったと見ることもできる。

コメント15件コメント/レビュー

世の中、公務員を悪く言いすぎだ。

この記事もそうだ。
今まで無かったような不正が発生したことは重大だが、公務員全体が劣化している訳ではない。

不正から離れてしまうが、天下りは、よく出来たシステムだ。
公務員は、優秀な人を安い給料で雇っている。それは、将来、天下りや年金で楽を出来るからだ。良い所に下るには、業績を上げねばならない。だから一所懸命働くインセンティブがある。天下りだけがインセンティブという訳でもなかろうが、それさえ奪ってしまっては、やる気をなくしてしまう。

20年くらい前、ある中央官庁から我が社(公共的であるが官庁ではない組織)に転職のお誘いがあった。結果的に予算が出なかったそうでその話は消えたが、声をかけられた数人の中で、手を上げたのは私一人だった。それだけ魅力が無かったということだ。私とて、行けば給料は下がる。「今の仕事よりも人々の役に立てる」と思って手を上げたのだ。当時独身だったが、結婚していたら手を上げられなかっただろう。

もっと公務員の待遇を改善しなければ、本当に劣化しそうだ。(2018/03/23 10:13)

オススメ情報

「磯山友幸の「政策ウラ読み」」のバックナンバー

一覧

「公務員の「劣化」が蝕む民主主義の根幹」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

世の中、公務員を悪く言いすぎだ。

この記事もそうだ。
今まで無かったような不正が発生したことは重大だが、公務員全体が劣化している訳ではない。

不正から離れてしまうが、天下りは、よく出来たシステムだ。
公務員は、優秀な人を安い給料で雇っている。それは、将来、天下りや年金で楽を出来るからだ。良い所に下るには、業績を上げねばならない。だから一所懸命働くインセンティブがある。天下りだけがインセンティブという訳でもなかろうが、それさえ奪ってしまっては、やる気をなくしてしまう。

20年くらい前、ある中央官庁から我が社(公共的であるが官庁ではない組織)に転職のお誘いがあった。結果的に予算が出なかったそうでその話は消えたが、声をかけられた数人の中で、手を上げたのは私一人だった。それだけ魅力が無かったということだ。私とて、行けば給料は下がる。「今の仕事よりも人々の役に立てる」と思って手を上げたのだ。当時独身だったが、結婚していたら手を上げられなかっただろう。

もっと公務員の待遇を改善しなければ、本当に劣化しそうだ。(2018/03/23 10:13)

昔は良かったwww
公務員は信用できないから政治行政警察消防自衛隊もなにもかもすべて経済行為として民営化し優秀な経営マインドを持つ企業に任せるべきだと思いますwww
公務員がしでかすから不祥事になるんであって、民間企業がしでかすのなら不祥事とはならず企業が交代するだけですむwww(2018/03/23 10:06)

公務員(またはこれに準じる組織人)を評価(あるいは批判)した記事において、なぜかレビューでは「どちらでもよい、参考にならなかった」が多数を占めるようになる傾向が強い。
磯山友幸氏の持論は、これらの関係者にとって、一見、手酷いように思えるが、この程度ならまだまだ軽すぎる。
いずれにしても公務員制度と併せて国会議員のあり方を問うような制度改革まで進めるべきだろう。こういうときこそ諸外国の優れた事例も参考にしていかなくてはならない。
この意味においても憲法改正は喫緊の課題であることは間違いない。(2018/03/23 09:56)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

右肩上がりの経済が終わった社会では 「継続性」が問われます。

宮本 洋一 清水建設会長