• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「ニセコ」が国際リゾートに変貌した真相

立役者のロス・フィンドレー氏に観光戦略を直撃

2018年6月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 北海道倶知安町。2018年の公示地価で、住宅地、商業地ともに上昇率全国トップに躍り出た。理由は外国人にスキーリゾートとして「ニセコ」が人気を博していること。外国人自身が別荘などとして不動産を取得しているほか、リゾートとしての発展を見込んだ投資も増えている。いわゆるインバウンド(訪日外国人)に沸いている町だ。2018年1月時点の町の人口は1万6492人だが、うち1648人が外国人。何と1割が外国人という日本の地方としては有数の“国際化”が進んだ地域でもある。そんな倶知安町に30年近くにわたって住み、ニセコの魅力を発信してきたNAC(ニセコアドベンチャーセンター)のロス・フィンドレー社長に話を聞いた。

(聞き手は磯山友幸)

世界中のスキーヤーに高い人気

ロス・フィンドレー氏
1964年オーストラリア・メルボルン生まれ。キャンベラ大学卒業。米国やスイスでスキーのインストラクターを経験。1989年来日、札幌でスキー学校のインストラクターなどを務める。1992年倶知安町に移住。建設会社で働きながら、スキーのインストラクターを続ける。1994年ニセコアドベンチャーセンター(NAC)設立。社長に就任して今に至る。冬のスキーによる観光しかなかったニセコ地域に、ラフティングなど夏の体験観光を付加、広く国内外から観光客を集めることに成功した立役者。日本人の妻との間に4人の子どもがいる。

日本は政府をあげて訪日外国人の受け入れ増加を目指しています。2017年は2869万人が訪れました。ニセコ地域はオーストラリアや欧米からの観光客が多く、観光地として成功していますね。

ロス・フィンドレー氏(以下、フィンドレー):「ニセコ」ブランドが世界で通用するようになってきました。スキーヤーの間では、スイスのサンモリッツやカナダのウィスラーに引けをとらない知名度になっています。2000年頃にオーストラリアの旅行会社がニセコのスキーを商品にして200人くらい来ました。それをきっかけに、雪質が最高だということで、評判が評判を呼びました。ここは、シーズン中ずっとパウダースノーで、アイスバーンになりません。ただ、リゾート地としての整備はまだまだです。

何が問題なのでしょうか。

フィンドレー:通年雇用が多くないので、なかなか優秀な人材が腰を落ち着けて住んでくれません。通年雇用を生む観光業やビジネスを広げなければいけません。私の会社NACでは夏にラフティングを始め、今では夏の間にラフティング目当てのお客さんが3万人近く来るようになりました。

 冬のスキー、夏のラフティングと目玉ができましたが、それでも5、6、10、11の4カ月はお客さんがほとんど来ません。ホテルも営業を休み、海外の人もいなくなります。別荘などもガラガラです。稼働率が極端に落ちる中で従業員を雇い続けることが難しいわけです。

コメント1件コメント/レビュー

日本人は世界で一番英会話スクールにお金をかけ、英会話スクールの広告費もマスコミの大きな収入源なのに、日本人の英会話力はフィリピンの小学生にも劣るかも。
日常会話とかけ離れた小難しい英文を辞書を引きながら日本語に訳したりするのは得意なんだけど。
日本人に欠けてるのは、英語を音で聞いて理解する能力と、発言したい日本語を瞬時に英語に訳す能力だと思う。
NHKの英語講座も、英文を暗記させるようなテキストばっかりのような気がするけど、まず日本語を提示し、それを英作文する能力を向上させるような内容にするべきでは?
そういうのを公共放送でやられると、英会話スクールから反発が来るのかもしれないけどね。(2018/06/08 09:07)

オススメ情報

「磯山友幸の「政策ウラ読み」」のバックナンバー

一覧

「「ニセコ」が国際リゾートに変貌した真相」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本人は世界で一番英会話スクールにお金をかけ、英会話スクールの広告費もマスコミの大きな収入源なのに、日本人の英会話力はフィリピンの小学生にも劣るかも。
日常会話とかけ離れた小難しい英文を辞書を引きながら日本語に訳したりするのは得意なんだけど。
日本人に欠けてるのは、英語を音で聞いて理解する能力と、発言したい日本語を瞬時に英語に訳す能力だと思う。
NHKの英語講座も、英文を暗記させるようなテキストばっかりのような気がするけど、まず日本語を提示し、それを英作文する能力を向上させるような内容にするべきでは?
そういうのを公共放送でやられると、英会話スクールから反発が来るのかもしれないけどね。(2018/06/08 09:07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本には、まだ中国が決して勝てないものがある。それは、優れた「中間層」の人材だ。

丹羽 宇一郎 伊藤忠商事元会長