• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ふるさと納税の見直しは「愚策」

総務省にとっては「目の上のたんこぶ」に

2018年9月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

高額の返礼品を用意する自治体を規制する動きが加速する(写真:PIXTA)

野田聖子総務相が制度見直しを表明

 野田聖子総務相が9月11日の記者会見で表明した「ふるさと納税」の制度見直し方針が、大きな波紋を呼んでいる。

 「ふるさと納税制度は存続の危機にあります。このまま一部の地方団体による突出した対応が続けば、ふるさと納税に対するイメージが傷ついて、制度そのものが否定されるという不幸な結果を招くことになりかねません」

 野田総務相はこう述べて、制度見直しの必要性を強調した。

 野田氏が言う「突出した対応」というのは、一部の自治体が高額の返礼品を用意することで、巨額のふるさと納税(寄付金)を集めていること。昨年度に寄付受け入れ額トップに躍り出た大阪府泉佐野市は特設のふるさと納税サイトを設け、約1000種類もの返礼品を取りそろえ、135億円もの寄付を集めた。前年度に比べて100億円も増加した。

 あたかも通信販売サイトのような泉佐野の返礼品サイトが人気を集めたのは、「泉州タオル」などの地場製品に限らず、近江牛や新潟産のコメ、北海道のいくら、ウナギなど全国の逸品を取りそろえたこと。食品だけでなく、ホテルの食事券や航空券が買えるポイント、日用雑貨など様々だ。

 これまでも地元特産の牛肉や海産物、果物などを返礼品としていた自治体が寄付額上位に名を連ねていたが、泉佐野は「地元産」という枠を一気に取り払ったことで、返礼品を求める人たちの寄付を集めたのだ。

 総務省は2017年4月と2018年4月に総務大臣名の通達を出し、寄付金に対する返礼品の調達額の割合を3割以下に抑えることや、地場産品でない返礼品を扱わないよう自治体に「通知」してきた。ところが、要請に応じないどころか、泉佐野のように「開き直る」ところまで出てきたことで、いよいよ規制に乗り出すことにした、というわけだ。

 野田氏は会見で「これまでと同様に見直し要請を行うだけでは自発的な見直しが期待できない状況」だとして、「過度な返礼品を送付し、制度の趣旨を歪めているような団体については、ふるさと納税の対象外にすることもできるよう、制度の見直しを検討する」としたのだ。

 これに対して、地方自治体からは反発する声が上がっている。自治体が疑問視するのは、「調達額3割」の妥当性や、「地場産品」の定義である。

コメント34件コメント/レビュー

ふるさと納税は基本的には税金の使われ方に賛同して行うもので、その使われ方が寄付した人へ物品等の提供であることにもっとも賛同が多い。当然支払うべき税金が物品返礼によって減税されるのと同じだから。つまり納税者は減税を望んでいる、ならば当地に住居する納税者にも同じ対応をすべき。当地の物産等であれば地場産業の活性化になるというが、結局は税金で保護しているだけで、本当に自立出来る産業に育つか疑問。これは補助金まみれの農業等の現状を見れば明らかでは
このようなくだらない税金の無駄遣いは即刻やめるべきと思います(2018/09/26 14:06)

オススメ情報

「磯山友幸の「政策ウラ読み」」のバックナンバー

一覧

「ふるさと納税の見直しは「愚策」」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ふるさと納税は基本的には税金の使われ方に賛同して行うもので、その使われ方が寄付した人へ物品等の提供であることにもっとも賛同が多い。当然支払うべき税金が物品返礼によって減税されるのと同じだから。つまり納税者は減税を望んでいる、ならば当地に住居する納税者にも同じ対応をすべき。当地の物産等であれば地場産業の活性化になるというが、結局は税金で保護しているだけで、本当に自立出来る産業に育つか疑問。これは補助金まみれの農業等の現状を見れば明らかでは
このようなくだらない税金の無駄遣いは即刻やめるべきと思います(2018/09/26 14:06)

制度はよいと思うが、やる方もザル
返礼品が佐賀牛だったのに、寄付が多くて返礼品がなくなり
鹿児島牛を返礼品にするとかもってのほかでは?
数量など限定すればいいだけだと思う。
返礼品に不正があるときは行政指導するべきだと私は感じた。
納税額より高額返礼品してたら、どうせ破綻することになるのはわかるだろうしね(2018/09/24 13:20)

ふるさと納税制度には、基本的な欠陥があります。
・現在住んでる自治体には、住民税はほとんど入らない。
・結果、住んでいる自治体のサービスはほとんど無料で受けている。
・ともすれば、返礼品に目が行って、通販サイトのようになっている。

横浜の例でみれば、昨年130億円の税収が、ふるさと納税で消えてしまった。
130億円あれば、ざっと言って100か所の保育園ができるのだそうだ。

提案
・現住所の地方自治体に、最低でも50%の地方税収入は残す。
・ふるさと納税には、返礼品はつけない。あくまで、善意の寄付とする。(2018/09/22 10:48)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

縦割りでスキルを磨くだけでは足りなくなるはずです。

永田 高士 デロイトトーマツグループCEO(最高経営責任者)