• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「監査制度を否定して何を信用しろと言うのか」

佐藤隆文・元金融庁長官に監査の専門家が猛反発

2017年12月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 不正会計によって東京証券取引所から「特設注意市場銘柄」に指定されてきた東芝。その審査を行ってきた日本取引所自主規制法人は、内部管理体制が改善されたと判断。10月12日付けで指定が解除された。東芝をチェックしてきたPwCあらた監査法人は内部統制について「不適正」としたにもかかわらず、自主規制法人は上場廃止から東芝を救ったことになる。

 資本市場関係者やメディアからは疑問の声も上がったが、これに対して、理事長の佐藤隆文・元金融庁長官が、月刊誌に手記を公表。監査制度や監査法人を痛烈に批判している。監査が専門である青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科の八田進二教授に聞いた。

(聞き手はジャーナリスト 磯山友幸)

会計監査の第一人者である青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科の八田進二教授

今の資本市場では監査意見が「絶対」

日本取引所自主規制法人の佐藤隆文理事長が月刊『文藝春秋』2017年12月号に手記を寄せ、監査や監査法人のあり方について苦言を呈しています。

八田進二教授(以下、八田):かつて金融庁長官を務めて現在も自主規制法人のトップにある人が公式の会議などではなく、民間の一雑誌でこうした重要な発言をしている事は驚きです。

 半世紀にわたる日本の監査制度に対して明確にノーを突き付けているのではないでしょうか。現在行われているディスクロージャー(企業の情報開示)制度や監査制度について、かなり認識が異なっているのに驚きました。

手記では、「監査法人の意見を無条件で絶対視するのは資本市場のあり方として危険なことだ」とまで言っています。

八田:では、投資家や株主は何を信用すればいいのか、是非お聞きしてみたいですね。今の資本市場の仕組みでは、制度上、監査意見は絶対という事になっているのです。野球の審判が絶対なのと同じです。それを否定したら、誰が決算書の信用を担保するのでしょうか。取引所や自主規制法人がすべてチェックするのか。それは人的にも能力的にも難しいのではないでしょうか。

 自主規制法人のトップは本来、「市場の番人」として、監査制度をどう確固としたものにするのかを考える立場のはずです。現行の監査制度を否定するような発言は、私的な思いを吐露したものだとしても、問題ですね。

コメント4件コメント/レビュー

本来、監査は株主が経営者が変なことをやっていないかチェックする仕組みだと思うのだが、株の持ち合い等で株主の力がなく、経営者が主導権を握っているので、どうしても経営者側に傾く。東芝のように利益の水増しなど、数年間の元帳(膨大だとは思うが)を見ればわかるだろう。古典的な方法だから。それとIFRSになってから、かえって悪くなった。のれん代はそれまでは毎年、償却していたのに、償却事由が発生するまでは償却しなくていいので、何かあると突然、多額の償却が発生する。なにか、IFRSは粉飾決算をやりやすくするための手法に思えて仕方がない。(2017/12/02 07:47)

オススメ情報

「磯山友幸の「政策ウラ読み」」のバックナンバー

一覧

「「監査制度を否定して何を信用しろと言うのか」」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

本来、監査は株主が経営者が変なことをやっていないかチェックする仕組みだと思うのだが、株の持ち合い等で株主の力がなく、経営者が主導権を握っているので、どうしても経営者側に傾く。東芝のように利益の水増しなど、数年間の元帳(膨大だとは思うが)を見ればわかるだろう。古典的な方法だから。それとIFRSになってから、かえって悪くなった。のれん代はそれまでは毎年、償却していたのに、償却事由が発生するまでは償却しなくていいので、何かあると突然、多額の償却が発生する。なにか、IFRSは粉飾決算をやりやすくするための手法に思えて仕方がない。(2017/12/02 07:47)

興味深い記事でした。思うにこの問題の本質は、監査制度ではありません。東芝の監査ができない状態であること、適正意見が出ていない事実、これらを前提に、資本市場は東芝にPBRで1以上の価格をつけたままです。つまり誰も東芝が潰れると考えていない。それはなぜなのだろう?と考えないと、この問題の本質には迫れない。私見ですが、これは財務諸表の意味するところの問題ではないでしょうか?今の会計ルールだと、東芝の企業価値が財務諸表に全て反映されていないからだ、と考えてみたらどうでしょうか?東芝の価値の本質は、財務諸表に現れない、「商圏」「技術力」「日本政府は絶対潰さない、という日本ならではの価値」などなどが、資本市場で評価されているのではないでしょうか。だから、財務諸表がどうであれ、極論すれば「関係ない」のではないですか。そうならば、会計の住人の方々は、上記のような「見えない価値」を財務諸表に表すなり、別途開示するなり、企業価値をもっと包括的にとらえることを、あらためて真剣に考えるべきなのではないでしょうか?(2017/12/01 12:21)

”お役人い任せる、させる”、イコール、「手抜き・見過ごしと不正(この業界では不適正という)の巣窟」と同義語です。(2017/12/01 12:11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長