• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「指南役が破綻」で覚醒した福島の植物工場

JA東西しらかわ、試行錯誤から見出した「自力」の意味

2017年1月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 植物工場をめぐっては、いまも様々な誤解がある。メディアの多くは、発光ダイオード(LED)のカラフルな光の下で育つ野菜にうっとりして、「これこそ農業の救世主」といったノリの記事を書く。一方、農業関係者の多くは「植物工場なんてうまくいかない」と冷ややかにみる。そのどちらも、正しくはない。

みらいと牛繁とJA東西しらかわ

 真実はどこにあるのか。それをさぐるため、昨年秋、この連載で2本の記事をアップした。1つは、画期的な技術としてメディアに盛んに取り上げられたベンチャー企業、みらい(東京・中央)の破綻の経緯を取り上げた記事だ(2016年9月30日「『夢の植物工場』はなぜ破綻したのか」)。同社はいま、通信・電設資材のマサル工業(東京・豊島)の傘下に入り、MIRAI(千葉県柏市)に社名を変えて再生の道を歩み始めている。

 もう1本は、焼き肉チェーンの牛繁ドリームシステム(東京・新宿)が植物工場から野菜を調達することになった背景を紹介した記事だ(2016年10月14日「ついに出た『植物工場があって助かった』の声」)。昨年8~9月の長雨や台風で他の外食チェーンが野菜の調達で苦しむなか、同社は植物工場と組むことで、焼き肉を巻くサンチュを安定して仕入れることに成功した。

 今回はその続編。取り上げるのは、農協として初めて本格的な植物工場を運営している東西しらかわ農業協同組合(JA東西しらかわ、福島県白河市)だ。この農協は、上記の2本の記事と関係がある。JA東西しらかわが植物工場をつくる際、指導を受けたのが旧みらいであり、旧みらいの破綻後、野菜の新たな売り先として登場したのが牛繁だからだ。

外見は倉庫のようにみえるJA東西しらかわの植物工場(福島県白河市)

 JA東西しらかわが植物工場の運営に乗り出した理由は、深刻かつ明快だ。2011年の東日本大震災で起きた原発事故の風評被害で、農産物の販売が大きな打撃を受けたからだ。放射線量が基準値を下回っているにもかかわらず、東京などに野菜の販促キャンペーンに行くと、市場関係者から「福島はひとつだから」「福島全体で問題がなくならないとダメ」と突き放された。

 そこで着目したのが、植物工場だ。人工光を使う完全密閉型の植物工場なら、風評がくすぶる田畑の土壌を使う必要がなく、外の環境と栽培室を遮断することができる。害虫や病気のリスクがほとんどなく、農薬をまく必要がないので、安全性を強くアピールできる。

コメント3件コメント/レビュー

「みらい」が破綻した理由が分かりませんが、やはり餅は餅屋、でしょうか。放射能・風評デマ対策として始まったとはいえ、無農薬栽培やその他付加価値をつけることもでき、特に天候に左右されないる植物工場は、地球規模での食料対策としても 今後とも必ず必要とされます。ぜひ災い転じて福島の未来を拓いて欲しいと願います! また牛繁は吉野家系列、吉野家さんともども福島を応援して下さる姿勢にはただ感謝するばかりですが、互いに利の在る関係、安く美味しく食べられる消費者含めてまさに「三方よし」素晴らしいことです!(2017/01/10 12:39)

オススメ情報

「ニッポン農業生き残りのヒント」のバックナンバー

一覧

「「指南役が破綻」で覚醒した福島の植物工場」の著者

吉田 忠則

吉田 忠則(よしだ・ただのり)

日本経済新聞社編集委員

1989年京大卒、同年日本経済新聞社入社。流通、農政、行政改革、保険会社、中国経済などの取材を経て2007年より現職。2003年に「生保予定利率下げ問題」の一連の報道で新聞協会賞受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「みらい」が破綻した理由が分かりませんが、やはり餅は餅屋、でしょうか。放射能・風評デマ対策として始まったとはいえ、無農薬栽培やその他付加価値をつけることもでき、特に天候に左右されないる植物工場は、地球規模での食料対策としても 今後とも必ず必要とされます。ぜひ災い転じて福島の未来を拓いて欲しいと願います! また牛繁は吉野家系列、吉野家さんともども福島を応援して下さる姿勢にはただ感謝するばかりですが、互いに利の在る関係、安く美味しく食べられる消費者含めてまさに「三方よし」素晴らしいことです!(2017/01/10 12:39)

工場野菜の栄養価は劣っているのではないか?(2017/01/06 09:47)

 結局、市場の要請にどれだけ柔軟に対応できるかだよね〜。現在は、ここまでしかできないので、がまんしてください、といういわば妥協でなんとかなっている段階だけどね。
 だから主軸が生産者から市場の消費者へと移っている。これってデパート・スーパーからコンビニへと主導権が移ってきたのと同じ。

 ところで植物工場は輸出できているんでしょうか。(2017/01/06 09:27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

旅行業だけを追いかけて大きな成長が 見込める時代ではなくなりました。

高橋 広行 JTB社長