• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

危うい幻想「日本のコメは世界一」

続「vs米国産」、おいしいのはどっち?

2017年2月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「日本のコメは世界一おいしい――。そう言われると、多くの人は自尊心をくすぐられるし、本当にそうだと思っている人も少なくないだろう」

 こんな書き出しで昨年、この連載で記事を書いた(2016年8月5日「検証!日本vs米国、うまいコメはどっち?」)。書き出しのトーンで予想できる通り、記事の内容は日本のコメが米国よりも一方的においしいとは言えないというものだった。

なぜ国産米だけで競うのか

 「豊葦原の瑞穂の国」の日本人のプライドをゆさぶる根拠になったのが、日本炊飯協会が実施した食味検査だ。検査で使ったのは米国を代表するコメのカルローズと、山形産のササニシキ、はえぬきの3種類。コメを炊き、酢飯にして味を比べたところ、総合評価で軍配が挙がったのはササニシキで、カルローズとはえぬきに有意差はなかった。

 この検査のポイントは、ご飯を酢飯にして比べた点にある。米国のすし店で働く日本人の職人のあいだで「カルローズは酢飯に合う」という評判が高まっているからだ。あえて相手の「土俵」に上がることで、日本のコメが本当に優位にあるのかどうかを確かめたわけだ。

 結果は、酢飯としての評価が高く、高級すし店で使われるササニシキはカルローズに負けなかった。だが、スーパーのすしや回転ずしで使われることの多いはえぬきは、カルローズと有意差はなかった。

 すると当然、つぎの疑問が浮かぶ。「酢飯ではなく、白米で食べ比べたら、どうなるのだろう」。日本穀物検定協会が毎年実施しているコメの食味検査に代表されるように、日本中の産地がコメの味を競い合っている。「今年は特Aがこれだけ増えた」といったことが、稲作の活況を示すかのように語られる。

 ところが不思議なことに、外国のコメと正面から比べることはほとんどない。海外からの輸入を心配するどころか、「稲作の活路は輸出にある」などの指摘が農業界にはある。にもかかわらず、品質で比べてみようとしない姿勢は奇妙なことと言わざるをえない。

コメント17件コメント/レビュー

コメにかぎらず日本人を幻想にいざなう動画の氾濫がひどいねぇ。少しでも規格から外れたら日本人にあらず的な流れが時代逆行的で空恐ろしい。
ひとりひとりが人としての高みを目指すのは良いけど血統の上にあぐらをかいて自戒も努力もなく他国の民度を語るなど片腹痛い。
コメも鮎も人情も自分のところは日本一、思うだけなら日本中が出来るさ。(2017/08/04 09:40)

オススメ情報

「ニッポン農業生き残りのヒント」のバックナンバー

一覧

「危うい幻想「日本のコメは世界一」」の著者

吉田 忠則

吉田 忠則(よしだ・ただのり)

日本経済新聞社編集委員

1989年京大卒、同年日本経済新聞社入社。流通、農政、行政改革、保険会社、中国経済などの取材を経て2007年より現職。2003年に「生保予定利率下げ問題」の一連の報道で新聞協会賞受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コメにかぎらず日本人を幻想にいざなう動画の氾濫がひどいねぇ。少しでも規格から外れたら日本人にあらず的な流れが時代逆行的で空恐ろしい。
ひとりひとりが人としての高みを目指すのは良いけど血統の上にあぐらをかいて自戒も努力もなく他国の民度を語るなど片腹痛い。
コメも鮎も人情も自分のところは日本一、思うだけなら日本中が出来るさ。(2017/08/04 09:40)

まだ、市場で自由競争させることが善という人が多いのですね。
安倍さんが進める移民政策を突き詰めれば、労働者の国際的自由競争を飛躍的に拡大させることで、賃金を低く抑えて、企業はコスト削減になるが、日本国民の所得は激減し、経済成長がさらに低下するでしょう。
コメの自由化がいいというなら、会社員に直接降りかかる「労働市場の国際自由化」も是とするのでしょうか?
それが大問題だから、EUやアメリカでの移民排斥派の政治家の躍進があるのですよ。
古いデータ(2000年代)ですが、コメの生産量(タイ米などが主)は4.1億トンで、貿易率は6.9%(80年代は3.9%)しかなかった。小麦の生産量は6.1億トンで、貿易率は18.6%(80年代は20.2%)で、全然違う。
日本人好みのコメになれば、もっと生産量は少なく、貿易量も少ない。
輸入で日本人好みのコメが、安定して安く買えるなどとは、期待できない。
おいしいコメが食べたければ、自国で作るしかないのですよ。
文系の人は、データも見ずに、マスコミや評論家の言うことをそのまま信用して、まるで自分の意見のように御開帳しているが、理系じゃそれは通用しないよ。(2017/02/10 17:52)

その昔、米不作で緊急的にタイ米を輸入した際、当社の食堂でもわずかの期間だけ、(従業員に告知したうえで)タイ米が使われたことがある。 その後国産米(それもあきたこまち)に戻し、ずっとそれを使っていた社員食堂なのだが、(国産米に戻してかなりたった後に)投書箱に「タイ米はいいかげんにやめろ!」という投書が入ったとか。  まあその程度の味覚の人もいるということで。    そういう人にとっては、安ければ万々歳ということになりますね。   収入が増えないこの時代、安い外国米を関税掛けずに輸入して安く提供することこそが、よい政治、なのかもしれませんね。(その後、日本の米作が衰退するリスクは別として)(2017/02/06 15:15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トレンドの移り変わりが早い日本での経験は、海外にも応用できる。

桝村 聡 高砂香料工業社長