「鎌を持つ祖父に追われた父」の夢を継ぐ

未来へつなぐ良き農のスピリッツ

 10年ほど前からの知り合いのAさんが再び農業を始めた。もともとハウスでイチゴを育てていたが、東日本大震災が起きた2011年にいったん生産から離れ、栽培指導など農業に関連する仕事をしていた。そして今年、ボロボロになっていたハウスを修繕し、トマトの栽培をスタートした。施設にはAI(人工知能)を使って栽培をコントロールするシステムを導入しており、収益性の高い経営を実現することを目指している。

Aさんは今年、再生させたハウスでトマトの栽培を始めた
栽培と収入を安定させるために取り入れた日照量のセンサー

 今回取り上げるのは、いまも一部の農家が背負わされているであろう「家」という重荷と、そこからの脱却のストーリーだ。廃虚になりかけていたハウスの再生が、家からの脱却を象徴する。

 Aさんは兼業農家の出身で、いま40代前半。地方の大学に進学していたが、卒業するときに父親から「家に入れ」と言われ、就農した。「息子は家を継ぐのが当然」という空気の中で育ったため、就職してサラリーマンになるという選択肢はなかったという。

 実家に戻ると、父親と一緒に野菜作りを始めた。子どものころから農作業を手伝わされていたので、基礎的なことは体に染みついていた。それでも、2人で畑に出ると、父親からはことあるごとに、「ここはこうしろ」「あそこはああしろ」といった指図を受けた。

 半年ほどたったとき、「おやじとは違うことをやろう」と決めた。「このまま小突き回されていたら、嫌になってしまう」と思ったからだ。選んだのはイチゴのハウス栽培。施設園芸のほうが収益性が高いと思ったからだ。

 新たな作物への挑戦だったため、父親とは別の「師匠」のもとで学ぶことが必要になった。そこで、他県の有名なイチゴ農家に「弟子入りさせてください」と頼み込み、1年間修行した。桐の箱に入れた30粒のイチゴが1万円の高値で売れるような、高い技術の持ち主だった。

バックナンバー

著者プロフィール

吉田 忠則

吉田 忠則

日本経済新聞社編集委員

1989年京大卒、同年日本経済新聞社入社。流通、農政、行政改革、保険会社、中国経済などの取材を経て2007年より現職。2003年に「生保予定利率下げ問題」の一連の報道で新聞協会賞受賞。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

58%

まあ参考になった
 

20%

参考にならなかった
 

20%

ぜひ読むべき
 

60%

読んだほうがよい
 

13%

どちらでもよい
 

26%

いただいたコメントコメント3件

農家という「家業」と、農業という「産業・経営」は、利害や価値観が一致するわけではない。それを前提にしなかったために、日本ではいくら農家を保護しても農業は衰退するばかりという結果になった。(2018/08/20 17:11)

兼業農家をしていますが、まさしく親がいつまでたっても主なんです
そのくせ体力も落ちてしんどいしんどい、あれやってもらわなしゃーない!
とか押し付けてくる。
押しつけられた仕事ほど面白くないものはない
自分で計画して作業して結果を見てまた作業するサイクルなら
苦にはならないのです。
やらされていると思うと非常につまらない。


祖父の家は継がせない?
上等!喜んで辞退いたしますというかな私なら(笑)(2018/08/20 09:55)

自分の文章理解力が弱いのか、何が言いたいのか2回読んでも理解できませんでした。小生は、親父母の慣れぬ農作業を見ていて(親父は農地解放から土地を守るため長男である故、兄弟の中で一人だけ大学へ行かず今でいう農業高校へ進んだ)、サラリーマンを選んだ人間です。子供の頃は、まさに高度成長期で子供心ながらに、農業では家族を養うのが難しいことを本能的に学んでしまいました。従って、農業に対するある種のトラウマがあることを差しい引いても、この種の記事に構えてしまう自分がいます。今朝も早朝から軽く畑の草取りや庭の草むしりをして、昼前にシャーワーを浴びたところです。サラリーマンとして少ないながらも安定した収入があり、休みの日には農作業に汗を流すのが自分の性に合っています。稼げる農業は、体力+知力と資金力のハイブリッドですね。おじさんとなった自分には向きません。(2018/08/17 12:20)

コメント(3件)を読む/書く