• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

庭先に登場、退職金で「ガチンコ植物工場」

オランダ式は町中でもできる

2017年10月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回のテーマは都市農業の未来。この連載で以前、農家を対象にロゴやパンフレットのデザインを手がけている江藤梢さんを紹介した(2017年6月9日「農業のデザインが安っぽくていいはずない!」)。取り上げるのは、江藤さんがデザインを手がけた生産者の1人、松本渉さんだ。

57歳で就農。2000万円を投資

 松本さんは現在、61歳。31年間勤めた会社を57歳でやめ、2014年に就農した。農場の名前は「ファーム柳沢」。栽培している品目はトマトだ。

 西武新宿線の柳沢駅(西東京市)を出て住宅街を3分ほど歩くと、松本さんの自宅に着いた。玄関を開けて出てきた松本さんに「こちらです」と促され、家の裏側に向かった。このときは庭先の小さなビニールハウスを想像していたが、実際はまったく違った。がっつり真正面から農業をやっていた。

退職金で本格的なハウスを建てた松本渉さん(西東京市)

 鉄骨の柱に支えられた施設は、幅が12メートルで長さが35メートル。大型台風並みの風速50メートルの風にあおられても傾かない頑丈な造りだ。栽培方法は、地面から浮かせた栽培箱に養液を流す隔離ベッド方式。施設の中を走る6列の隔離ベッドで約1000本のトマトの木が育つ。

 省力化も追求している。温度や湿度、二酸化炭素(CO2)の濃度をセンサーで測り、室内の環境を制御する。遮光カーテンの上げ下げや天井の開閉、ヒートポンプを使った空調はすべて自動。二酸化炭素の濃度が下がれば、ガスを燃やして炭酸ガスを供給する。これも自動だ。

室内環境を制御するパネル。条件設定がノウハウ(西東京市)
ガスを燃やして二酸化炭素を供給する装置(西東京市)

 施設園芸で世界の先端を行くオランダの施設と比べると規模は小さいが、運営の仕組みはオランダの方法を取り入れた。松本さんは「勘と経験に頼る栽培は、新規就農者にはできません。科学技術を使わないとうまくいかないと思いました」と話す。

 投資額は約2000万円。退職金をはたいて本格的な施設を造った。「しっかり投資をしないと利益が出ないし、継続もできない」と思ったからだ。

コメント4件コメント/レビュー

このハウスだけでも2,000万円は安い。(2017/10/27 17:46)

オススメ情報

「ニッポン農業生き残りのヒント」のバックナンバー

一覧

「庭先に登場、退職金で「ガチンコ植物工場」」の著者

吉田 忠則

吉田 忠則(よしだ・ただのり)

日本経済新聞社編集委員

1989年京大卒、同年日本経済新聞社入社。流通、農政、行政改革、保険会社、中国経済などの取材を経て2007年より現職。2003年に「生保予定利率下げ問題」の一連の報道で新聞協会賞受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

このハウスだけでも2,000万円は安い。(2017/10/27 17:46)

是非とも規模を拡大して美味しいトマトを1円でも安く消費者に届けられるようにがんばってください!生産者のみなさんの努力で良い品をより安く味わえることに感謝してます!(2017/10/27 12:18)

私は横浜で家庭菜園をやっていますが、ここまで本格的にできるとはうらやましい限りです。
土を相手にするとどうしても病害虫や連作障害に頭を悩ませることになります。今年も夏の雨続きでトマトがやられ悔しい思いをしたところでした。
でも、それにかけるエネルギーが限定される素人では、収支を考えずに天の恵みに感謝することだけで十分と割り切るべきですね。(2017/10/27 11:53)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

僕は独裁だとは思っていないんですよ。 だって、業績を見てください。 赤字はないですよ。ずっと、よりよくしてきた。

鈴木 修 スズキ会長