• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

全農悪玉論で改革は進むのか

カギ握る「下からの変革」、ヒントはJA邑楽館林に

2016年12月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 自民党の農林部会長に小泉進次郎氏が就いたのが昨年10月。以来1年余り、農業改革をめぐる論議は、国際的にみて高いとされる農薬や肥料など農業資材の値段の引き下げ問題を中心に進められてきた。とくに焦点になったのが、資材の購買を手がける全国農業協同組合連合会(JA全農)の組織や事業の見直しだ。

 目的はできるだけ資材を農家に安く提供し、農産物をできるだけ高く売ることにある。一連の論議の背景には、全農が期待されている役割を十分に果たしていないとの問題意識がある。

全農と非全農系から見積もりを

JA邑楽館林は資材価格の引き下げに長年取り組んできた(群馬県館林市)

 そのことを考えるヒントにするために、今回は邑楽館林農業協同組合(JA邑楽館林、群馬県館林市)の取り組みを紹介したい。「農家の所得を少しでも増やすため、農産物を1円でも高く売り、資材を1円でも安く提供するよう努力してきた」。江森富夫組合長はそう話す。

 もし聞かれれば、農協の組合長はみんな同じように答えるかもしれない。「農家のために努力していない」と話す農協の幹部などいないだろう。だが、JA邑楽館林の取り組みには、胸を張ってそう言えるだけの裏づけがある。

 全農改革に関する報道では、あたかも全農が農業資材や農産物の流通を独占し、それを傘下の農協に押しつけているかのような記事が散見された。ところが、JA邑楽館林は「全農から強制されてなどいない」と反論する。

 実際、この農協は400種類を超す農薬の値段について、全農と非全農系の卸会社から毎年見積もりをとり、安いほうから買うという取り組みを長年続けている。少なくとも、JA邑楽館林に関する限り、全農が資材の購入を押しつけているという事実はない。

 見積もりの結果、約6割は全農から仕入れ、残りの4割は非全農系から購入している。6割は全農のほうが安いからだ。これも、一連の報道で伝えられてきたイメージとは違うのではないだろうか。JA邑楽館林からは「4割のほうばかりが誇張されて、全農の資材は高いと批判するのはおかしい」との声がもれる。

 あえて仮定すれば、双方から見積もりをとるJA邑楽館林のやり方に対応するため、全農が資材をできるだけ安く提供するよう努力している可能性はある。もしそうなら、ほかの農協も同じ方法をとればいいだけの話だ。

コメント5件コメント/レビュー

ま、、そういう頑張る農協、全農なにするものぞ、というところもあるでしょう。あれだけ農協があるんだから。
でも、大半は、日常生活に関することまで農協に持ってこさせようと縛り付けるのですよ。ローンにしたって、銀行のほうが金利安いのに、農協ローンを利用させる(ように脅す)とかね。
良いほうを取材したんだから、悪いほうも取材して記事にしてみてね。
それが公平、公正なジャーナリズムだよ。(2016/12/16 12:51)

オススメ情報

「ニッポン農業生き残りのヒント」のバックナンバー

一覧

「全農悪玉論で改革は進むのか」の著者

吉田 忠則

吉田 忠則(よしだ・ただのり)

日本経済新聞社編集委員

1989年京大卒、同年日本経済新聞社入社。流通、農政、行政改革、保険会社、中国経済などの取材を経て2007年より現職。2003年に「生保予定利率下げ問題」の一連の報道で新聞協会賞受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ま、、そういう頑張る農協、全農なにするものぞ、というところもあるでしょう。あれだけ農協があるんだから。
でも、大半は、日常生活に関することまで農協に持ってこさせようと縛り付けるのですよ。ローンにしたって、銀行のほうが金利安いのに、農協ローンを利用させる(ように脅す)とかね。
良いほうを取材したんだから、悪いほうも取材して記事にしてみてね。
それが公平、公正なジャーナリズムだよ。(2016/12/16 12:51)

小泉氏が言うことも、本記事も参考程度にしかならない。全体像が見えない(見せてくれない)から。全体像を明らかにした上で問題は何かを示し、問題に対する分析過程を明示した上で課題、施策を言っていただかないと。。。。判断ができません。
枝葉(かもしれない)問題を見せて、いきなり施策ではねえ。 日経にも小泉氏にも騙されまいぞ。(2016/12/16 12:14)

そもそも農業資材の「価格」だけの問題でしょうか。
今回、TPPにより批判を受け、それでは海外に農産物を輸出すればいいとのことで輸出したところ、そのすべてが返品されたそうです。理由は、残留基準を大きく超えていたから。
「国産は安全」という神話がありますが、他の諸外国から比べて農薬の残留基準はとてつもなく甘い。勿論、国内で販売するには問題ありません。残留基準がめったに引っかかることがないように設定してありますから。
しかし、EUはじめ残留基準が高そうなアジア地域においても、日本の基準と比べてはるかに低い。
日本にこれだけ有機無農薬の農産物が少ないのも、そもそも全農をはじめとした農薬を大量に使わせるシステムがあるからではないでしょうか。(2016/12/16 11:58)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官