• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

2018年「減反廃止」でも幻のコメ大増産

荒れた風景を未来に残さないために

2017年12月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

年末年始の特別企画として、日経ビジネスオンラインの人気連載陣や記者に、それぞれの専門分野について2018年を予測してもらいました。はたして2018年はどんな年になるのでしょうか?

(「2018年を読む」記事一覧はこちらから)

農政はコメに偏ってきた(東京・霞ケ関)

 日本の農業を半世紀近くにわたって束縛してきた制度が2018年についに廃止になる。本来なら、大改革として大騒ぎになりそうなところだが、実際は淡々と静かに仕組みの見直しが進むことになりそうだ。コメの生産調整(減反)のことだ。

 冒頭で「騒ぎにならない」と書くと、読者の関心が退いてしまうのが心配だが、話を先に進めよう。大きな変革は、まるで昨日と同じような表情を見せながらゆっくりと進行することもあるからだ。今回は日本の農業の構造問題を考えてみたい。

地域ごとの生産調整へ

 減反は1970年に本格的にスタートした。もともと旧食糧管理制度の赤字を解消するのが目的だったが、最近は米価の下落を防ぐ制度に変質している。国が都道府県にコメの生産上限を指示し、さらに市町村、農家へと上限を細分化する。このうち、「国から都道府県」への配分がなくなる。これがいわゆる減反廃止だ。

 騒ぎにならない理由の1つは、都道府県レベルで独自にコメの生産計画を作ることを認めているからだ。国は調整から撤退する。だが、個々の農家がばらばらに計画を作るような世界に突入するわけではない。

 では、都道府県レベルで自治体や農協やコメの集荷業者が集まってどんな計画を作るのか。答えは「様子見」。国が一律に減産を迫ってきたこれまでのやり方の延長で、計画を作る自治体がほとんどだろう。過去の流れと切り離して計画を作る自治体も一部にはあるが、それでも大増産にはならない。コメは消費が減り続けているからだ。

 それが結論なら、減反廃止ではないではないか。そう思う人もいそうだが、必ずしもそうではない。

 日本のコメ消費が減り続けている以上、国主導で生産調整をすれば、必然的に減産になった。これに対し、今後は需要の伸びが見込める品種や地域は増産の余地が生まれる。これが、今回の制度改訂の最も重要なポイントだ。国全体でコメの生産を減らす「減反」ではなく、地域ごとにコメの需要に合わせて生産調整するというのが当面の姿だろう。

コメント3件コメント/レビュー

減反政策も、補助金も全て廃止にして、農家の自序自立を促してはどうか?有名米は収穫量が少ないので高値取引されるが、その他の米は需要と供給の関係で価格が決まるはずだ。それでもやって行ける農家は続ければ良いし、ダメな農家は転作するか廃業しかない。これが資本主義のルールだ。いつまでも米農家に向けた救済政策は止めるべきだ。(2018/01/03 19:36)

オススメ情報

「ニッポン農業生き残りのヒント」のバックナンバー

一覧

「2018年「減反廃止」でも幻のコメ大増産」の著者

吉田 忠則

吉田 忠則(よしだ・ただのり)

日本経済新聞社編集委員

1989年京大卒、同年日本経済新聞社入社。流通、農政、行政改革、保険会社、中国経済などの取材を経て2007年より現職。2003年に「生保予定利率下げ問題」の一連の報道で新聞協会賞受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

減反政策も、補助金も全て廃止にして、農家の自序自立を促してはどうか?有名米は収穫量が少ないので高値取引されるが、その他の米は需要と供給の関係で価格が決まるはずだ。それでもやって行ける農家は続ければ良いし、ダメな農家は転作するか廃業しかない。これが資本主義のルールだ。いつまでも米農家に向けた救済政策は止めるべきだ。(2018/01/03 19:36)

今、高齢農業者の実態は、後継者不在の高齢者と元サラリーマンの年金生活者です。彼らは後、10年を待たず引退します。100ヘクタールを超える農業者は続出します。彼らが稲作を続ける条件は直播栽培によって反収は減りますが、大規模化と生産コストの削減による農業所得の向上しかないと思います。(2017/12/25 20:56)

地域が地域ごとに工夫して豊かになるのは理想の姿だ。そうした知恵を出し,工夫して豊かになり発展する可能性を示すことができれば,日本の農村風景が今まで以上にたおやかで心豊かなものになると期待する。政治が近視眼的守銭奴から長期のビジョンを忍耐強く継続していける政治家の舞台になることを期待してやまない。(2017/12/25 15:52)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

不満や不安を明確にすると、 解決案を見つけやすくなる。

ジェレミー・ハンター 米国クレアモント大学経営大学院准教授