• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

営業を「新卒」で採るな!

2018年1月30日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 企業にとって採用は重要事の一つです。それなりのお金と時間、そして労力をかけて採用活動をすべきです。

 なかなか採用できないからといって、採用基準を曖昧にしてはなりません。

 鳥山人事課長と球田コンサルタントの会話を読んでみてください。

○鳥山人事課長:「お呼びですか」

●球田コンサルタント:「あなたが人事課長の鳥山さんですね」

○鳥山人事課長:「営業のコンサルタントが私に何の用ですか」

●球田コンサルタント:「新入社員の選考中と聞きました」

○鳥山人事課長:「ええ」

●球田コンサルタント:「社長から営業の選考にも関わってほしいと言われています」

○鳥山人事課長:「は?」

●球田コンサルタント:「ということで営業の採用方針を私と一緒に決めましょう」

○鳥山人事課長:「な、何を言っているのですか」

●球田コンサルタント:「はっきり申し上げれば、私が考える営業の採用方針に従ってもらいたいのです」

○鳥山人事課長:「私の方針に従え? 初対面なのによくそんなことを言えますね」

コメント5件コメント/レビュー

賛否一つずつ。
▼(賛)採用は確かに、本来は片手間でできる仕事ではない。加えて採用系の仕事は、媒体出してフットワーク軽く人と会って全身全霊で口説いて・・・、と押し出し強くガツガツと攻められる人に向いた「ハンター系」の仕事で、どちらかといえば営業と親和性が高い。人事、特に管理系の仕事が好きな人が兼務するとロクなことがない(←経験談より)。
▼(否)中小企業は経験者採用に比重を置くべしという意見は個人的には同意。ただし特に中小企業では「新卒取って一人前、新卒採用は会社のステータス」と考える経営者も非常に多い。人を育てる体力のバロメーターだ、安くて平均年齢も下げられる、自社独自の価値観に染めることができて皆言うことを聞く・・・など理由は様々だが、いずれにせよ大方は経営者の「新卒採ってこい」のツルの一声ありき。そして、他の職種で新卒を採ることは一段と難しい(システムならまだしも・・・、事務・経理・企画となると、うーん・・・)ため、必然的に新卒採用=営業になりがち。球田氏がまず談判すべきは、しがない人事課長などではなく、鷲沢社長がよいと思う。(2018/02/06 18:38)

オススメ情報

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「営業を「新卒」で採るな!」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

賛否一つずつ。
▼(賛)採用は確かに、本来は片手間でできる仕事ではない。加えて採用系の仕事は、媒体出してフットワーク軽く人と会って全身全霊で口説いて・・・、と押し出し強くガツガツと攻められる人に向いた「ハンター系」の仕事で、どちらかといえば営業と親和性が高い。人事、特に管理系の仕事が好きな人が兼務するとロクなことがない(←経験談より)。
▼(否)中小企業は経験者採用に比重を置くべしという意見は個人的には同意。ただし特に中小企業では「新卒取って一人前、新卒採用は会社のステータス」と考える経営者も非常に多い。人を育てる体力のバロメーターだ、安くて平均年齢も下げられる、自社独自の価値観に染めることができて皆言うことを聞く・・・など理由は様々だが、いずれにせよ大方は経営者の「新卒採ってこい」のツルの一声ありき。そして、他の職種で新卒を採ることは一段と難しい(システムならまだしも・・・、事務・経理・企画となると、うーん・・・)ため、必然的に新卒採用=営業になりがち。球田氏がまず談判すべきは、しがない人事課長などではなく、鷲沢社長がよいと思う。(2018/02/06 18:38)

私は中小産機メーカーに勤めています。電子部品の購買担当をしており、中小の商社も存じ上げています。その経験から申し上げますと、そもそも中小で新卒を取っている所は、ほとんどありません。

最初から中途が9割がた占めています。

これは10年~20年前から変わっていません。いや、若干新卒が増える傾向にはありますが、それは人材難の波がきているからです。
ようするに、実情としては本コラムの逆の流れだと思われます。売り手市場ですから、経験者やよい人材は、今後ほとんど大手に流れるでしょう。

それと、先程申し上げました通り今までは経験者の中途採用が大半を占めていた為に、社内の高齢化が急速に進んでいる会社が非常に多いです。なので、新卒採用はやむを得ないところでもあるのです。(2018/02/01 09:55)

この記事は1ページにまとめた方がよかった気がします。(2018/01/30 16:27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官