• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

SWOT分析の結果「まず行動」って…君らアホか?

2017年3月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 強み・弱み・機会・脅威に分けて会社の内部環境と外部環境を検討する「SWOT分析」は戦略を考える上で有用なツールです。

 しかし、このような分析をしても、あまり意味のない組織があります。豪傑寺部長と鷲沢社長の会話文を読んでください。

○鷲沢社長:「先日の社内勉強会でSWOT分析のレクチャーがあっただろう。当社のSWOTについてどう考えた」

●豪傑寺部長:「はい。強みのSは品質です。弱みのWは差別化、機会のOは東京オリンピック。脅威のTは外資系企業の新たな参入。私はこう書きました」

○鷲沢社長:「なるほど。いい線をいっているじゃないか。で、営業部長の君としてはどうする」

●豪傑寺部長:「私ですか? 目の前の仕事を大事にして一歩一歩やり遂げよう、このように思っています」

○鷲沢社長:「そうだろうな、だいたいそんなもんだ」

●豪傑寺部長:「社長、何か仰りたいことがあるのでしょうか。私が目の前の仕事をきっちりこなそうとしていることに問題があるとでも?」

○鷲沢社長:「問題とは言っていない。ところで君自身のSWOTは何だ」

●豪傑寺部長:「私自身……ですか? うーん、即興で言いますけれど、強みのSは……あえて挙げれば経験でしょうか。弱みのWはクロージング力、機会のOは勉強会の講師に今年抜擢されたこと。自分の知識を生かしてキャリアアップできそうです。

 脅威のTは後輩の課長ですかね。成績を伸ばしているのが数人いますので、私の部長の座も安泰かどうかわからないってところでしょうか」

○鷲沢社長:「なるほど。君の機会は講師に抜擢されたことか」

●豪傑寺部長:「そうです。私にはチャンスだと思ってます。新たな経験が積めますから」

○鷲沢社長:「勉強会の講師をこれまでやったことがないのか」

●豪傑寺部長:「ええ。初めてです」

コメント11件コメント/レビュー

1.今日一日でやるべきことを6個考える
2.その6個に優先順位をつける
3.それをメモに書きポケットに入れる
4.順に仕事をこなす
5.その仕事をしているときは他のことをしない(一番大事な仕事をしているのだから)
6.これを毎日繰り返す

これだけで効率はかなり上がる魔法の手順
仕事だけでなくだいたいのことはこれで解決できる

現状バイアス外せ!と、まず行動!でコンサル出来るなら
俺はこの手順でコンサルしようかなぁ~(2017/03/30 11:12)

オススメ情報

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「SWOT分析の結果「まず行動」って…君らアホか?」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

1.今日一日でやるべきことを6個考える
2.その6個に優先順位をつける
3.それをメモに書きポケットに入れる
4.順に仕事をこなす
5.その仕事をしているときは他のことをしない(一番大事な仕事をしているのだから)
6.これを毎日繰り返す

これだけで効率はかなり上がる魔法の手順
仕事だけでなくだいたいのことはこれで解決できる

現状バイアス外せ!と、まず行動!でコンサル出来るなら
俺はこの手順でコンサルしようかなぁ~(2017/03/30 11:12)

>かなりお金をかけたリサーチや分析の結果が、最初から分かり切ってる内容
コメントを読んで思うのですが、これはこれで大切な事。
常識と思っている事が間違ってないか、変わってきていないかを見るのも大事。
勿論、
・これを確認する優先順位は妥当か?
・肯定追認調査でなく、否定否認に繋がる部分の検証もセット(論理・科学・統計的に正しい事)
というのも有ります。コメント主のは優先順位に対する疑問だと思いますが。
国会の問題でもそうですが、行動自身の正当性と優先順位の問題は別で大違いです。
これをワザとか取り違えて合理的に話合いが出来ない人との話し合いは時間の無駄です。
国民の教育を頑張るしかないですね。(2017/03/29 14:23)

卒研発表の時に、研究成果から得られた結論が普遍的な内容になっていると指摘されたのを思い出しました。
それから10何年も経ちましたが、社会に出てからもかなりお金をかけたリサーチや分析の結果が、最初から分かり切ってる内容になっているのを何度も見てきました。毎回アホかと思うわけですが、はっきりアホだと面と向かって言われないと気付かない人はかなりの割合で存在すると思います。(2017/03/29 11:05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トレンドの移り変わりが早い日本での経験は、海外にも応用できる。

桝村 聡 高砂香料工業社長