• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「そうは言ってもなかなか…」は危険な言い回し

2018年3月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「そうは言ってもなかなか」という言い回しを使う人が結構います。まず、そう断ってから、できない理由を言うのです。これはとても危険な言い回しで、認めてしまうと組織は崩壊します。

 営業部の豪傑寺部長と球田コンサルタントの会話を読んでみてください。

●球田コンサルタント:「私は大リーグで選手の育成やスカウティングをやってきました。勝つためにはどうすればいいか、勝つための執念にこだわってきました」

○豪傑寺部長:「勝つためには、やはり気持ちかね」

●球田コンサルタント:「実力が近い同士が闘ったら勝ち負けは執念で決まります」

○豪傑寺部長:「大リーグともなれば、ずば抜けた選手がいるだろう」

●球田コンサルタント:「それはそうです。ヤンキースのアロルディス・チャップマンはギネス記録になった169キロを超える剛速球を投げた。しかもチャップマンは左投げ。左投げの投手のボールは速く感じられる」

○豪傑寺部長:「体感速度は170キロをはるかに超える、というわけか。そんな球をどうやったら打てるのかな」

●球田コンサルタント:「かつてヤンキースで活躍したミッキー・マントルは195メートル先に飛んでいく、ギネス記録の大ホームランを打ちました」

○豪傑寺部長:「想像もつかない」

●球田コンサルタント:「営業で170キロ近くの球を投げる人はいますか。飛距離200メートルのホームランを打てる人はいますか」

○豪傑寺部長:「それぐらい飛び抜けた能力を備えた営業がいるか、ということか。いないな」

「みんな平均レベルなら執念で差が付く」

●球田コンサルタント:「ライバル他社には」

○豪傑寺部長:「やはりいない」

オススメ情報

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「「そうは言ってもなかなか…」は危険な言い回し」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官