• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「1万時間の法則」に反発する若者は正しいか?

2018年6月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「いったい何のナンバーワンになるのか」

○鷲沢社長:「極意の話をする前に君の夢を聞いておこう」

●金光リーダー:「はい。ナンバーワンになることです」

○鷲沢社長:「何の」

●金光リーダー:「え」

○鷲沢社長:「何のナンバーワンになるのかね。『ナンバーワンになることです』としか君は言わなかった。だからこう尋ねるのが普通だろう」

●金光リーダー:「えっと……」

○鷲沢社長:「考えていなかったのか」

●金光リーダー:「日本のナンバーワンになります」

○鷲沢社長:「おいおい、何を言っている」

●金光リーダー:「分かりました、世界のナンバーワンを目指せ、と言いたいのですね」

○鷲沢社長:「違う。もう少し具体的な言葉を足して言いたまえ。例えば『我が社を日本一のベンチャーにします』とか」

●金光リーダー:「ああ、そういうことですか」

○鷲沢社長:「他にどういうことがある」

●金光リーダー:「じゃあ、日本一のベンチャー企業にします」

○鷲沢社長:「……あまり考えていないだろう」

●金光リーダー:「いえ、考えています」

○鷲沢社長:「本当か」

●金光リーダー:「本当です」

○鷲沢社長:「もういい。君は24歳だったな。大学を出てすぐここに入ったのかね」

●金光リーダー:「いえ、中学校の教師をしてからこの世界に入りました」

○鷲沢社長:「初耳だ。教師はすぐ辞めたのか」

●金光リーダー:「1年だけやりましたが、もっとビッグになりたいと思ったので」

○鷲沢社長:「君の性格がだんだんわかってきたよ。さて極意についてだ」

コメント16件コメント/レビュー

その通り、1つのことに1万時間も費やしたら普通の人は他のことは何もできなくなる。子供の時からやっている人は天才型で特別に時間が蓄積しているから例に挙げてもしょうがない。

で、凡人が1万時間も費やしたらどうなるかわかりますか?犠牲者が出るんですよ。本人だけでなく、例えば子供とかね。ニュースでよく見るでしょう?

こういう大げさで読者をしっかり想定していない記事は悪い影響しかない。で、あなたの世代の多くの人が1万時間できたとしましょうか。あなたの世代は若い世代にどんな社会を残しましたか?あなたの世代は、才能ある人を伸ばせる社会にしましたか?反対ですよね。出る杭は打つ社会を維持させ、自らの社会保障費すら自分で払わず若い世代に払わせる世代、ではないですか?(2018/06/13 20:16)

オススメ情報

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「「1万時間の法則」に反発する若者は正しいか?」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

その通り、1つのことに1万時間も費やしたら普通の人は他のことは何もできなくなる。子供の時からやっている人は天才型で特別に時間が蓄積しているから例に挙げてもしょうがない。

で、凡人が1万時間も費やしたらどうなるかわかりますか?犠牲者が出るんですよ。本人だけでなく、例えば子供とかね。ニュースでよく見るでしょう?

こういう大げさで読者をしっかり想定していない記事は悪い影響しかない。で、あなたの世代の多くの人が1万時間できたとしましょうか。あなたの世代は若い世代にどんな社会を残しましたか?あなたの世代は、才能ある人を伸ばせる社会にしましたか?反対ですよね。出る杭は打つ社会を維持させ、自らの社会保障費すら自分で払わず若い世代に払わせる世代、ではないですか?(2018/06/13 20:16)

そもそも1万時間の法則は経験則なので、正しいも何もありません。
過去の経験則が将来に渡って正しい保証はないので、
論理的にはむしろ若者のほうが正しく、頭ごなしに過去の事例だけを引っ張る年配者が誤りです。

法則自体の正しさを問うのが見当違いであって、
どうやって(経験則で目安となる)1万時間を達成するのか、を考えた記事が読みたい。

若者に1万時間の法則が反発されるのは、
今まで気合や根性で1万時間の法則を達成させようとする年配者が原因ですからね。(2018/06/13 09:07)

大学の専門教育をフルにやり込んだ人や、高校卒業した甲子園球児とかってだいたい1万時間行ってますよね。 中学~高校~大学までの英語の授業も足すと8千時間くらいはありそうなもんだけど居眠りしてちゃだめだな。(2018/06/12 21:24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

僕は独裁だとは思っていないんですよ。 だって、業績を見てください。 赤字はないですよ。ずっと、よりよくしてきた。

鈴木 修 スズキ会長