• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

教育とマネジメントの違いを知らない人たち

2018年7月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 組織のマネジャーは部下をしっかり教育し、育てなければなりません。部門の目標を達成するために部下をマネジメントすることも求められます。

 ところが、教育とマネジメントを混同している経営者やマネジャーが世の中に多くいます。

 教育とマネジメントの違いがお分かりでしょうか。蝶野会長と鷲沢社長の会話を読んでみてください。

●蝶野会長:「本格的な夏になってきました。私はほとんどオフィスにこもっていますが、社長や営業のみんなは日中、スーツにネクタイを締めて外回り。さぞかし大変でしょう」

○鷲沢社長:「営業の連中はよく我慢してネクタイをするようになりました。創業者の会長がネクタイをするようになったから、やむを得なかったのかもしれませんが」

●蝶野会長:「社長だってネクタイを外しませんよね」

○鷲沢社長:「私はメガバンクにいた時から、いったん仕事に出たら一度たりともネクタイをとったことがありません」

●蝶野会長:「どんなに暑くても、ですか」

○鷲沢社長:「もう習慣ですね」

●蝶野会長:「私もそうなりたいような、なりたくないような……」

○鷲沢社長:「会長の場合、オフィスでアプリの開発をしているときは外していていいでしょう。お客様のところへ行くときだけネクタイをしたらどうですか」

●蝶野会長:「一度とったら、もうつけられないですよ。私がとったら部下もとりたくなるかもしれないし」

○鷲沢社長:「この会社に来てすぐにスーツとネクタイ着用を命じ、1カ月経ちました。会長から見てどうですか」

●蝶野会長:「多くのお客様やパートナー企業から指摘されます。『御社、変わりましたね』って」

○鷲沢社長:「創業3年たらず、スマホアプリを開発するフィンテック・ベンチャー、ところが社員全員がスーツとネクタイをきっちり身に付けている。これで強い印象を外の人に与えることができます」

●蝶野会長:「我々のメインの取引先は大手の金融機関ですから、確かに今までのようにTシャツとチノパンというわけにはいきません」

○鷲沢社長:「しかも決裁権を持つのは私のような50代後半の人物です。そういった人間とうまく調子を合わせていかないとやっていけません。ただし、目に見えるところを変えるのは簡単ですが、営業の意識を変えるのはこれからでしょう」

●蝶野会長:「意識ですか……」

○鷲沢社長:「どうかしましたか」

コメント3件コメント/レビュー

今時は銀行の人もクールビズですから、そこだけ引っかかりました(枝葉末節で申し訳ないですが)。(2018/07/12 14:46)

オススメ情報

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「教育とマネジメントの違いを知らない人たち」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今時は銀行の人もクールビズですから、そこだけ引っかかりました(枝葉末節で申し訳ないですが)。(2018/07/12 14:46)

平社員を管理職に上げるときにそういう教育もせずに管理職にするから,教育と管理の違いが判らない。経営者がその差を判らずに人事異動を決めるから、組織全体でその差が判らなくて当然。判っていてやらない、判らずにやらない。どちらが悪いのでしょうか・・・(2018/07/12 14:17)

現時点の「とても参考になった」が今回は44%であり、前回の36%と合わせて、ここ2回の記事は、この著者の連載の中では非常に高評価です。

その理由は、ただただ「登場人物の会話が関係ない方向に飛ばない」「登場人物が強権的な態度を取らない」という点にあります。

要するに、今まで問題があったのは、主に文章や会話の構成力、ということです。

せっかくですから、この連載記事のレビューについて「とても参考になったを何%以上」などの目標を立てて、「絶対達成」してみてはいかがでしょうか?

今後より一層の成長を期待します。(2018/07/11 15:17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長